俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

鯉のぼりパクリ小鳥を呑み込みぬ

作者 もんこ  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

空に泳ぐ鯉のぼりが今、小鳥を飲み込んだように見える景です。
パクリは字合わせにいれたオノマトペですが、どうかな?もっと良い措辞があるかな?

宜しくお願い致します。

最新の添削

「鯉のぼりパクリ小鳥を呑み込みぬ」の批評

回答者 なおじい

もんこさん、こんにちは。
御句拝読しました。明るくて気持ちのいい句ですね!
実は我が家も鯉のぼりを出しているのですよ。我が家の前は保育園の園児の散歩コースになっていて、「あ、こいのぼりだ!」とか喜んでくれるから可愛くて。

さて御句、「パクリ」はとても面白いのですが、パクリだと、なんとなく、口に入った途端に口を閉じてしまいそうな気がします。
でも鯉のぼりは閉じないですよね。そこでこんなのを考えました。

・鯉のぼりゴクリと鳥を飲み込みぬ

すぐに、お尻から出て行きました。そうですよね(笑)?

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「鯉のぼりパクリ小鳥を呑み込みぬ」の批評

回答者 あらちゃん

句の評価:
★★★★★

もんこ様こんにちは。
句意は伝わってきます。
オノマトペを排して詠みました。

朝の靄小鳥飲み込む鯉のぼり

よろしくお願いいたします。

点数: 2

添削のお礼として、あらちゃんさんの俳句の感想を書いてください >>

「鯉のぼりパクリ小鳥を呑み込みぬ」の批評

回答者 めい

句の評価:
★★★★★

もんこ様。御句を拝読して、ほっこりしました。
俳句って、本来こういうものだと、思うのです。
文語をつかったり、謎解きみたいなものだったり、思わせぶりだったり意味不明だったり、それも、一興で、いいかもしれないけれど、こういう素直な日常の一コマは、本当に、ほっとします。
もんこ様、ありがとうございます。りの韻を踏まれていてよく、考えられた俳句です。このままいただきます。🙏🦋🌸🙋

点数: 1

添削のお礼として、めいさんの俳句の感想を書いてください >>

「鯉のぼりパクリ小鳥を呑み込みぬ」の批評

回答者 負乗

句の評価:
★★★★★

もんこ様、こんばんは🙂
コメントありがとうございます😉

花水木は、仰る通り『清廉潔白』で清らかですね。枝ぶりも、花も、透いていて、横に広がる感じで…
去年の自句ですが、
「行く道の白砂青松花みずき」
(街の通りのハナミズキを見て、『白砂青松』という言葉を思い出したんです…😅)

御句ですが、漫画チックで面白いと思います。
ただ、「小鳥」は、秋の季語なんですね…😄
秋の"小鳥"は、色彩豊かな"色鳥"なので、鯉のぼりの色とバッティングしますね…

"雀"でも、良いのでは…?(笑)
(ちなみに、"雀"は冬の季語らしいですが…)
「鯉のぼりパクリと雀呑み込めり」
とか…

宜しくお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、負乗さんの俳句の感想を書いてください >>

「鯉のぼりパクリ小鳥を呑み込みぬ」の批評

回答者 山口雀昭

句の評価:
★★★★★

もんこさま、初めまして。

御句、中7に苦労するところですよね?1字だけ直して見ました。

「鯉のぼりパクリと小鳥呑み込みて」如何でしょうか。  雀昭

点数: 1

添削のお礼として、山口雀昭さんの俳句の感想を書いてください >>

「鯉のぼりパクリ小鳥を呑み込みぬ」の批評

回答者 竜子

句の評価:
★★★★★

もんこ様 こんばんは
お世話になります。
御句
鯉のぼりの中に鳥が入ってということですね。面白い光景ですね。
そらに泳ぐ鯉のぼりがよく見えますね。
まったく違う型の句になりますが、
鯉のぼりお腹に鳥はかくれんぼ
こんな風に詠んでみました。
よろしくお願いします。

点数: 0

添削のお礼として、竜子さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

垣ごしの声は艶やか柿若葉

作者名 いなだはまち 回答数 : 7

投稿日時:

寒風にお祈りメールじっと見る

作者名 森本可南 回答数 : 0

投稿日時:

青光の湖畔見下げし氷柱の音

作者名 和光 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『鯉のぼりパクリ小鳥を呑み込みぬ』 作者: もんこ
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ