リレー小説投稿サイト/他人の物語の続きが自由に書ける!

もしも今日世界が滅亡するとしたら第4話 全5話で完結

もしも今日世界が滅亡するとしたらの第4話

作者 空亡海 得点 : 0 投稿日時:


 あれから何年経ったのだろうか――――加奈を救うために杖を使い、隕石を止めた。でも俺はこの虚無空間という場所に閉じ込められてしまった。
 加奈、加奈、加奈、もう誰だかは分からない。でもなぜだかその名前を思うと、胸が温かくなって、救われる。実際、ここまで心が壊れなかったのも加奈のおかげだ。

 加奈って誰なんだろう。その思いはずっと心の中にある。
 ふと、好きってなんだろうな、と思った。人は何故か、異性を好きになる。

 まず、好きってなんだ? 好きっているのは……一緒にいた気持ち、触れた気持ち、独占した気持ち――――言葉では表せられない気持ち。

 人は遺伝子の中にこんな人を好きになるって全部決められているらしい―――だから俺が誕生した瞬間から、この加奈っていう子が隙になるって決まっていたのか――――ロマンチックだ。ずっとむかしから決まっていただなんて―――

 加奈、加奈、加奈、加奈、加奈、誰だっけ。か―――な? あれなんだっけ。だんだんと寒くなってきた。加奈、加奈、加奈―――なんだか眠い――――加奈、加奈―――ああ、もう駄目だ。
加奈―――

 そして、心は空となった。なにもない空。加奈という女を思い続け、それでも出会えず、顔も声も、仕草も忘れてしまった男。
 天空から銀髪の男がそれをみていた。地球を救うには仕方がなかった……けど、こんなの悲しすぎる。銀髪の男はふと、何かに気がつく。

 それは空の心に集まる光―――

「まさか!?」

 宇宙という生命体からの願い――――この男を救おうとする奇跡。

 ドクン――――

 そして、動き出した。
この物語の目次へ

他の小説の第1話

わちゃわちゃお泊まり会

作者 ミナト川 総得点 : 0

投稿日時:

 とても気持ちのいい晴れた朝。
 一匹のウサギが、机つくえに向かってハガキをせっせと書いています。
 しかし、次の瞬間しゅんかん、書く手が止まりました。

 「う〜ん…… これでいいのかなぁ……」

 難(むずか)... 続きを読む >>

文字数 : 882 投稿数 : 1 全話数 : 10話完結

暖冬傾向の春休み

作者 たはらさん 総得点 : 0

投稿日時:

「また?休み?」掃除機に身を委ねていた猫がむくりと起き上がる。
「毎年冬休みの次は春休みじゃないか」この流れだと俺、猫と話しているみたいだな。
母さんなんだけど。猫って掃除機に吸われるの好きだよね。悦楽している。
「だって毎日ご... 続きを読む >>

目次へ

文字数 : 339 投稿数 : 3 全話数 : 3話完結

さいきょーあんどろいどしすたーず

作者 三文山而 総得点 : 1

投稿日時:

1. 姉の発想パラノイア

 わたしはきゅうきょくにしてさいきょうのじんこうせいめいたいとしてせいぞうされたすーぱーあんどろいど21ごうです。さいきょうのそんざいとしてつくられたわたしはさいきょうでなければならないので、わたし... 続きを読む >>

目次へ

文字数 : 809 投稿数 : 2 全話数 : 4話完結

トップページへ

▼小説の検索

▼作者の検索

もしも今日世界が滅亡するとしたらの『最終話』を投稿をする!
小説本文は300文字以上で投稿できます。お気軽にどうぞ!(上限は5000文字)
設定は2000文字以内
コメントは2000文字以内
続編通知設定(必要なければ外してください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

ページの先頭へ

リレー小説投稿サイト「いっしょに作る!」の使い方・利用規約(必ずお読みください)。お問い合わせ

関連コンテンツ