俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

花の雨畦ゆく妻に感謝かな

作者 白井百合子  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

前に作った代掻きてともに晩酌田はひとり
のところもあるけど雨の時二人で田に出ているのでああ悪い句を
作ってしまったと反省
作り変えました。添削お願いします。

最新の添削

「花の雨畦ゆく妻に感謝かな」の批評

回答者 腹井壮

白井百合子さん、こんばんわ。いつもコメント有り難うございます。

答えはかなり近かったですね。うなじのすぐ下にある背中です。うなじでも悪くないのですが「背中が語る」という表現があるようにこの句の場合は背中を嵌めて読者に想像を促したほうが正解と思います。
かぬまっこさんが本をお勧めしていましたが自分の場合は物覚えが悪く初心者向けの本を概ね理解するのに10ヶ月ほどかかりました。初心者向けの本の内容がチンプンカンプンのうちは俳句らしい句を詠むまでに至りません。

点数: 0

添削のお礼として、腹井壮さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「花の雨畦ゆく妻に感謝かな」の批評

回答者 腹井壮

生まれ変わったら白井百合子さんと結婚したい腹胃壮です。こんばんわ。いつもコメント有り難うございます。

この句は惜しいですね。最後の最後で「感謝かな」では読者に影像が伝わらなくなります。ヒントを差し上げます。「感謝」の代わりに体の一部を嵌めて下さい。俳句以外にも何かを想像させる場合によく使われていますよ。

点数: 1

添削のお礼として、腹井壮さんの俳句の感想を書いてください >>

「花の雨畦ゆく妻に感謝かな」の批評

回答者 かぬまっこ

今晩は✨季語は花の雨。桜の咲いている頃の雨、情緒のある雨。桜が散ってしまう✨妻への感謝との取り合わせはどんなものかと思います。俳句では感謝といった言葉は使わず映像にします。
しかし、なぜ感謝なのかこの句からは分かりません😅共に農作業をしているからなのか…。

🔷畦道の妻の吐息や花の雨

苦し紛れの添削です。(*^^*)別の句になっていますね😅だいたい夫が妻と詠めば感謝の気持ちは入っているのかなと思います。
妻の吐息意味深❗

点数: 1

添削のお礼として、かぬまっこさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

目が痒いけれど眺むる桜かな

作者名 なおじい 回答数 : 13

投稿日時:

買物のメモに書き足す芋焼酎

作者名 久田しげき 回答数 : 1

投稿日時:

パープルヘイズ爆裂ファズの春月夜

作者名 三角すい 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『花の雨畦ゆく妻に感謝かな』 作者: 白井百合子
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ