リレー小説投稿サイト/他人の物語の続きが自由に書ける!

終末少年ジャンプ

作者 玉子 得点 : 4 投稿日時:


「ねえ君、この漫画の終わりってどうなると思うんだい?」

 俺が部室で漫画をパラ見してる時、先輩は突然そんな話題を振ってきた。
 面倒ながらも見やると、彼女が持っていたのは週刊誌。前に俺が買ってきて、適当に放り投げていたやつだ。それの大体真ん中ぐらいの漫画、その最後のページを開いて見せてくる。
 そこまで確認してから、俺は視線を手元のコミックに戻し、
「知りませんよ、そんなの……」
「そうかい? いつも読んでいたものだから、てっきり毎回楽しみに予想していたものだと」
「単なる暇つぶしですよ」
 そう簡単に返すけど、まだ喋りたりないらしい。そんな気配を感じる。
 仕方が無いので、栞代わりに指を差し込み、閉じてから改めて見やった。
「……大体、それは読み飛ばしてますから」
「むっ?」
 指摘してやると、『理解不能』という顔をしてくれる先輩。
 ただ、そうなんだから納得するしかない。ラブコメは肌に合わないというか、好かん。
「勿体無いじゃないか、せっかく買ったのに。本からは、色々と知る事が出来るんだぞ。漫画でももちろん、小説なら尚更だ。さあ、君も小説を読むと良い」
「読みませんよ、事あるごとに振ってきても」
 億劫な敬語でぞんざいに返事すると、先輩は小難しそうに眉をしかめ、
「不良め」
 と、一言。
 ――そこで俺と先輩、二人の間の会話が途切れた。
 二人きりの部室の中、静寂が流れる。
「……おお、ほう」
 時節漏れ聞こえる唸り声。どうやら俺が普段見てるヤツにありつけたらしい。ずっと長期間連載しているから、飽きずに暇を潰せる漫画だ。
 そんな先輩の様子に、俺はコミックを閉じ、一つ溜息をつく。
「……ただ、もう見れないんですがね、その最終回」
 ――ピクリ、と。
 先輩のページを捲る指が止まった。
「そうだな……」
 そして週刊誌を閉じた後、その視線は既に手元から離れている。
 ……静かに動く先輩は、窓の外を眺めていた。

「『知る』というのは、時に無情だ」

 そうやって感傷に浸る姿を、俺も黙って見守ることにした。
 ――今週の土曜を最期に、人類は絶滅するらしい。
 いちいち行くのも億劫だった学校や、付き合いの面倒臭かった人達も、何もかもが綺麗さっぱり消える状況の中で。
 普段愛読していた連載漫画だけが、終わりを迎えないらしかった。
この物語の目次へ

作者コメント

大体のアイデアと流れは考えたものの、それ以上は広がらなかったので、リレー小説の冒頭として投稿。
大分色々な設定をぼかしているものの、最後までに使えそうな伏線は撒いてるつもりなので、そちらを使って構成の自習にどうぞ。

終末の世界で、最後に『俺』が一歩進む、
ジャンプするような終わりまで辿りつけたら、幸いです。

追加設定(キャラクターなど)

『俺』男性。不良と呼ばれるぐらいには不良。漫画が好き。
『先輩』女性。小難しく喋る。小説が好き。

『部室』二人きり。
『終末』読んで字のごとく。

他の小説の第1話

~東方二次創作~吸血鬼と人間の夏

作者 曙改2 総得点 : 1

投稿日時:

~プロローグ~

8月の上旬、あれは暑い暑いある日の事、俺は学校終わりにアイスを買って家に帰っていた。
学校終わりにアイスを買うのは日常になっている、家について椅子に腰掛けて特に今までとかわりない生活だった、
そう、このあと、... 続きを読む >>

目次へ

文字数 : 956 投稿数 : 6 全話数 : 10話完結

待ち望んでいたモテ期がきたんだがくるの遅くね?

作者 犬神 菱 総得点 : 1

投稿日時:

俺は輝牙春希(きが はるき)普通の高校生だ。
だが今は違う、そう来たんだ。
やっと、この時が来た。待ち望んでいたんだ!俺の人生の中でおそらく大事なイベント10に入るくらいに。
その名は、モテ期。
だけど、気のせいだろう... 続きを読む >>

文字数 : 1,541 投稿数 : 1 全話数 : 5話完結

桜がまた咲く頃、私はきっと消えている。

作者 なっしー 総得点 : 1

投稿日時:

きらきらと夕日を映して輝く川沿いを、二人乗りの自転車が通り過ぎる。顔にかかった髪を払いながら、深く染まったオレンジ色の空を見上げていた。

「あー腹減ったな。帰り何か食ってこうぜ」
「お、いいね!もちろん君の奢りでしょ?」

... 続きを読む >>

目次へ

文字数 : 495 投稿数 : 2 全話数 : 10話完結

トップページへ

▼小説の検索

▼作者の検索

終末少年ジャンプの第2話を投稿する!
小説本文は300文字以上で投稿できます。お気軽にどうぞ!(上限は5000文字)
設定は2000文字以内
コメントは2000文字以内
続編通知設定(必要なければ外してください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

ページの先頭へ

リレー小説投稿サイト「いっしょに作る!」の使い方・利用規約(必ずお読みください)。お問い合わせ

関連コンテンツ