俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

井戸の底直径五ミリの初夏の空

作者 めい  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

お願いします

最新の添削

「井戸の底直径五ミリの初夏の空」の批評

回答者 こま爺

こんにちは。

直径5ミリは何のことかと思いましたが何度か読み返して見ると、井戸の底に映る小さい青空のことと理解できました。
佳い句ですね。このままいただきです。

よろしく。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、こま爺さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「井戸の底直径五ミリの初夏の空」の批評

回答者 感じ

句の評価:
★★★★★

こんにちは😃お世話になります。
御句、面白い視点ですね。
発想ゆたか^_^。
井戸の深さが感じられます。
このままいただきます。
さて、添削句ではありませんが、こんなのはどうでしょう。
「月」は一年中ありますので
・井戸の底直径五ミリの初夏の月
また、宜しくお願いします。

点数: 3

添削のお礼として、感じさんの俳句の感想を書いてください >>

「井戸の底直径五ミリの初夏の空」の批評

回答者 負乗

句の評価:
★★★★★

めい様、こんばんは🙂

前句への私のコメントはスルーして下さい😅🙇
失礼?があったのかも…

御句、類想的な素材かな、という印象はありますが、「直径五ミリの」は良いと思いました。インパクトがありますね。
「初夏」と、敢えて言わなくても、単に"夏の空"でも良いのでは…?
"立夏"はまだ来ていませんが、昼は暑くて十分に"初夏"ですからね😉

宜しくお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、負乗さんの俳句の感想を書いてください >>

「井戸の底直径五ミリの初夏の空」の批評

回答者 慈雨

句の評価:
★★★★★

めい様、こんばんは。既にチェックされているかもしれませんが、俳句ポストの「よくある質問」に自動返信メールが届かない場合のことが書いてあります、参考まで↓
https://haikutown.jp/post/guide/#faq

御句、いいですね。直径五ミリ。めっちゃ深い井戸ですね。上がるの大変そう。。
ただ実際に井戸の口が5ミリに見えるとすると、深さ数十メートルにはなりそうですね。空、見えるかなぁ。試してみたくなりました(笑)。

点数: 1

添削のお礼として、慈雨さんの俳句の感想を書いてください >>

「井戸の底直径五ミリの初夏の空」の批評

回答者 竜子

句の評価:
★★★★★

めい様 おはようございます
お世話になります。
拙句の自動支払機のコメントありがとうございます。
セルフレジの方がいいですね。それにひらがなも良い感じです。
ありがとうございました。
御句
めい様は目のつけどころ良いですね。
井戸を覗くと夏の青空が小さくなっている。
大と小の対比が見事です。
おかえさき様の花嫁の句も見事な添削をされて勉強させられました。
御句このままいただきます。
よろしくお願いいたします。

点数: 1

添削のお礼として、竜子さんの俳句の感想を書いてください >>

「井戸の底直径五ミリの初夏の空」の批評

回答者 慈雨

句の評価:
★★★★★

再訪です。
御句、上から井戸の中を覗き込んでいる、という句でしたか。
作者が井戸の底にいて、上を見上げているのかと思ってしまいました。失礼しましたー。

点数: 1

添削のお礼として、慈雨さんの俳句の感想を書いてください >>

「井戸の底直径五ミリの初夏の空」の批評

回答者 博充

句の評価:
★★★★★

めい様
博充です。
藤の花の句へのコメントありがとうございます。
最初の句は 藤の棚木漏れ日優し薫るかな でした。

点数: 1

添削のお礼として、博充さんの俳句の感想を書いてください >>

「井戸の底直径五ミリの初夏の空」の批評

回答者 おかえさき

句の評価:
★★★★★

こんにちは、めいさん、囀やの句に提案句ありがとうございます。
泣き黒子の取り合わせ面白いですね~
ただ、実景ではないので…どう取っていいのか😅花嫁姿の娘は本当に輝いていたんですよ✴
めいさんは、想像力豊かですね!
井戸を覗いた訳じゃなく、こんな句ができるのですね😵ほんの少し水があったのですね?素晴らしい✴
・七ミリの動脈瘤の破裂は一%
この前の報告です😓

それと、X先生の事読みました、私も同感です!俳句の先輩や今入ろうか迷っている結社の支部長の評判もたいして…代表句というものもないかと…
質問ですが、なおじいさんへのコメントで、期待が大き過ぎたってどういう意味でしょうか?
長くなりごめんなさい🙇

点数: 1

添削のお礼として、おかえさきさんの俳句の感想を書いてください >>

「井戸の底直径五ミリの初夏の空」の批評

回答者 笙染

句の評価:
★★★★★

めい様:
何時もお世話になっております。
御句  ’’井戸の底直径五ミリの初夏の空’’
とても発想ゆたかで素敵な句です。
私からは色々コメント出来る力はありませんが、凄く印象に残っています。
この様な句が出来る様になりたいと思います。
宜しくお願い致します。

笙染

点数: 1

添削のお礼として、笙染さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

星月夜地球の裏から君想う

作者名 夢谷幸作 回答数 : 1

投稿日時:

要望:褒めてください

迷う日々秋の雲の堂々たるや

作者名 詠Z藍 回答数 : 2

投稿日時:

盆過ぎてぽたりぽたりと蝉の腹

作者名 櫻井真由美 回答数 : 3

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『井戸の底直径五ミリの初夏の空』 作者: めい
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ