俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

大きなる太鼓の上を蟻の列

作者 塩豆  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

いつもお世話になります!塩豆です。
また切れない俳句です。
自分では「上を」の要不用が判断しかねますので、皆様の意見を聞いてみたいです。
もちろん他にもあればぜひ聞かせてもらいたいです。よろしくお願いします!

最新の添削

「大きなる太鼓の上を蟻の列」の批評

回答者 ハオニー

お久し振りです

一読しての素直な感想は
その太鼓はどこにあるのでしょう?
です
これが現実のものか空想のものかも悩ましいですが、仮に現実のものとして...
太鼓の上を蟻が這っているところだけをクローズアップしたことが裏目に出てしまったように見えます

仮に
大きなる太鼓の下を蟻の列
ならば、真夏の屋外の吹奏楽部やら応援団やらの存在も、位置関係も描けたのだろうと私は推測しました

「大きなる」、私は嫌いではありません
むしろ、クローズアップするところを決めていて潔く感じました

点数: 1

添削のお礼として、ハオニーさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「大きなる太鼓の上を蟻の列」の批評

回答者 和光

塩豆様。こんばんは。和光です🌅添削ありがとうございます🍀[目覚むる]の[むる]は使った事無いので今後使ってみたいと思います✏的確な指導は大きな励みになります👀掲句ですが蟻は夏の季語なので[大きなる太鼓]は西瓜でしょうか。縞模様が蟻の列に見える感じですかね☆☆

点数: 2

添削のお礼として、和光さんの俳句の感想を書いてください >>

「大きなる太鼓の上を蟻の列」の批評

回答者 04422

塩豆様こんばんは!いつもお世話になっております。
凡人には全く理解できない句です。俳人と呼ばれる人の句とはこのような難解な句を作ることですか?詠む時は季語は何時でも良いのでしょうか?
まあ、凡人の僕には分からない句です。ごめんなさい。

点数: 1

添削のお礼として、04422さんの俳句の感想を書いてください >>

「大きなる太鼓の上を蟻の列」の批評

回答者 腹井壮

塩豆さん、こんばんわ。いつも御世話様です。

大小を意図した取り合わせと更に「列」で立体感を演出させたのはさすが塩豆さんですね。しかし、「大き太鼓」「大太鼓」で済むところを「大きなる太鼓」としては言葉の無駄使いの感があります。
塩豆さんなら余った2~3音を有効に生かせると思うのですが。
参考になれば幸いです。

点数: 1

添削のお礼として、腹井壮さんの俳句の感想を書いてください >>

「大きなる太鼓の上を蟻の列」の批評

回答者 かぬまっこ

今晩は✨
「大太鼓」と言わずに「大きなる太鼓」と言ったのは、もしかしたら何かを比喩しているのかと思いました。
多分、動物の腹でしょうか❔
こんなのはどうでしょうか❔

🔷大きなる腹の上行く蟻の列

点数: 1

添削のお礼として、かぬまっこさんの俳句の感想を書いてください >>

「大きなる太鼓の上を蟻の列」の批評

回答者 たけたけ

塩豆様
コメントありがとうございます😃
竹内です。
「枯ざくら」ですね!😂
漢字が多くて重い雰囲気なのであとで桜だけ平仮名にして…うっかりしてしまいました。ありがとうございます。
「大小」の比較、素敵ですね!
私も「大太鼓」にしない塩豆様の作戦が何かあるのかな!?と思いました☺️

点数: 1

添削のお礼として、たけたけさんの俳句の感想を書いてください >>

「大きなる太鼓の上を蟻の列」の批評

回答者 いなだはまち

唯我独善です。
いつも添削ありがとうございます。🙇
プレバトで夏井先生の仰る「発想を飛ばす」は、目の前の現実(写生)を切り取った、本来の俳句ではないのではないかと思うことしばしばです。殆どが投稿が目的となり、お題ありきで作句しております。お題に対して現実を当てはめることはありますが、12音を先に作り、季語を探すことをしておりません。千日草様の作る句に、一種の憧れめいたものを感じることもあります。春の季語で一巡しますので、次の夏からは、本来の俳句作りもしたいと思っております。🙇
私は、「俳味」ですね!了解です。✌🆗⤴

点数: 1

添削のお礼として、いなだはまちさんの俳句の感想を書いてください >>

「大きなる太鼓の上を蟻の列」の批評

回答者 和光

こんばんは。和光です🌅塩豆様。ツイッターの件は大丈夫ですよ✏[風止みし]にしようかと思いましたが以前言ってた現在進行形⁉ で詠みました。[風止みぬ]は止んで無いとの意味ですか?止んでる状態を詠みました。表題の件は🆗です☆

点数: 1

添削のお礼として、和光さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

炎天下コロナ忘れて俳句かな

作者名 西風子 回答数 : 2

投稿日時:

どくだみや白きクロスに聖者見ゆ

作者名 てんこ 回答数 : 1

投稿日時:

鮮やぐは山川草木ひえの波

作者名 いなだはまち 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『大きなる太鼓の上を蟻の列』 作者: 塩豆
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ