俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

天国と地獄の流る運動会

作者 中村あつこ  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

 運動会の最後の競技は対抗リレーで、その時流れる音楽は必ず「天国と地獄」でした。子供の頃はかけっこの曲と思ってましたから、聴くと運動会を思い出します。

最新の添削

「天国と地獄の流る運動会」の批評

回答者 なおじい

あつこんさん、こんにちは。
御句を拝読して思ったことは二点。
「流る」もいいですけど「流るる」もいいですよ、ということと、「天国と地獄」って、まさに子どもたち/昔の私たちにとっての運動会そのものですよね、ということです。
それをお伝えしようと思って他の方のコメントを見たら、げばさんがもう、これ以上ないという形でコメントしている。しかも、私も書こうと思っていた、他の運動会の曲まで。

「もうこれ以上言うことありませんよ」と去ろうと思います。
いつもは、それでは悔しいのでと(笑)、さらに私も重複覚悟でコメントしたり、提案句を置かせていただくのですが、今回はさすがに言うことありません。
また寄せていただきます。

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「天国と地獄の流る運動会」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
いつも勉強させていただいています。

御句、そうですよねー、運動会の曲YouTubeで聞いてて、うちは天国と地獄かクシコスポストか道化師のギャロップか剣の舞かトリッチトラッチポルカかトランペット吹きの休日でしたね、なんか聞くと泣けてくる。学校の先生も選曲って決まっているのかな。

ということで共感の句だと思います(^▽^)/
流るは終止形で中七が切れる形にするか、
天国と地獄流るる運動会
と繋ぐのもありと思います。

このサイトでも運動会は悲喜こもごものようなので、こう置いてみます。

天国と地獄ひろがる運動会

点数: 1

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

長きこと一人暮らしや春炬燵

作者名 あらちゃん 回答数 : 2

投稿日時:

梅東風や素早く散りぬ小魚よ

作者名 久田しげき 回答数 : 0

投稿日時:

寿ぎし匂い微かな七日かな

作者名 気まぐれ亭いるか 回答数 : 8

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『天国と地獄の流る運動会』 作者: 中村あつこ
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ