リレー小説投稿サイト/他人の物語の続きが自由に書ける!

夕暮れの街角~冬晴れの冬休み第2話~

作者 たはらさん 得点 : 0 投稿日時:


「ダメだ…思い出せないよ」
削除された記憶。俺たちは何でここに居る?砂丘を後にして。神々が集える出雲大社にやって来た。と言うことは神有月。十月?どうやらサーフィンではなかったようだ。
「…大分混乱しているよね」千葉が珍しく心配そうな目で俺を見ている。
「今更だけど、今は一月だよな?」
「他の処はね。ここは特別。今はずっと十月なんだ」
「へ?」
「…とか言ったら信じる?」
何かがおかしい。一月なら、十一月と十二月は何処行ったんだ?
「何があったんだ…日本に…」
納得していたはずの年越し。今更不安感に苛まれる。
「何してたんだ?俺は」
考え込んでいる俺。千葉が心配そうな顔になった。それはそうだろう。普段、俺は悩まない。行き当たりばったりでもいいんじゃね?で何とかなっていた。
「ツケが回って来たのかな…」
後頭部に鈍器で殴られたような痛みがぶり返す。一体全体何してたんだ?俺?
続く。
この物語の目次へ

他の小説の第1話

私の思い

作者 のとりあす 総得点 : 0

投稿日時:

キーンコーンと鐘の音がして私の意識が戻る。
「起立、礼」と授業を終わらせた、いつもどおりの退屈な変わらない日常。
だが、そんな私の日常はある一つの人によって変わる。
「まいっちー!起きてる〜?」
と、陽気に彼女、一ノ瀬(いちの... 続きを読む >>

文字数 : 2,285 投稿数 : 1 全話数 : 3話完結

ソドム市警察殺人課

作者 とおせんぼ係 総得点 : 6

投稿日時:

 古今の怪物、モンスター、伝説的殺人鬼が住むこの平和なソドム・シティに30年ぶりの殺人事件が起こった。
 勤続三十年の吸血鬼の刑事、銀福栄は、夜半に一報を受けてすぐに現場に向かった。そこは町外れのマルコス=オズ=フランの丘の斜面... 続きを読む >>

目次へ

文字数 : 2,987 投稿数 : 3 全話数 : 4話完結

異世界帰りの中指勇者

作者 星宮 薟 総得点 : 1

投稿日時:

異世界ガルガドア アラド王国歴29年 夏 西東暗黒大陸『ソンファ』魔国の魔王城

「なぜだなぜだなぜだなぜだなぜだなぜだなぜだぁぁ──────ッ!?たかが人間ひとりにこの私がぁぁ!!」

二本あった角の片方を折られ、左腕を無く... 続きを読む >>

目次へ

文字数 : 1,992 投稿数 : 2 全話数 : 5話完結

トップページへ

▼小説の検索

▼作者の検索

夕暮れの街角~冬晴れの冬休み第2話~の第2話を投稿する!
小説本文は300文字以上で投稿できます。お気軽にどうぞ!(上限は5000文字)
設定は2000文字以内
コメントは2000文字以内
続編通知設定(必要なければ外してください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

ページの先頭へ

リレー小説投稿サイト「いっしょに作る!」の使い方・利用規約(必ずお読みください)。お問い合わせ

関連コンテンツ