俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

草叢に小さい宇宙や蒲公英

作者 こま爺  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

蒲公英を見たときの率直な気持ちです。こんなところにも一つの平和な世界が。

最新の添削

「草叢に小さい宇宙や蒲公英」の批評

回答者 長谷機械児

こんにちは。

こんなのは如何でしょう?

 道の辺に蒲公英といふ小宇宙

・「宇宙」を発見する場所としては「草叢」よりももっと何気ない場所がいいのではないかと、「道の辺」に。
・素直な発見の句というものは、別に破調を試みなくても良いように思い、五七五の定型に。
・多数の小さな花が集まって一つ花の形を作る、というのはタンポポに限ったことではない(アザミとかシロツメクサとか)ものの、その後の球状の綿毛の姿など想像すると、タンポポという植物に対する「宇宙」という把握は悪くないと思いました。が…、

「タンポポ 宇宙 俳句」とgoogleで検索すると、NHK俳句(2019/04/07放送)の特選句が見つかったりして、「蒲公英」×「宇宙」は既に先行句のある組み合わせ。もうちょっと工夫が要るのかな、とは思います。

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、長谷機械児さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「草叢に小さい宇宙や蒲公英」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
いつも勉強させていただいています。

御句。今回に584は口に出してみると少しつまる調べなのに、内容は壮大で、心情と調べがマッチしないかもしれませんね。調べを崩して内容とぴたりと来るときもありますし難しいですよね。

草叢に、という場所が限定されたことで、初めから小さい場所にある宇宙と限定されたことも少し気になります。意外な場所なら別ですが、草叢なら、そうだよなあ、となる五音となりそう。
ここでこそ、私はそう感じるけど、みなさんはそう思いませんか?と提示する、かな、が効きそうな気がしますがいかがでしょうか。

たんぽぽのむれて小さき宇宙かな
たんぽぽの満ちて小さき宇宙かな

実際の景を見たら動詞はかわるかもしれません。
こま爺さんのこまやかな優しい視線で、やさしい句をまた見せてくださいませ。

点数: 3

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

「草叢に小さい宇宙や蒲公英」の批評

回答者 めい

句の評価:
★★★★★

こまじいさま。お世話になっております。
御句拝読いたしました。
叢、蒲公英は、季語ですが、蒲公英のほうが強
いと思われたのですね。中七が中八になって
下五が下四になっているのは?
何かの狙いですか?トータル17音にする為ですか?調べが、悪く感じるのは、私だけでしょうか?それとも宇宙は、そらと読むのでしょうか?
そうだとしても、やはり、調べが悪い感じです。
小宇宙は、人間の脳、または、身体全体にいえる
構造。私は、薔薇にも感じてしまいます。
何が言いたいのかというと、◯◯に小さな宇宙を感じたという発想は、使い古されているよということです。
一見壮大ですが、薄っぺらさを感じてしまうんです。身震いするような感動を感じないのです。
私見ですから、また、新人が、あほらしいことゆうてるでーと思ってくださいませ🙇

点数: 1

添削のお礼として、めいさんの俳句の感想を書いてください >>

「草叢に小さい宇宙や蒲公英」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

書き忘れていました。
廃園の木馬に薄のふわふわ
は、584として読みませんでした。
9、8の句跨りのリズムで、寂れた景色から着地のやさしさへ対比が効いてると感じました。
本句は、やはり584に読んでしまうからか、読み淀むのかもしれません。
再訪失礼しました。

点数: 1

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

「草叢に小さい宇宙や蒲公英」の批評

回答者 竜子

句の評価:
★★★★★

こま爺様 こんにちは
お世話になります。
小さい宇宙は佳いと思いました。
ただ中七のやは音数合わせな感じを受けました。リズムがどうかなと思いました。
語順を変えて
蒲公英の中の宇宙や草の中
下手ですが、こんな感じはどうでしょか?
よろしくお願いいたします。

点数: 0

添削のお礼として、竜子さんの俳句の感想を書いてください >>

「草叢に小さい宇宙や蒲公英」の批評

回答者 感じ

句の評価:
★★★★★

こんにちは🌞お世話になります。
コメントありがとうございます。
さて、蒲公英の子季語に「鼓草」(つづみぐさ)があります。
・草叢に小さき宇宙や鼓草(小さき=ちさき)
「蒲公英」にごだわりがありましたら、ご容赦を。
宜しくお願いします。

点数: 0

添削のお礼として、感じさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

ふるさとの小包とどく十二月

作者名 佐渡 回答数 : 3

投稿日時:

菜の花の全身からの幸福感

作者名 森本可南 回答数 : 8

投稿日時:

シャッターの連写の音やつばくらめ

作者名 いなだはまち 回答数 : 15

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『草叢に小さい宇宙や蒲公英』 作者: こま爺
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ