俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

暗闇に透ける柳の仏めき

作者 こま爺  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

暗闇で柳が観音様のように見えるネットの画像を見ての句です。

最新の添削

「暗闇に透ける柳の仏めき」の批評

回答者 笙染

こま爺様:
何時も有難うございます。

こま爺様の <ひなげしの笑う日の来て江戸美人>、
面白可笑しい素敵な句なのでとても印象に残っています。
花の誕生と人との歴史やエピソードは面白いですね。
宜しくお願い致します。

笙染

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、笙染さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「暗闇に透ける柳の仏めき」の批評

回答者 どきこ

句の評価:
★★★★★

こま爺様、こんにちは😊お世話になります。

拙句の添削ありがとうございます🙇‍♂️

読み返すとノロケのようなお恥ずかしい句でした😅

こま爺様の的確なご指摘通り、強調したかったのは夫である人でした。
人ならいろいろと想像できるかと。

夫→つまの読みでしたが、助詞の「が」を使ったので仮名遣いの混用でした。
気づかせていただき感謝致します😊

御句ですが、かっこよい句ですね。
柳が仏に見えるというのは、佳いと思いました。細かい葉の動きが想像できます。
上手くは言えないのですが、、

勉強になります。

またよろしくお願い致します😊

点数: 2

添削のお礼として、どきこさんの俳句の感想を書いてください >>

「暗闇に透ける柳の仏めき」の批評

回答者 竜子

句の評価:
★★★★★

こま爺様 こんばんは
お世話になります。
拙句のコーヒーのコメントありがとうございます。
いろいろご指導ありがとうございます。

点数: 1

添削のお礼として、竜子さんの俳句の感想を書いてください >>

「暗闇に透ける柳の仏めき」の批評

回答者 竜子

句の評価:
★★★★★

こま爺様 おはようございます。
お世話になります。
拙句のため池のコメントありがとうございます。
いろいろご指導ありがとうございます。
よろしくお願いいたします。

点数: 1

添削のお礼として、竜子さんの俳句の感想を書いてください >>

「暗闇に透ける柳の仏めき」の批評

回答者 あらちゃん

句の評価:
★★★★★

こま爺様おはようございます。
中七、柳は透けるものであるのか少々違和感を覚えました。
ネット画像を見られたのかは、読者には分かりませんので、実際に見られた景で詠みました。

夏柳闇にゆらりと仏めき

よろしく御願いいたします。

点数: 1

添削のお礼として、あらちゃんさんの俳句の感想を書いてください >>

「暗闇に透ける柳の仏めき」の批評

回答者 竜子

句の評価:
★★★★★

こま爺様  再訪です。
仏めくは高浜虚子が詠んでいますね。
紫の斑の仏めく著莪の花  高浜虚子
勉強のために
暗闇に影の仏めく糸柳
よろしくお願いいたします。

点数: 1

添削のお礼として、竜子さんの俳句の感想を書いてください >>

「暗闇に透ける柳の仏めき」の批評

回答者 つちや郷里

句の評価:
★★★★★

こま爺さんこんにちは。
猫の背の句へのコメントありがとうございました。
お返事が遅れて申し訳ありません。

御句
柳のやや不気味な感じが上手く表現されていると思います。
「透ける」という言葉が少し引っかかりました。

こういうのはどうでしょう。
・『暗闇に仏のごとくある柳』
・『暗闇の柳ほとけの如く也』

またよろしくお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、つちや郷里さんの俳句の感想を書いてください >>

「暗闇に透ける柳の仏めき」の批評

回答者 竜子

句の評価:
★★★★★

こま爺様 おはようございます。
お世話になります。
拙句の銀座のコメントありがとうございます。
ご提案もありがとうございます。

点数: 0

添削のお礼として、竜子さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

孫が来た西瓜程よく冷えた頃

作者名 流れ星 回答数 : 5

投稿日時:

電源の入らぬスマホ春の風邪

作者名 腹井壮 回答数 : 19

投稿日時:

がはがはと飛び入る河の冷やかさ

作者名 げばげば 回答数 : 11

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『暗闇に透ける柳の仏めき』 作者: こま爺
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ