俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

春の日の鳥の呼吸を見つめをり

作者 もんこ  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

名前はわかりませんが、ベランダに来る鳥をただじっと見ています。
私と同じ肺呼吸、こんなに小さな体で大空を飛ぶのに息切れはしないのだろうか?
鳥の肺の力を真似てみたい。

最新の添削

「春の日の鳥の呼吸を見つめをり」の批評

回答者 こま爺

こんばんは。

鳥の呼吸を見つめるがいいですね。鳥の呼吸という目前の事物を詳細に観察し、ご自身の振る舞いも客観的に描き込んでいらっしゃいます。鳥という小さな生き物への慈しみの感情も滲み出ています。

とても良い句と思います。今後ともよろしく。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、こま爺さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「春の日の鳥の呼吸を見つめをり」の批評

回答者 感じ

句の評価:
★★★★★

こんにちは😃お世話になります。
体調どうでしょうか。予後良好であること祈ります。
さて、御句。
「見つめをり」に感情が入りすぎているように思います。
やはり、「客観写生」で。
・春の日や鳥の呼吸は膨らみつ
鳥が呼吸しているのは、膨らみしぼみかと。
追伸、私も不安障害的で。
吟行に行きたくても、バスなどひとりで乗れません(⌒-⌒; )。自律神経系の異常ですから、常に呼吸は苦しいでーす。
・肺胞のひとつひとつを秋の風/感じ
それでは、早く回復されることを。

点数: 1

添削のお礼として、感じさんの俳句の感想を書いてください >>

「春の日の鳥の呼吸を見つめをり」の批評

回答者 めい

句の評価:
★★★★★

もんこ様。わかります。呼吸の仕方わからなくなるんですよね。すごく、苦しいですよね。
肺に空気が充分入ってない感じ。
好きな歌もハァハァ息切れしながら、歌ったり。
そんなとき、全集中が、できたらなあと思います。時の総理も使っていましたよね。

▪春の日の鳥の呼吸の全集中

私も失っても失っても立ち上がって生きて行くと決めています。
もんこ様、一緒に踏ん張りましょう。

点数: 1

添削のお礼として、めいさんの俳句の感想を書いてください >>

「春の日の鳥の呼吸を見つめをり」の批評

回答者 竜子

句の評価:
★★★★★

もんこ様 こんばんは
お世話になります。
御句
鳥のしぐさを細かく観察されてていいですね。
提案してみます。
春の空腹の膨む鳥の息
呼吸は複式呼吸が良いようです。
呼吸により自律神経を調節できるようですよ。
よろしくお願いいたします。

点数: 1

添削のお礼として、竜子さんの俳句の感想を書いてください >>

「春の日の鳥の呼吸を見つめをり」の批評

回答者 感じ

句の評価:
★★★★★

再訪です。
拙句「ゴミ箱」に鑑賞文頂きありがとうございます。
でも、あれ、やはり「ゴミ箱」と言うのは無理がありましたよ^_^。
さて、
「膨らみつ」
・まず、鳥が呼吸する際の胸の膨らみ、しぼみをいったものです。
・「つ」は「ぬ」と同じ完了を表します。
「ぬ」でもよかったのですが、「つ」の方が、
「〜しつつ」と「つつ」という「継続」を連想させるのではないかと咄嗟に思い「ふらみ、しぼみ、ふくらみ、、」、「つ」を選びました。
「つ」は「完了」を表します。下二段「て、て、つ、つる、つれ、てよ」。
宜しくお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、感じさんの俳句の感想を書いてください >>

「春の日の鳥の呼吸を見つめをり」の批評

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

もんこさん、こんにちは。
御句拝読しました。ご体調、その後いかがでしょうか。このところ、風がとても強くて気温も低く、冬に逆戻りのようですね。明日は私たちのグループが企画運営する桜まつりがあるのですが、どうなることやら。

御句、ちょっと読み替えをさせていただきました。こんなのもありかと。

・息遣ひ真似をさせてよ春の鳥
・真似したきその息遣ひ春の鳥

私は輪投げとビンゴゲームの担当ですが、果たして人が集まるでしょうか?

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

「春の日の鳥の呼吸を見つめをり」の批評

回答者 感じ

句の評価:
★★★★★

再訪です。
誤解があります。
要点だけ。
「膨らみつ」
「膨らむ」の連用形「膨らみ」に、
【完了】の「つ」が接続したものです。
「つ」に、「、、しつつ」という「反復、継続」の意味はありません。
宜しくお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、感じさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

秋鯖や越前焼の皿ふたつ

作者名 佐渡 回答数 : 5

投稿日時:

喧噪にバラード混じる盛夏かな

作者名 しゅうこう 回答数 : 3

投稿日時:

軒下の錆れた風鈴鳴り響く

作者名 黒徹 回答数 : 4

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『春の日の鳥の呼吸を見つめをり』 作者: もんこ
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ