俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

雪が満ち忘れらるるかあなたの手

作者 けんたうろす  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

この冬に初めて東北の豪雪地帯に短期滞在しました。

そこで色々な方と出会い、助けたり、助けてもらったりしました。

その時のことを思い、稚拙な歌ながらしたためてみました。

初投稿です。

最新の添削

「雪が満ち忘れらるるかあなたの手」の批評

回答者 なおじい

けんたうろすさん、こんにちは。初めまして。
御句拝読しました。いいご体験をなさいましたねー。うらやましくさえ思います。そのお気持ちが、俳句で伝わるといいですね。

初めてのご投句とのこと、あまりごちゃごちゃ言わないで欲しいという方もいらっしゃいますが、ここは添削道場という立て付けですので、色々お伝えしますのでよろしくお願いします。

御句、三点気になりました。
一点目、「雪が満ち」という措辞です。雪は降るとか積もる、あるいは溶けるとかは聞きますが、満ちるとは初めて聞きましたので、どのように捉えようかと悩んでいます。

二点目、「忘れらるるか」です。これは、「忘れるものか」という意味でしょうか?コメントからするとそのような感じですが、「忘れることができるだろうか」と読めてしまうかもしれません。「忘れることができるだろうか、いやできない」と、反語のように詠んでもらえればいいですが、「忘れようとしている」と思われたら、違いますよね。

三点目、「あなたの手」です。けんたうろすさんは、多くの人々との出会い、ふれあいに感謝の念をお持ちですよね。しかしこの措辞では、単に恋人ひとりだけのことを思っているように読めます。恋の句ならそれでいいですけど、そうではないですよね?

そこで提案句です。

・雪国の出会いに感謝忘れまじ
・雪の中忘るものかは助けの手
・雪国や助けられたり助けたり
・出会いたる人みな感謝春の雪
・雪深くひとの心は温かき

どれか一つでも、けんたうろすさんのお気持ちに近いものがあれば幸甚です。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「雪が満ち忘れらるるかあなたの手」の批評

回答者 こま爺

句の評価:
★★★★★

こんばんは。

さっそくながら、俳句は、詠み手は事柄、情景を描写することに専念し、心のうちを自ら明かすことはしません。それは読者に想像してもらうものです。

忘れられないという切なさはひとまずおいといて、
「雪の中交わす握手の温もりよ」

ご参考迄に。

点数: 0

添削のお礼として、こま爺さんの俳句の感想を書いてください >>

「雪が満ち忘れらるるかあなたの手」の批評

回答者 竜子

句の評価:
★★★★★

けんたうろす様 こんにちは
初めましてよろしくお願いいたします。
貴重な体験をなされましたね。その気持ちを俳句で遺すことは良いと思います。
提案句です。
大雪や手の温もりを忘れざる
上手くありませんが、よろしくお願いします

点数: 0

添削のお礼として、竜子さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

青嵐シャツ丸くして夫の背

作者名 しお胡椒 回答数 : 1

投稿日時:

要望:厳しくしてください

炎帝や9回代打アナウンス

作者名 あああFC 回答数 : 2

投稿日時:

獺祭や記念硬貨の並び方

作者名 鬼胡桃 回答数 : 5

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『雪が満ち忘れらるるかあなたの手』 作者: けんたうろす
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ