俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

人類をふわりと護る卵酒

作者 こま爺  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

健康な人が患者の場合は、タミフルよりも「卵酒を飲んで寝る」がよいとの説も。

最新の添削

「人類をふわりと護る卵酒」の批評

回答者 竜子

こま爺様 おはようございます。
お世話になります。
拙句の饒舌のコメントありがとうございます。
皆様からご指摘いただき勉強になりました。といいつつまた説明的句を載せました。
始めたころがこの説明的が抜けません。
これからもご指導よろしくお願いいたします。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、竜子さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「人類をふわりと護る卵酒」の批評

回答者 めい

句の評価:
★★★★★

こまじいさま。いつもありがとうございます。
タオル冗長でしたか。
ただ、タ行の韻を踏みたかっただけなんです。

さて、御句拝読。
人類というと、なんだか、地球規模ですね。たかが玉子酒されど玉子酒ですね。

▪我が家だけ玉子酒教信者なり

また、よろしくお願いいたします。

点数: 2

添削のお礼として、めいさんの俳句の感想を書いてください >>

「人類をふわりと護る卵酒」の批評

回答者 あらちゃん

句の評価:
★★★★★

こま爺様こんにちは。
お世話になっております。
拙句にコメントありがとうございました。

御句拝読しました。第一印象は大体竜子様と同じです。
ご提案いたします。

一昨日も昨日も今日も卵酒

点数: 1

添削のお礼として、あらちゃんさんの俳句の感想を書いてください >>

「人類をふわりと護る卵酒」の批評

回答者 気まぐれ亭

句の評価:
★★★★★

こんにちは
拙句へのコメントありがとうございました
二動詞の件はぼんやり気になっていたところなので、ご指摘いただきすっきりしました
勉強になります

本句ですが確かに「人類」は大袈裟な表現のようにも見えますが、個人的にはそこに面白さ、味があるように感じました
このままいただきます
これからもよろしくお願いします

点数: 1

添削のお礼として、気まぐれ亭さんの俳句の感想を書いてください >>

「人類をふわりと護る卵酒」の批評

回答者 白川三春

句の評価:
★★★★★

私の句の添削の方、ありがとうございました。
主題となる語を表現していかないと俳句にならないという指摘は大変勉強になりました。
そういう意味では、この句からも、こま爺様の創作の基本的な姿勢が感じ取れて、良いなと思いました。
卵酒をメインに据える表現は確かであり、初句でバンと提示された世界の広さが、キュッと個人の手元にまで収縮する視点のダイナミズムが素晴らしいですね。
「ふわりと護る」という表現も、玉子酒の持つ印象の要素をポジティブかつやわらかくあらわしていて、過不足ないように思えます。
卵酒って「たいして効かないもの」の代名詞で登場することも多いので、ポジティブなイメージで使うとほっこりしていいですよね。

点数: 1

添削のお礼として、白川三春さんの俳句の感想を書いてください >>

「人類をふわりと護る卵酒」の批評

回答者 竜子

句の評価:
★★★★★

こま爺様 おはようございます。
お世話になります。
そんな都市伝説があるんですか?タミフルの方が良いと思いますけれど・・・
御句
人類はおおげさだと思いました。それとふわりもピンときませんでした。
提案句です。
卵酒病(やまい)に良いと母の言ふ
身近な事の方がいいような・・・
それと
下り来ぬべくもあらぬ
姨捨の故事でしょうか?
ネットで検索して知りました。
こちらもよくわかりませんでした。
松尾芭蕉は「俳諧は三尺の童にさせよ」と言ったとか
大先輩に生意気言って申し訳ありませんでした。
これからもご指導よろしくお願いいたします。

点数: 0

添削のお礼として、竜子さんの俳句の感想を書いてください >>

「人類をふわりと護る卵酒」の批評

回答者 竜子

句の評価:
★★★★★

こま爺様  再訪です。
拙句の宵からのコメントありがとうございます。
「取り合わせの句とは、季語 とそれ以外の部分の描写が遠からず近からず響き合うというものですが、御句には残念ながらその響き合うものは何かが、私には読みとれないです。そこで季語を冬時雨とし、中七はその季語にまつわる描写をする句として推敲させてもらいました。」と仰っておられますが。
前に「この土手登るべからず啄木忌」を言いあてられたこま爺様は土手と啄木忌の響きをどのようにとらえておられたのでしょうか?
泉の底に一本の匙夏了る 飯島晴子
血を喀いて目玉の乾く油照り  石原八束
これは藤田湘子が季語は離して使うと解説した中で
上五中七と季語と間になんの脈絡もないようでありながら響きを感ずると述べています。

ご提案の雨と時雨は同じことを詠んだ句と思います。
言ってみれば上五中七の措辞を冬時雨と説明している過ぎないと思います。
これでは取り合わせでなく一物ではと・・・
拙句の雨とたまご酒はなんの脈絡もありませんが、冷たい雨と温かいたまご酒を対比して詠んだ句でした。
よろしくお願いします。

点数: 0

添削のお礼として、竜子さんの俳句の感想を書いてください >>

「人類をふわりと護る卵酒」の批評

回答者 竜子

句の評価:
★★★★★

こま爺様 こんにちは
お世話になります。
私は、インフルになったらタミフルの飲みます。ネットのうわさ的な情報はあまり信じません。
こま爺様まさかコロナは誰かの陰謀などと信じていませんよね。
よろしくお願いします。

点数: 0

添削のお礼として、竜子さんの俳句の感想を書いてください >>

「人類をふわりと護る卵酒」の批評

回答者 気まぐれ亭

句の評価:
★★★★★

こんにちは
拙句へのコメントならびに取り合わせのコツの情報についてありがとうございました
どうしても兼題や季語から構築しがちなのが悪癖ですね
日々の出来事・エピソードにも気を使ってみます

お礼だけになりましたが今度ともよろしくお願いします

点数: 0

添削のお礼として、気まぐれ亭さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

キャッシュレスの決済音やしゃぼん玉

作者名 春野ぷりん 回答数 : 1

投稿日時:

向日葵を籠に入れる子自慢顔

作者名 孫春艶 回答数 : 1

投稿日時:

山小屋の定番メニュのカレーかな

作者名 佐渡 回答数 : 3

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『人類をふわりと護る卵酒』 作者: こま爺
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ