リレー小説投稿サイト/他人の物語の続きが自由に書ける!

夕暮れの街角~冬晴れの冬休み第2話~

作者 たはらさん 得点 : 0 投稿日時:


「ダメだ…思い出せないよ」
削除された記憶。俺たちは何でここに居る?砂丘を後にして。神々が集える出雲大社にやって来た。と言うことは神有月。十月?どうやらサーフィンではなかったようだ。
「…大分混乱しているよね」千葉が珍しく心配そうな目で俺を見ている。
「今更だけど、今は一月だよな?」
「他の処はね。ここは特別。今はずっと十月なんだ」
「へ?」
「…とか言ったら信じる?」
何かがおかしい。一月なら、十一月と十二月は何処行ったんだ?
「何があったんだ…日本に…」
納得していたはずの年越し。今更不安感に苛まれる。
「何してたんだ?俺は」
考え込んでいる俺。千葉が心配そうな顔になった。それはそうだろう。普段、俺は悩まない。行き当たりばったりでもいいんじゃね?で何とかなっていた。
「ツケが回って来たのかな…」
後頭部に鈍器で殴られたような痛みがぶり返す。一体全体何してたんだ?俺?
続く。
この物語の目次へ

他の小説の第1話

ヒトリカクレンボ

作者 むらさき763 総得点 : 1

投稿日時:

カンタ「一人かくれんぼって知ってるか?」
カンタは俺の小学校からの親友で高校も同じところに入った
俺「いきなりなんだよ?」
カンタ「俺さ、この間 図書室でそういう本見たんだよ、で俺んち今日親いないんだよね」
カンタはオカルトや... 続きを読む >>

文字数 : 754 投稿数 : 1 全話数 : 3話完結

お前は「どこへ」いく。

作者 Yu 総得点 : 0

投稿日時:

信号が青に切り替わる。
横断歩道をすたすたと歩く青年がもう一人のぼろぼろな服を着た青年の方を見て言った。
『なぁお前はさ、将来どうするん?』
そう告げると。聞かれる事を見透かしていたかのように
『知らん。とりあえず卒業するわ。... 続きを読む >>

文字数 : 1,311 投稿数 : 1 全話数 : 10話完結

314の死と再生

作者 不二才 総得点 : 1

投稿日時:

「お兄ちゃん! 起きれる? もうとっくに朝だよ! お兄ちゃん!」

妹の声。明の声だ。
いつもの自分のベッド、春休みだからと惰眠を貪る朝。俺にとってありふれた平穏な日常。
しかし、今朝は格別に長く眠っていた気がする... 続きを読む >>

目次へ

文字数 : 1,266 投稿数 : 4 全話数 : 10話完結

トップページへ

▼小説の検索

▼作者の検索

夕暮れの街角~冬晴れの冬休み第2話~の第2話を投稿する!
小説本文は300文字以上で投稿できます。お気軽にどうぞ!(上限は5000文字)
設定は2000文字以内
コメントは2000文字以内
続編通知設定(必要なければ外してください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

ページの先頭へ

リレー小説投稿サイト「いっしょに作る!」の使い方・利用規約(必ずお読みください)。お問い合わせ

関連コンテンツ