リレー小説投稿サイト/他人の物語の続きが自由に書ける!

福音のモーラ

作者 氏号一 得点 : 0 投稿日時:


 夏の夜空に駆ける星。僕の目はまだたくさんの光が見えていた。大人になるにつれて少しづつ消えていったように思える。ただ目が悪くなって見えなくなったと思いたいんだ。何故なら僕はまだ子供だから。キラキラした世界を夢見ていたい、そんな年だから。
 僕が幼少期の星空に願った事を思い出したのはごく最近の話だ。それまでは馬鹿みたい聞きまくったゲームの曲やアニソンで頭がいっぱいだったし、さっきだって漫画の展開なんかに夢中だった。なんせロクに使えもしない能力を神様にもらっても僕みたいな一般人に最強やら何やらへと昇華するイメージを持てなかった。だから今日の出来事があるまでは飽きたように忘れていた。僕が現実に持つ幻想は理想の世界に負けたのだ。
 夏の夜、雲もない日に、父親が土産に持って帰ってきた部品の少し足りない望遠鏡で星を見た。星には詳しくはないけど、綺麗だった。学校のことや家のことなんて忘れて僕はずっと見ていた。その時、見えたのは赤い星。その星の名前は知らない。だけど僕はその星に願ったのだ。
 誰かと絆をつなげたい。正直なぜこんなことを願ったのかを知るのは当時の僕しか知らない。それに、今の僕はそんな願望に後悔していた。

 僕の心臓は他人と動機する。願ったから叶ったものがそれなのか。それとも何かの病気の前触れなのか、僕の心臓は誰かとつながる。だからわかる。それが僕自身の心臓の鼓動なのか、はたまた別の誰かさんなのかが。
 お昼ご飯、知らない生徒の弁当箱が宙に舞う。一瞬静かになったと思えばすぐにいつものガヤガヤとうるさい教室へと再び戻る。いつもなら見過ごす風景が僕にはまるで違って見えた。
 こわい、これをどんな言葉に例えれるだろう。ずんずんと胃の奥を押すような気持ちの悪さを知ってる。困惑、疎外感、ああ、吐きたい。涙が奥から押し上げて溢れてしまう、そんな感情が募る。ぐるぐると感情の色が一つの色に塗りつぶされる。
 僕が手にした力は心臓を通して沢山の感情を通すらしい。目の前のどうでも良い場面が、どうやらこれから一週間続くと思うと憂鬱だった。

作者コメント

 青春ものを考えて書きました。
 ミステリーや恋愛、友情ものにSF、ある程度広がりを作ってみましたが、なんでもいいです。好きに書いていただけたら幸せです。
 一つ言えるのは第一話作るのって大変なんですね。

追加設定(キャラクターなど)

・主人公
 幼少期に願ったのは誰かとの絆、高校生の夏まで忘れていた。力を使うと心臓が誰かとつながり、動悸を通して感情を知ることができる。つながった誰かとは一週間のあいだはつながったまま。
 今回使った相手がこのクラスにいることを主人公は分かっている。誰かは知らない。

他の小説の第1話

ソドム市警察殺人課

作者 とおせんぼ係 総得点 : 6

投稿日時:

 古今の怪物、モンスター、伝説的殺人鬼が住むこの平和なソドム・シティに30年ぶりの殺人事件が起こった。
 勤続三十年の吸血鬼の刑事、銀福栄は、夜半に一報を受けてすぐに現場に向かった。そこは町外れのマルコス=オズ=フランの丘の斜面... 続きを読む >>

目次へ

文字数 : 2,987 投稿数 : 3 全話数 : 4話完結

桜がまた咲く頃、私はきっと消えている。

作者 なっしー 総得点 : 1

投稿日時:

きらきらと夕日を映して輝く川沿いを、二人乗りの自転車が通り過ぎる。顔にかかった髪を払いながら、深く染まったオレンジ色の空を見上げていた。

「あー腹減ったな。帰り何か食ってこうぜ」
「お、いいね!もちろん君の奢りでしょ?」

... 続きを読む >>

目次へ

文字数 : 495 投稿数 : 2 全話数 : 10話完結

作者 冷えピタ丸 総得点 : 0

投稿日時:

出会ったあの日も雨が降っていた。

もうすぐ小学校も卒業という冬の時期。時計の針が16時を過ぎていた頃、家に帰宅した僕はランドセルをひっくり返していた。ランドセルにも無い。筆箱の中にも無い。体操着入れにも無い。どこで鍵を無くしたん... 続きを読む >>

文字数 : 1,990 投稿数 : 1 全話数 : 4話完結

トップページへ

▼小説の検索

▼作者の検索

福音のモーラの第2話を投稿する!
小説本文は300文字以上で投稿できます。お気軽にどうぞ!(上限は5000文字)
設定は2000文字以内
コメントは2000文字以内
続編通知設定(必要なければ外してください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

ページの先頭へ

リレー小説投稿サイト「いっしょに作る!」の使い方・利用規約(必ずお読みください)。お問い合わせ

関連コンテンツ