俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

衣替え若き日の服なお残し

作者 綱子  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

若いころに着ていた服を、なかなか捨てられません。もう着ることはないのに、また今年も箪笥の中に入れてしまいました。

最新の添削

「衣替え若き日の服なお残し」の批評

回答者 和光

綱子様。初めまして。和光と申します🙇添削では無いですがもう似合わないと思う服も何かの拍子に大丈夫かも?と思う時が有ります。時の経過で顔や体つきや肌の色艶も変わって来るので自然に合ってきます。私の実体験です。捨てないで良いかもです☺掲句は良き句だと思いました🌅

点数: 1

添削のお礼として、和光さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

衣替え若き日の服着て見たり

回答者 城田和子

いやあ、またきられれる日もくるに違いないと信じて残す気持ち、よくわかります。殆どの女性が味わう気持ちでしょう。直す所はないと思いましたが、欄を埋めないと次へ進めないので、一応下五を意味を変えないように言葉を変えました。

点数: 2

添削のお礼として、城田和子さんの俳句の感想を書いてください >>

「衣替え若き日の服なお残し」の批評

回答者 素一

こんばんは!
一年間着なければ廃棄せよと言われていますが、好みの服はなかなか処分出来るものではありません。
◆若き日の服残したる衣替
三段切れにはならないようにしてみました。
どうでしょうか?

点数: 1

添削のお礼として、素一さんの俳句の感想を書いてください >>

「衣替え若き日の服なお残し」の批評

回答者 鳥越暁

おはようございます。
句意が変わってしまうかもしれませんが、
・衣替え想い出の服奥におり
とかどうでしょうか。読み手の想像力を掻き立てるような気がするのですが。

点数: 1

添削のお礼として、鳥越暁さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

紫陽花のために降ってるわけじゃねぇ

作者名 めでかや 回答数 : 7

投稿日時:

清流に釣り人の出で水温む

作者名 久田しげき 回答数 : 0

投稿日時:

寒朝の空を満月穿ちけり

作者名 腹井壮 回答数 : 5

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『衣替え若き日の服なお残し』 作者: 綱子
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ