リレー小説投稿サイト/他人の物語の続きが自由に書ける!

絶対内緒のオタク生活!第2話 全10話で完結

絶対内緒のオタク生活!の第2話

作者 ぜろ 得点 : 1 投稿日時:


 ・・・ん?待って、どこかがおかしい。
 だっていつもなら・・・。
 これって・・・?
 この世界って・・・。

 「・・・ん」
 そこで、目が覚めた。
 「やっぱりそうだ・・・。おかしかったもんね」
 ぽつりと、呟く。
 
 だって、私は・・・。
 
 だって、あゆは・・・。
  
 だって、かなは・・・。 

 「・・・いたっ」
 ズキリ。腕が痛んだ。
 腕に目をやると、青く変色している部分があった。
 「・・・ほら。やっぱり違った」
 だって。
 私とかなの。
 私とあゆの。

 仲 が 良 い だ な ん て
 
 「・・・おかしいでしょ」

 自嘲気味にフッ・・・。と笑いを漏らす。
 ・・・今日はどんな『罰』かな?
 ・・・バケツいっぱいの水が降ってくるのかな?
 ・・・根も葉もない悪口かな?
 ・・・それとも今日も。
 ・・・殴られるのかな。

 





この物語の目次へ

追加設定(キャラクターなど)

原型無くてすみません

他の小説の第1話

猫が死んだ。

作者 たはらさん 総得点 : 0

投稿日時:

うちに帰った。何時もなら。「にゃーん」て出迎えてくれるのに。名前を呼ぶ。気配すら無い。そうだ。縁側で日向ぼっこでもしているんだ。「ねーこー」障子を開けた。白いねこが横になっていた。「ねこ!どしたん!ぴーんとなっているよ?」返事しない。... 続きを読む >>

目次へ

文字数 : 311 投稿数 : 2 全話数 : 3話完結

ボクの転生物語

作者 あすく 総得点 : 8

投稿日時:

 暗かった。
 一寸先も見えぬ闇の中だ。
 最初、ボクが感じることができたのはそこだけだ。
 少しだけ時間が経ち、目が慣れてきたと思ったころに、変化があった。
 暗い空間の奥の方に、何かが見えた。視線を集中すると、空間に負けな... 続きを読む >>

目次へ

文字数 : 4,408 投稿数 : 15 全話数 : 4話完結

一番愛している我が娘よ。

作者 元関駿 総得点 : 0

投稿日時:

俺は今選択を迫られている。大きな選択だ。これで今後俺の教育方針の、この俺が準備した人生設計を大きく修正しなければならないだろう。この俺が中学生の頃から構想し心理学の洗脳技術を集約して計画した洗脳実験が壊れてしまう程の選択だ。
「お父... 続きを読む >>

文字数 : 2,467 投稿数 : 1 全話数 : 10話完結

トップページへ

▼小説の検索

▼作者の検索

絶対内緒のオタク生活!の第3話を投稿する!
小説本文は300文字以上で投稿できます。お気軽にどうぞ!(上限は5000文字)
設定は2000文字以内
コメントは2000文字以内
続編通知設定(必要なければ外してください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

ページの先頭へ

リレー小説投稿サイト「いっしょに作る!」の使い方・利用規約(必ずお読みください)。お問い合わせ

関連コンテンツ