俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

音も無しうつらうつらや春の海

作者 登盛満  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

今日の海は、波も静かで本当に穏やかでしたので、散歩していたら眠くなってしまいました。それだけを詠んでみましたが、「、、、し、、、や」として良いか、「や」より「の」が良いか?
季語も「春の海」と「春の波」とで、悩みました。たったこれだけの事が言いたいのに。難しいです。

最新の添削

「音も無しうつらうつらや春の海」の批評

回答者 鬼胡桃

こんばんは。
句を読みますと、三段切れを感じました。
他の方と重なりますが、上五中七が繋がるように、上五を[音も無く]にした方が良いと感じました。
助詞の[や]は、前の言葉を強調しカットが切れるのでそれで三段切れの型になったと思います。
句は、切れは一つにするのが定石とされています。
あと句を投句しましたので、コメントお願い致します。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、鬼胡桃さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「音も無しうつらうつらや春の海」の批評

回答者 かぬまっこ

句の評価:
★★★★★

今晩は(*^^*)
かぬまっこと申します。
春の海の穏やかな感じが出ていると思います。三段切れなのが残念です。

音も無し/うつらうつらや/春の海

なので、どこか繋げるとよいと思います。

音も無くうつらうつらや春の海

音も無しうつらうつらと春の海

しかしながら、「音も無し」の表現は推敲の余地があると思います。
例えば「波音静か」とか…。

点数: 1

添削のお礼として、かぬまっこさんの俳句の感想を書いてください >>

春の海うつらうつらと歩きたる

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

こんばんは。

御句、結果的に三段に切れてしまっていますね。

「うつらうつら(眠い)」と、「音無し(静か)」のどちらかに絞った方がわかりやすいかと思いますが、どうでしょうか?

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

初ざくら踏むよペダルを左から

作者名 ねぎみそ 回答数 : 2

投稿日時:

薫香と無粋な噺や青紅葉

作者名 卯筒 回答数 : 2

投稿日時:

洗車して黄砂らしきを流しけり

作者名 久田しげき 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『音も無しうつらうつらや春の海』 作者: 登盛満
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ