俳句添削道場(投句と批評)
どきこさんのランク: 師範代6段 合計点: 76

どきこさんの俳句添削依頼

最新の投稿順に並んでいます。回答が付いた投稿が先頭に移動します。

夏暖簾ハートの口の夫がいて

回答数 : 2

投稿日時:

少年の握るパターや若葉風

回答数 : 6

投稿日時:

結婚や燃ゆるケーキの昭和の日

回答数 : 5

投稿日時:

惜春やシール三つのぬいぐるみ

回答数 : 9

投稿日時:

エプロンの蝶の解ける花曇

回答数 : 13

投稿日時:

どきこさんの添削

「ひねもすや柳の下の太公望」の批評

添削した俳句: ひねもすや柳の下の太公望

竜子様、こんにちは😊お世話になります。

拙句の添削ありがとうございます🙇‍♂️

ノロケのような句になってしまい、お恥ずかしい限りです😅
口角が上がっていると、人を幸せな気分にするようで夫が少し羨ましいのです。
私は黙っていると真面目な顔なので、いつも目を細めて柔らかい顔にしています😅

夫→つまと読むはずでしたが、助詞の「が」を使ったので、仮名遣い混用となっていました。
気づかせていただき感謝致します😊

添削句も佳いですね。勉強になります。

御句は佳いと思います。
太公望は釣り人のことですね。
柳の下だから川ですね。魚は鯉か鮒ですね。
景色が浮かびます。

またよろしくお願い致します😊

点数: 1

「暗闇に透ける柳の仏めき」の批評

添削した俳句: 暗闇に透ける柳の仏めき

こま爺様、こんにちは😊お世話になります。

拙句の添削ありがとうございます🙇‍♂️

読み返すとノロケのようなお恥ずかしい句でした😅

こま爺様の的確なご指摘通り、強調したかったのは夫である人でした。
人ならいろいろと想像できるかと。

夫→つまの読みでしたが、助詞の「が」を使ったので仮名遣いの混用でした。
気づかせていただき感謝致します😊

御句ですが、かっこよい句ですね。
柳が仏に見えるというのは、佳いと思いました。細かい葉の動きが想像できます。
上手くは言えないのですが、、

勉強になります。

またよろしくお願い致します😊

点数: 2

「ゆるゆるのハイウェイカーブかげろひて」の批評

添削した俳句: ゆるゆるのハイウェイカーブかげろひて

こま爺様、励みになる言葉をありがとうございます😊

お礼に参りました。

またよろしくお願い致します🙇‍♂️

点数: 1

「ゆるゆるのハイウェイカーブかげろひて」の批評

添削した俳句: ゆるゆるのハイウェイカーブかげろひて

こま爺様、こんばんは😊お世話になります。

拙句に添削していただき感謝致します!

「握る」よりも「振る」という動作の方が、より分かりやすいですね。

とても勉強になります。

「陽炎」の季語は私には難しいので、皆様の句を鑑賞して学んでいます。

「陽炎」を下五に置く詠み方の勉強になりました。ありがとうございます😊

現在の私の目標は、わかりやすい句を作ること、です。

またいろいろご指摘いただけると幸いです。

またよろしくお願い致します🙇‍♂️

点数: 1

「葉桜やレモンサワーの缶を空け」の批評

添削した俳句: 葉桜やレモンサワーの缶を空け

シゲ様、こんにちは😊

昨日、俳句は夏になりましたと告げましたが、シゲ様はすでに夏の季語で投句されていらっしゃいました。

失礼いたしました🙇‍♂️ごめんなさい。

こんな初心者ですが、またよろしくお願い致します。

点数: 0

どきこさんの添削2ページ以降を見る

トップページへ
添削依頼をする!

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ