俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

冷えこみの酷さに猫と炬燵守

作者 秋恵  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

降ったり止んだりの雪❄
炬燵から出ると手がかじかんで冷たくて、こんな冷えこみは初めてです!

最新の添削

「冷えこみの酷さに猫と炬燵守」の批評

回答者 なおじい

秋恵さん、こんにちは。
御句拝読しました。暖まるには足元を暖かくするのが一番!それには炬燵は最適ですね!
そのかわり肩が冷えたりするので気をつけてくださいね。

さて御句、前半が説明とかはもうすでに皆さんがおっしゃっていますね。

・まるくなる猫と炬燵にまるくなる

なんていうのを提案句として考えていましたが、歳時記を見ていたら、面白い季語を見つけました。「炬燵」だけで冬の季語ですが、「炬燵猫」という季語もあるようです。それで一つ考えました。

・吾の横にいつの間にやら炬燵猫

うーん、いまいちですが、「炬燵猫」のご紹介という意味で置かせていただきます。

句の評価:
★★★★★

点数: 2

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「冷えこみの酷さに猫と炬燵守」の批評

回答者 気まぐれ亭いるか

句の評価:
★★★★★

こんにちは
寒さがいよいよ厳しくなってきましたね
九州でも雪がちらついてうちの猫ちゃんも暖房器具の近くに陣取ってます(笑

さて、本句について前半が説明になっているのは皆さんおっしゃられてますね
猫と季語の炬燵で私もひとつ
 猫と守る炬燵戦線異状なし
これからもよろしくお願いします

点数: 2

添削のお礼として、気まぐれ亭いるかさんの俳句の感想を書いてください >>

「冷えこみの酷さに猫と炬燵守」の批評

回答者 竜子

句の評価:
★★★★★

秋恵様 おはようございます。
お世話になります。
急に寒くなりましたね。
私もこたつから出れません。
御句
冷えこみの上五は説明でしょうか。人様のことは言えない私もよくやってしまいいます。
提案句です。
どっぷりと猫と一緒の炬燵かな
よろしくお願いいたします。

点数: 2

添削のお礼として、竜子さんの俳句の感想を書いてください >>

「冷えこみの酷さに猫と炬燵守」の批評

回答者 めい

句の評価:
★★★★★

秋絵さま。こんにちは。
にゃんこいるんですか?
いいですね〜。すごくすごく羨ましい〜。

提案句考えてました。
▪凍てつくや猫と炬燵で暖をとる
よければ、にゃんこさんの柄、教えて下さいませ。😺
また、よろしくお願いいたします。

点数: 1

添削のお礼として、めいさんの俳句の感想を書いてください >>

「冷えこみの酷さに猫と炬燵守」の批評

回答者 めい

句の評価:
★★★★★

秋恵さま。漢字まちがえてごめんなさい。気を付けます。🙇
猫ちゃんの、お名前は?教えてもらっていいですか?
また、作句しました。
見てもらうだけでいいです。

▪凍てる朝炬燵の猫に顔寄せる

また、よろしくお願いします

点数: 1

添削のお礼として、めいさんの俳句の感想を書いてください >>

「冷えこみの酷さに猫と炬燵守」の批評

回答者 めい

句の評価:
★★★★★

再訪、すみません。
もう、興奮です。 
むすめちゃん。白、黒。
もう、興味津々です。

▪愛娘思春期はまだ冬うらら

点数: 1

添削のお礼として、めいさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

印台をいくどと回し秋灯下

作者名 久田しげき 回答数 : 0

投稿日時:

銭湯の帰路に燈灯のおでんかな

作者名 ドキ子 回答数 : 5

投稿日時:

萩色の裾の捌きや秋涼し

作者名 コウ 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『冷えこみの酷さに猫と炬燵守』 作者: 秋恵
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ