俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

ポインセチア色鉛筆のサンタかな

作者 南風の記憶  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

 俳句生活の兼題「ポインセチア」と詠嘆「かな」の練習として詠んだ。自分としては季語と取り合わせの距離が近すぎると判断し、俳句生活には投句しなかった句。

最新の添削

「ポインセチア色鉛筆のサンタかな」の批評

回答者 堀籠美雪

南風の記憶様
ポインセチアに詠嘆のかな、少し哀愁を帯びた句なのでしょうか?まだまだ未熟者で、俳句をよく理解出来ずに本当に申し訳ございません💦ポインセチア色、鉛筆のサンタまたはポインセチア、色鉛筆のサンタ。何方か?でまず悩んでしまいました。情けない💦どちらにせよ、あと一月でクリスマス🎄お互い、楽しみたいものですね☺️✨私はもしかして仕事かな💦まあいいか。それからイナゴの句の添削ありがとうございます☺️✨季語を主役に、わかりました。頑張ってみます。励みになります。本当にありがとうございます☺️✨

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、堀籠美雪さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「ポインセチア色鉛筆のサンタかな」の批評

回答者 秋沙美 洋

句の評価:
★★★★★

南風さん、こんにちは。
御句読ませて頂きました。

僕これけっこう好きですよ。
ポインセチアの赤々とした姿がまず先に出てきて、そこにポッと出てくる色鉛筆のサンタ、この対比が僕的にはとても良いと思いました。
色鉛筆のサンタが出てくる事で、12月の風景という事が分かります。寒々しい空間に暖を灯すようなポインセチアの存在感と、サンタを待ち焦がれる子供のワクワク感、良いですねー。
サンタとポインセチアは同じ冬の風物詩ですが、それぞれが独立しつつも上手い事調和しているように思いました。
俳句生活というサイトは知らないしどのような句が選ばれる傾向にあるかは存じませんが、僕的にはかなり好きな一句でした。

点数: 2

添削のお礼として、秋沙美 洋さんの俳句の感想を書いてください >>

「ポインセチア色鉛筆のサンタかな」の批評

回答者 カイ

句の評価:
★★★★★

南風の記憶さん。こんにちは
焚き火の句に関する感想ありがとうございます。
実はもう一つ焚き火の句がありまして、この前に投句した句で
「海女達の勤めを癒す焚き火かな」
を投句しました。
こちらはいかがでしょうか?

点数: 1

添削のお礼として、カイさんの俳句の感想を書いてください >>

「ポインセチア色鉛筆のサンタかな」の批評

回答者 素一

句の評価:
★★★★★

こんばんは!
御句面白いと思いました。オールレッドの世界。この様な詠み方もありだと感心しました。一度はチャレンジしてみたい世界観です。

点数: 1

添削のお礼として、素一さんの俳句の感想を書いてください >>

「ポインセチア色鉛筆のサンタかな」の批評

回答者 そうり

句の評価:
★★★★★

南風の記憶さま
こんにちわ。「裸婦の像」ご鑑賞有難うございます。ご意見参考にさせて頂きます。
御句、、、クリスマスを待って咲いているいるポインセチア、クリスマスを心待ちにして、サンタを描いている子供を想像しました。距離感の問題で、投句見送りですか、、、。「サンタ」の代わりに「ブーツ」でも同じですかね、、。
(追伸)10月より夏木先生の「お家de俳句クラブ」に入会しました。

点数: 0

添削のお礼として、そうりさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

独り身の肴なき酒夏至の晩

作者名 せぶん 回答数 : 1

投稿日時:

要望:厳しくしてください

春浅し緋毛氈背にはっけよい

作者名 かこ乃 回答数 : 4

投稿日時:

鍋奉行の絶叫白菜にいつく虫

作者名 武照 回答数 : 0

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『ポインセチア色鉛筆のサンタかな』 作者: 南風の記憶
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ