俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

白菜に見ゆ結晶はノスタルジ

作者 よした 山月  投稿日

要望:厳しくしてください

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

よろしくお願いいたします。

昔の食卓でよく見かけた、味の素。
良い悪いは別として
日本の発展や躍進の小さな証として
個々の家庭にもあったのかななどと…

祖母がかけている姿が想いおこされ、懐かしくなります。

化調振る白菜漬に見ゆ昭和
がストレートに伝わるのかなと考えましたが、略語がよいのかわからず、最終的に上としました。

最新の添削

「白菜に見ゆ結晶はノスタルジ」の批評

回答者 なおじい

よした 山月さん、こんにちは。御句の感想を置かせていただきます。

多くの方々の実に的確なコメントが出ており、もはや私の出る幕でもないような気がしますが、それではつまらないのであえてお伝えします。

御句、よしたさんのおっしゃりたいことはわかるのです。私も漬け物に味の素を思い切り振りかけて、妻に呆れた顔をされます。でも美味しいですよね。それに微妙なシャリシャリ感も加わって、風味が増します。
それはわかるのですが、御句の残念な点をお伝えします。
まず、これはすでに出ていますが、白菜の句ではなく味の素の句になってしまっている、ということです。言い換えれば、季語の白菜だけでは力不足なので他の力を借りたということになり、俳句の方向性とは逆を行っています。これはあまり評価されるとは思えません。
次に、味の素を詠むなら素直におっしゃればいいのに、「白菜に見ゆ結晶」と、なんか気取っておられます。気取るだけならいいですが、意味がわかりません。
さらに、「ノスタルジ」と。他の方からもありますが、懐かしやと言わずに懐かしさを、ノスタルジーと言わずにノスタルジーを表したいです。それが難しければ、そうした感情を出さないことです。

厳しくしてくださいとのことで遠慮なく言わせていただきましたが、連続してご投句なさる意欲と、返礼コメントも欠かさない真摯なご姿勢には敬服します。

最後に、よしたさん初め皆さんの裏を行く私の提案句です。

・調味料要らぬ祖母の白菜漬

句の評価:
★★★★★

点数: 2

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「白菜に見ゆ結晶はノスタルジ」の批評

回答者 小西晴菜

句の評価:
★★★★★

よした山月さま。いつも楽しく拝読させていただいております。
私もまだまだ初心者で、添削·批評などできませんが、疑問に感じたことをお伝えします。
御句は、白菜を通して「懐かしさ」を表そうとしておられるのですよね。だから下五「ノスタルジ」とされたんですよね。でも、コメントを拝読すると「味の素」「祖母」「昭和」と、読み手に懐かしさを想起させる具体的な言葉が三つもあるのに、句にはひとつも使っておられません。
私なんか単純なので、「白菜や昭和の祖母の味の素」と羅列してあるだけで、「うわ〜懐かしい、おばあちゃんのお漬物が食べたいよ〜」とウルウルしてしまいます。なぜこういった語を避けられるのかな?と疑問を感じました。
的外れな指摘であれば申し訳ありません。

点数: 3

添削のお礼として、小西晴菜さんの俳句の感想を書いてください >>

「白菜に見ゆ結晶はノスタルジ」の批評

回答者 かぬまっこ

句の評価:
★★★★★

今晩は(*^^*)

こんなのはどうでしょうか❔

懐かしや白菜に白き結晶

しかしながら、「懐かしや」が安易ですね。「懐かし」と書かずに懐かしさを出すのが良い句なのです。

点数: 1

添削のお礼として、かぬまっこさんの俳句の感想を書いてください >>

「白菜に見ゆ結晶はノスタルジ」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
いつも勉強させていただいています。

中七の「見ゆ」は不要かもしれませんね。見えるので句にしていると考えると、見えるとか見るとかいう言葉は省ける動詞と考えていいかもです。
「結晶」はちょっと味の素とはわかりませんでしたね。
白菜に味の結晶ひかりをり
なつかしい、は捨ててしまいました<(_ _)>

点数: 1

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

「白菜に見ゆ結晶はノスタルジ」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

おはようございます。

◆「見ゆ」は省略できそうです。省略しないにしても、あまり動詞として生きていませんね。
 ところでこの句とコメントの句とで気になるのですが、「見る」と「見ゆ」をごっちゃにして使っていませんか?「見ゆ」は口語では「見える」です。
◆「結晶」何のことがわかりませんでした。何かの比喩かと思っていましたが、まさか味の素でしたか・・・
◆コメントからも「白菜」の句ではなく「味の素」の句ですね。
◆今目の前にある白菜はどういう状況なのでしょうか?単に記憶のことならば現在形で詠んだ方がいいですね。
 作者が「なつかしい」と言うのはいいのですが、受け手に「なつかしさ」を感じさせてこその詩ですね。

・白菜になつかしき味つけられて

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

薄物と冬物混ざり服売り場

作者名 洋子 回答数 : 3

投稿日時:

灯台へのぼりてみれば若葉潮

作者名 久田しげき 回答数 : 1

投稿日時:

空蝉になりそこないし重みかな

作者名 鳥越暁 回答数 : 4

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『白菜に見ゆ結晶はノスタルジ』 作者: よした 山月
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ