俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

かたつむり旅の行方を決めにけり

作者 あらちゃん  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

行き先を決定。

最新の添削

「かたつむり旅の行方を決めにけり」の批評

回答者 中村あつこ

 こんにちは。
拙句、紫陽花にご提案句を有難うございす。私の町内は老人ばかりで、空き家も多いんです。紫陽花か垣根からはみ出す程に咲いてました。

かたつむりを見てて、行先を決められた旅はきっと楽しいでしょうね。

句の評価:
★★★★★

点数: 2

添削のお礼として、中村あつこさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「かたつむり旅の行方を決めにけり」の批評

回答者 竜子

句の評価:
★★★★★

あらちゃん様 おはようございます。
お世話になります。
拙句のサングラスのコメントありがとうございます。
季語がやはり唐突でした。
ハンカチ良いですね。
勉強になります。
御句
かたつむりと旅行の行く先を決めた。
ゆっくり考えてやっと行く先を決めた。かたつむりも行く先決めたかもしれないと想像しました。
佳いですね。
このままいただきます。

点数: 2

添削のお礼として、竜子さんの俳句の感想を書いてください >>

「かたつむり旅の行方を決めにけり」の批評

回答者 慈雨

句の評価:
★★★★★

あらちゃん様、こんにちは。
拙句「蠅集る~」へのコメントをありがとうございました。
ご提案句、より日常的な風景が浮かんできて佳いですね!

御句拝読しました。
詩があって佳いですね!じっとしていたかたつむりが動き出した様子が浮かんできます。
初読でかたつむりを擬人化した一物仕立てかと思ったのですが、竜子さまのコメントを見て、取り合わせとも解釈できることに気づきました。このまま複数の解釈ができる形も良いかもしれませんね。

一物として読んだ場合でも、かたつむりはどこに向かうんだろう?どういう思いで行先を決めたんだろう?と想像が広がる句だと感じました。
人間から見るとわずかな移動でも、小さなかたつむりにとっては決死の「旅」に違いない、と色々考えさせられます。原句に1票です!

点数: 2

添削のお礼として、慈雨さんの俳句の感想を書いてください >>

「かたつむり旅の行方を決めにけり」の批評

回答者 竜子

句の評価:
★★★★★

あらちゃん様 おはようございます。
再訪です。
拙句の紫陽花のコメントありがとうございます。
そうですね。紫陽花と雨類想でした。
なかなか難しいです。
またよろしくお願いいたします。

点数: 1

添削のお礼として、竜子さんの俳句の感想を書いてください >>

「かたつむり旅の行方を決めにけり」の批評

回答者 こま爺

句の評価:
★★★★★

おはようございます。

ドクターイエローの句にコメントありがとうございます。

御句、「決めに」が少し気になります。読者は「決めました」と言われると「ああそうですか」で話しは終わってしまうのです。

決める一歩手前でとどめて含みを持たせるのが俳句の手法だと思います。

"蝸牛旅の行方に目を向けて
"蝸牛旅の行方の遥かなる

読み手にも想像の余地を十分残しておくことの是非について一度ご検討下さい。よろしく。

点数: 1

添削のお礼として、こま爺さんの俳句の感想を書いてください >>

「かたつむり旅の行方を決めにけり」の批評

回答者 松健四歩

句の評価:
★★★★★

おはようございます。
拙句、蝸牛の句にご感想ありがとうございました。
御句のかたつむり句も、のんびりとした動きに合わせて、何処にしようかと迷いながらも、すでに旅を楽しまれているように感じました。
またよろしくお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、松健四歩さんの俳句の感想を書いてください >>

「かたつむり旅の行方を決めにけり」の批評

回答者 竜子

句の評価:
★★★★★

あらちゃん様 こんにちは
お世話になります。
拙句のハンカチのコメントありがとうございます。
そうなんです。大きな神社で武蔵野国の守り神です。起源は西暦111年という古い神社です。
ご提案ありがとうございます。
手を清めるも良いですね。
またよろしくお願いいたします。

点数: 1

添削のお礼として、竜子さんの俳句の感想を書いてください >>

「かたつむり旅の行方を決めにけり」の批評

回答者 気まぐれ亭いるか

句の評価:
★★★★★

こんにちは

御句拝読しました
カタツムリの向き先で旅の行方を決める、、
なんとも自由奔放な感じがして良い句ですね
ただ、句の広がりとしてこま爺さんのコメントもありかと思いました
よろしくお願いします

点数: 1

添削のお礼として、気まぐれ亭いるかさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

節分や鬼はスマホの中にいる

作者名 かこ 回答数 : 13

投稿日時:

鳴神の咆哮今は濃かりけり

作者名 卯筒 回答数 : 2

投稿日時:

初霜や朝日あたりて始まれり

作者名 ヒロちゃん 回答数 : 3

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『かたつむり旅の行方を決めにけり』 作者: あらちゃん
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ