リレー小説投稿サイト/他人の物語の続きが自由に書ける!

絶対内緒のオタク生活!第3話 全10話で完結

絶対内緒のオタク生活!の第3話

作者 労働会議 得点 : 0 投稿日時:


それでも、私は今日も登校する。正直、気が重い。なんでこうなってしまったんだろう?それでも、登校する理由は単純。家族に心配かけたくないから。
登校の中、あゆとかなと顔を合わせる。二人は屈託のない笑顔を見せる。
「みはちゃん。おはよ」
 私は顔を引きつらせながら、おずおずと返す。
「お、お早う御座います」
「もう元気ないな~~。ぐりぐり」
 頭をぐりぐりさせられる。二人のこの対応は外面だけ。一見仲良し三人組であるが、教室に入れば豹変する。
「あんたさあ、貢物。最近、減っているんじゃないの?」
 あゆが高圧的に腕を組む。
「そ、そんなことないよ」
 すでに、あゆの手には私から奪い取った五百円玉が握られている。
「私、言ったよね?足りないなら、親の財布から抜き取れって」
「そんなこと言われても……」
 かながあゆを落ち着かせる。
「まあまあ。あゆちゃん。ここは生かせず殺さずにしたらどうかな?無理に高額な金額を言っても、結局この豚じゃあ、ぼろが出てしまうんじゃないかな?それよりかは毎月少しずつ貰ったほうがいいよ」
 あゆが舌打ちをする。
「ちっ。かながいうなら、そうね。この豚糞。かなに感謝しなよ。ほら、ご褒美だ」
 あゆが思いっきり私に唾を吐きかける。すごく惨めだ。
 クラスのものは誰も止めない。私はトイレに行き、髪の毛に付着した唾をふき取る。
「私、いつまでこんな生活を続けるんだろう」
 私がオタクに出会ったのはまさにそんな生活のただなかだった。

 いつものように、通行人に泣き落としをしておひねりを求める。無論、明日の貢物のためだ。その通行人は言う。
「一万円上げてもいいけど、その代わり、ちょっと付き合ってくれないかな」
 嫌な予感がするが、通行人はさらに札束を取り出す。
「じゃあ、十万円」
 いつかはこういう予感がしていた。いつかはこうなるのだ。なに、その時期が早まっただけだ。
 頷き、案内されたのはオタク同盟本部の立て看板が掲げられたビルである。
「さあ、我らの同盟本部へようこそ」
 えっ?何ここ?
 足を踏み入れるが、周囲の通行人からの白い目が痛い。
 そう。これは私がオタクと出会い、のちにレジェンドオタクと呼ばれるまでの活躍を描いた話

他の小説の第1話

ボクの転生物語

作者 あすく 総得点 : 8

投稿日時:

 暗かった。
 一寸先も見えぬ闇の中だ。
 最初、ボクが感じることができたのはそこだけだ。
 少しだけ時間が経ち、目が慣れてきたと思ったころに、変化があった。
 暗い空間の奥の方に、何かが見えた。視線を集中すると、空間に負けな... 続きを読む >>

目次へ

文字数 : 4,408 投稿数 : 15 全話数 : 4話完結

もしも今日世界が滅亡するとしたら

作者 リー 総得点 : 8

投稿日時:

1話世界が終わる日の朝

2017年10月10日その日は突然とやってきた。朝起きていつものように学校の準備をしながらテレビを
見て居ると、いきなり番組が緊急ニュースへと移り変わった。
(緊急ニュースをお伝えします。
今日、巨... 続きを読む >>

目次へ

文字数 : 487 投稿数 : 5 全話数 : 5話完結

コートヤードの歌声

作者 ゆりあ 総得点 : 4

投稿日時:

私は男という生き物が苦手だ。
何故なら男という生き物にほぼ悪い思い出しかない。

男の先生が嫌いだった。沢山叩かれて痛い思いをした。問題を間違えただけでもすぐに叩かれた。

そして小学校1年生の頃から受けてきた男女問わず受け... 続きを読む >>

目次へ

文字数 : 2,953 投稿数 : 2 全話数 : 10話完結

トップページへ

▼小説の検索

▼作者の検索

絶対内緒のオタク生活!の第4話を投稿する!
小説本文は300文字以上で投稿できます。お気軽にどうぞ!(上限は5000文字)
設定は2000文字以内
コメントは2000文字以内
続編通知設定(必要なければ外してください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

ページの先頭へ

リレー小説投稿サイト「いっしょに作る!」の使い方・利用規約(必ずお読みください)。お問い合わせ

関連コンテンツ