俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

煮大根三日三晩の蕩け味

作者 04422  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

おろしでもサラダでもおでんでも煮大根でも大根大好きです。煮込んで煮込むほどに口の中で蕩ける味は又格別です。三日三晩今からの時期は腐りません(ただし、冷えたら冷蔵庫で次食べるまでは保存)煮直して…

最新の添削

煮大根三日三晩の長湯かな

回答者 丼上秋葵

おはようございます。
今日は公休、これから二度寝の、
おくらです。

拙句「ベンチ」の句に、ご批評を賜り、ありがとうございます!

◆日向ぼこベンチに夢の多かりし/千日草様

提案句は、私の個人的な逸話の背景を汲み取って下さったものと受け止めましたが、一読すると、【ベンチで日向ぼこしながら寝てる人が多い】になってしまう気がします💦

まぁ、それはそれで、気持ちよさそう、かつ、微笑ましい情景ではあるのですが、詠み手の前に存在する【数多のベンチで人が寝ている】という光景は、やや不思議な感じがしなくもないです。上野公園のホームレスを思い浮かべてしまいました💦

「ベンチ」は意外と色んな素材で作ってありますよ! 新規デートコースを開拓するため、数多の公園、美術館・博物館、寺社仏閣をうろうろしてきた、私の経験上、間違いないです。プラスチック、石、ステンレス等等。

その中でも、冬の弱い日差しを蓄え、ほんのりと温かさを湛えている「木のベンチ」は、一人で見かけても、なんとなく「座って、ちょっと休んでいかれてはいかかがしら?」と誘われている気になります。

恐縮ながら、御句に感想を述べさせていただきます。

大根てなんて美味しいんでしょうね! 煮大根も、おでんも、大根おろしも、浅漬けも好きですが、大好きだった祖母がいつも作ってくれた細切り大根の味噌汁が一番好きでした。

御句は、よく煮てほろほろに「蕩け」た「煮大根」を、「三日三晩」かけて、余すところなく味わってやろうという、詠み手の大好物に対する感動と喜びが、旨味のある出汁のようにじわじわと滲み出しています。いい味出しています!

個人的には、美味しい「煮大根」は、あまり硬いままというイメージがないので、美味しさの根元である「蕩け味」というやや説明的な座五は、読み手の想像に委ねた方がよいのではなかろうか、と考えての、私の提案句です。

「三日三晩の蕩け味」としてしまうと、【三日三晩煮続けて、初めて口にした煮大根】という句意にも、受け取られかねませんしね💦

◆煮大根三日三晩の長湯かな

どちらかというと「煮大根」側の視点に立った拙句です。擬人化が含まれるので、賛否両論はあると思います。

冷蔵庫と熱々のお風呂を「三日三晩」も行ったり来たりする「煮大根」は、何時間もかけて、サウナや水風呂、露天風呂を楽しみながら心身をととのえるおっさんをも彷彿とさせてしまうのがなんだかなー、といった感じですけれども💦

【「長湯」を楽しみ「蕩け」そうな「煮大根」の気持ちと、その「煮大根」の「蕩け味」を「長湯」のごとく楽しむ詠み手の気持ち】を、上手く重ねることができたのではないか、と、自分では思っているのですが、いかがでしょうか?

少しでもご参考になれば、幸いです。

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、丼上秋葵さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

初霜に山は錦のほうかむり

作者名 菊花 回答数 : 3

投稿日時:

木漏れ日を掬ひてゆるる泉かな

作者名 かぬまっこ 回答数 : 21

投稿日時:

梔子や遺書なく死せし祖父の部屋

作者名 つちや郷里 回答数 : 7

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『煮大根三日三晩の蕩け味』 作者: 04422
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ