俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

虫の夜の防災倉庫閉ぢしまま

作者 卓鐘  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

僕も自戒としてN俳没句載せておこ。
自己反省としては、取り合わせ事態は多分悪くないものの、「閉ぢしまま」と言ったところで、そこに詩的な広がりはないなぁと。サンドバッグお願いします^^

最新の添削

「虫の夜の防災倉庫閉ぢしまま」の批評

回答者 なおじい

卓鐘さん、こんにちは。
少しご無沙汰しました。N俳のこと有難うございます。励みになります。

また、投句の際の心得等、適切なアドバイスを有難うございました。
私は俳句を始めた頃は一ヶ所だけにしか投句していませんでしたが、最近は色々なところに手を出しているので、パソコンで管理しています(笑)。でないと訳がわからなくなってしまいます。
二重投句は気をつけないといけませんね。故意でなくても、してしまう恐れあり。
もっとも、誤って二重に投句してしまっても、どちらもボツになれば問題ないのですが、そういう時に限ってどちらも入選したりしたら?とか思うと(笑)・・・対応に追われます。

さて御句拝読しました。「虫の夜」と「防災倉庫」、それも「閉じたまま」。いいですねー。平和と安寧がヒシヒシと感じられます。この取り合わせはさすがだと思います。

ただ、気になりましたのは、すでに皆さんから出ていますが、「虫の夜」と「夜」まで入れなくてもいいのではないかという点と、あと、原句では、「作者が防災倉庫を閉じて開けないようにしているように読まれはしないか?」という危惧です。

そこで僭越ですが、こんなのもありかと置かせていただきます。

・鍵錆びし防災倉庫虫の声

またよろしくお願いします。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「虫の夜の防災倉庫閉ぢしまま」の批評

回答者 葉月庵郁斗

句の評価:
★★★★★

テールランプ句コメントありがとうございました。最近は
12音で物語を作りる+季語=ひとつのストーリーを完成させる句作に
チャレンジしてます。
一年間ずっと佳作の方もいらっしゃるので
なんとかすき間狙いたいですね(笑)
御句防災倉庫の7音の句材はいいので
ゆるぎないですね。
虫の夜やで切って防災倉庫を立ちあげる方が良いと思いました。
下五の説明感ですかね~?
下手くそですが置いて帰ります。
虫の夜より虫の闇でなんか不穏な感じを出してみました。

立ち入らぬ防災倉庫虫の闇

またよろしくお願いします。

点数: 3

添削のお礼として、葉月庵郁斗さんの俳句の感想を書いてください >>

「虫の夜の防災倉庫閉ぢしまま」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

こんにちは。

大雑把に気になる点はふたつでした。
◆夜に倉庫が閉じていることに詩があるのかどうか?
◆その措辞を詩にするための取り合わせで、季語「虫の夜」がベターなのかどうか?(ベストである必要はないです)

上とは別の話で、「虫」という季語には「夜」という意味が付いて回ります(傍題に「昼の虫」があって「夜の虫」がないのがポイント)。その季語にわざわざ「夜」をつけて上五で「夜」を強調していますが、それが中七下五にかかっていくのかどうか?というところまで深掘りしてもいいかと思います。
なので、げば様の「灯りけり」はありに見えるのだと思います。「夜」をしつこく強調した伏線が回収できているので。

・閉じたままの防災倉庫虫すだく

点数: 3

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

「虫の夜の防災倉庫閉ぢしまま」の批評

回答者 感じ

句の評価:
★★★★★

こんにちは😃お世話になります。
結論から言って、「閉ぢしまま」だと、私も思います。
①因果とまではいいませんが、虫の「夜」なら、「閉ぢしまま」かなと言う近さ。
②「防災」「倉庫」。私の感覚では、どちらの措辞からも「閉ぢ」てる、が「よく似あってる」と言う気はします。
よろしくお願いします。

点数: 2

添削のお礼として、感じさんの俳句の感想を書いてください >>

「虫の夜の防災倉庫閉ぢしまま」の批評

回答者 竜子

句の評価:
★★★★★

卓鐘様 こんにちは
お世話になります。
勉強のために提案させてください。
閉ざされる防災倉庫虫しぐれ
よろしくお願いいたします。

点数: 1

添削のお礼として、竜子さんの俳句の感想を書いてください >>

「虫の夜の防災倉庫閉ぢしまま」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
いつも的確なコメントありがとうございます。

御句、わたしも虫兼題落としたので偉そうなことは言えませんが。
防災倉庫と虫の夜はいい句材かなあと。下五に何が来るといいかなあ。閉じたままというのはどういうことなんだろ。平和な感じ?使う必要のない感じ?むしろ開いてる方が物語はある感じはするんだけれど、そういうことではない?

虫の夜の防災倉庫灯りけり

点数: 1

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

「虫の夜の防災倉庫閉ぢしまま」の批評

回答者 こま爺

句の評価:
★★★★★

こんにちは。

冬の鳥のコメントありがとうございます。
冬鳥の実景なので季語が動く云々は当たらないとは思いますが。

御句ですが、まず形式的な問題としてはいわゆる二句一章の取り合わせを意図されているのであれば、上五は「や」で切らないのは何故でしょうか。しかし二句に分けたとして、虫の夜と閉じたままの防災倉庫が何を持ってどう取り合うのか理解困難です。取り合わせは遠からず近からずですが、季語が遠すぎ動く感が強いです。

漢字が連なりリズムが重いのが気になります。取り合わせわを効かせるために「閉じしまま」を「人気なき」としました。

”虫の夜や人気無き防災倉庫

今後ともよろしく。

点数: 1

添削のお礼として、こま爺さんの俳句の感想を書いてください >>

「虫の夜の防災倉庫閉ぢしまま」の批評

回答者 堀籠美雪

句の評価:
★★★★★

卓鐘さま
寒空の添削ありがとうございます。もう少し勉強が必要な私です。季語だけ入れれば取り敢えず、位の軽い気持ちで始めましたが、もう少し勉強してから出直したほうがいいのかな、その時はまた宜しくお願いいたします🙇

点数: 1

添削のお礼として、堀籠美雪さんの俳句の感想を書いてください >>

「虫の夜の防災倉庫閉ぢしまま」の批評

回答者 ケント

句の評価:
★★★★★

卓鐘さんこんにちは。
最後まで温かくも、卓鐘さんらしい理路整然としたコメントありがとうございました。
たった三ヶ月くらいでしたが
卓鐘さんには沢山の貴重なアドバイスをいただき本当に感謝をしております。この気持ちに嘘偽りはありません。
げばげばさんにも申し上げましたが、M君は私の大事な句友でありました。そのことが私のこのサイトに於ける言動になにかしらの影響を与えていたことは事実です。
しかしながら私とM君とは別人格であり、私は私としてこのサイトで多くを学ばせて頂きました。特に卓鐘さんにはいつも冷静かつ俳句を理論的に教示頂けたと思っております。ありがとうございました。私はこれからも俳句は続けます、このサイトで学んだことを生かしながら楽しく詠み続けたいと思います。私の精進をM君が一番喜んでくれると思います。
卓鐘さんにおかれましては、立派な俳人となられますことお祈り申し上げます。句集など出されましたら一番に拝読させて頂きます。
いままでありがとうございました。

点数: 1

添削のお礼として、ケントさんの俳句の感想を書いてください >>

「虫の夜の防災倉庫閉ぢしまま」の批評

回答者 慈雨

句の評価:
★★★★★

たびたび失礼します。
再度のご説明ありがとうございました。とてもよくわかりました!
お手数をおかけして申し訳ありませんでした。

点数: 1

添削のお礼として、慈雨さんの俳句の感想を書いてください >>

「虫の夜の防災倉庫閉ぢしまま」の批評

回答者 慈雨

句の評価:
★★★★★

卓鐘さま、おはようございます。
投句のルールについて、わかりやすいご説明をありがとうございました。

言葉不足でごめんなさい。
投句先のルールに従うことはもちろんなのですが、私が気になっていたのは、それ以前にこのサイト(俳句添削道場)として「(もし投句先がOKと言ったとしても)ここに投句したものを他へ投句するのはNG」というルールは無いのだろうか、ということでした。
例えば新聞への投書などですと、そういうルール(「うちの新聞社に送ったのと同じ内容を他社に送ってはダメですよ」というもの)があったかと思うので、気になりました。
このサイトではそういうことへの言及がなかったため、卓鐘さまが仰るように「他の投句先が既発表OKと言っているならOK、NGと言っているならNG」という理解でいいのか、あるいは「禁止と明記はしていないけど、普通に考えてダメでしょう」ということなのか(つまり「投句先のルール次第」なのか「投句先のルールに関係なくNG」なのか)、そこが気になっていました。
また加えて、前者である場合、投句先に「未発表に限る」とも「既発表でもOK」とも書いていない場合の解釈も気になりました。

いずれにしても、投句先次第であるということはわかりました。
丁寧に説明していただき助かりました!十分に注意したいと思います。ありがとうございました。

点数: 0

添削のお礼として、慈雨さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

朝行水使いし後の雨しきる

作者名 さつき 回答数 : 2

投稿日時:

冬晴や学芸会の初舞台

作者名 翔子 回答数 : 3

投稿日時:

風鈴の鳴る音寂し夏は去り

作者名 流れ星 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『虫の夜の防災倉庫閉ぢしまま』 作者: 卓鐘
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ