俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

秋の野道がふたつに分かつまで

作者 ケント  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

夫婦で歩むこの道。
感想よろしくお願いいたします。

最新の添削

「秋の野道がふたつに分かつまで」の批評

回答者 ちゃあき

ケントさん、拙句、べい独楽を・・・ への御意見どうもありがとうございました。
ご提案句の「べい独楽の・・・」は句に奥行きが出たように感じ、勉強になりました。

御句。野道というのは一本道を連想させていいと思いますが、リズムが良くないし意味が取りにくく感じました。提案としては、げばさんや卓鐘さんを参考にしてこんなのを考えてみました。

・野道ゆく秋がふたつに分かつまで

またよろしくお願いします。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、ちゃあきさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「秋の野道がふたつに分かつまで」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
いつも勉強させていただいています!

卓鐘さんへの提案の参戦いいですね!こうやって自分なりにこう思うと言ってるうちにめちゃ勉強するようになりますからねー、間違えてもいい場だけど間違えたくないから勉強するって感じでめちゃ勉強したのを覚えてます。それでもお二方は厳しくもやさしくダメ出ししてくれました😆

さて御句。しっとりしていい句ですねー。
あえての11音ですかね?

秋野ゆく道がふたつに分かつまで

点数: 4

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

「秋の野道がふたつに分かつまで」の批評

回答者 おかえさき

句の評価:
★★★★★

こんにちは、秋刀魚の拙句にコメントありがとうございます。
投句した後で、駄作だったなぁ…と😓確かに、語彙もだぶつていますし大げさでした、最初は提案句のような句を作りました。
御句ですか、いい雰囲気の句だなぁと…調べが少し悪いかと感じましたので、けばさんに一票入れさせて頂きました。
しかし、そんなお歳に感じませんが😵
急に朝晩涼しくなりましたね~ようやく夜エアコン無しで眠れます!

点数: 2

添削のお礼として、おかえさきさんの俳句の感想を書いてください >>

「秋の野道がふたつに分かつまで」の批評

回答者 卓鐘

句の評価:
★★★★★

こんにちわ

分かつは他動詞なので、道が分かつってちょっとおかしいような。なにを?ってなりました。
袂を分かつみたいに目的語が必要ですね。

ゲバさんの上五お借りして

秋野ゆく道の分かるるところまで

点数: 1

添削のお礼として、卓鐘さんの俳句の感想を書いてください >>

「秋の野道がふたつに分かつまで」の批評

回答者 卓鐘

句の評価:
★★★★★

コメントありがとうございます

あぁ意図はわかりますよ。コメントもあわせて、読んだのでそういうことをいいだけ感。
その「いいだけ感」、文法間違い感、そのあたりがわからずらいとおもいました。
素直に「ふたりを」って言えばいいのに、それだと意図が出過ぎてっておもってのぼやかしなんだと思いますが、そなあたりが中途半端にみえました。

点数: 1

添削のお礼として、卓鐘さんの俳句の感想を書いてください >>

「秋の野道がふたつに分かつまで」の批評

回答者 めでかや

句の評価:
★★★★★

ケントさん、こんにちは。
今回は珍しくコメント付きですね。

まずは、なんで575を崩しちゃったのかな?。
げばさんの提案句まで、ケントさんがもってきたら、もう脱帽だったのに。
とは言っても、題材を持ってきたのはケントさん、さすがです。
簡単そうに添削しちゃう、げばさんのことは言うまでもないですけどね。

次に、卓鐘さんご提案の自動詞と他動詞問題。
コメントを読んだら他動詞の”分かつまで”が良いと思いました。

自分の意思で別れる(離婚)のではない。神により別れさせられる(死別)と
読み取ることができます。
奥様と死ぬまで一緒だよ、うぅ~ん、素晴らしい👏!。

最後に、げばさん提案句(コメント無し)で、どこまで通じるか?問題。
私は大丈夫だと思います。全部言っちゃぁ詰まんないっす!。
読み手に想像させるには適当かなぁと思いました。
”秋野ゆく”から初老の夫婦の姿まで想像することができました。

以上が私の感想です。

にしても、ケントさん時々いい当たり打ちますね!。
これで打率が上がってきたら、私がコメントできなくなっちゃうわ(笑)。
でも、ケントさんや卓鐘さんとの議論は楽しいんでコメントしますけどね。

では、今後ともよろしくお願い致します。

点数: 1

添削のお礼として、めでかやさんの俳句の感想を書いてください >>

「秋の野道がふたつに分かつまで」の批評

回答者 やまの はるか

句の評価:
★★★★★

おはようございます いつもお世話になります。
銀杏の句にコメントありがとうございました。銀杏は 結構 早い頃から落ちてますよ 自転車で踏むと プチっと 良い音がするんですが あとの臭いが凄いです ホント臭いんです。その辺も詠んでみたいな と思ってます。またよろしくお願いいたします

点数: 1

添削のお礼として、やまの はるかさんの俳句の感想を書いてください >>

「秋の野道がふたつに分かつまで」の批評

回答者 未知夫

句の評価:
★★★★★

ケントさん
拙句「オリーブの実」について、大変良いご指導をいただきました。散歩の途中オリーブの実が黒くなってきたのを見て、「オリーブの実」を季語にすることにこだわってしまいました。下五に季語を措くというご提案いただきます。ありがとうございました。

点数: 1

添削のお礼として、未知夫さんの俳句の感想を書いてください >>

「秋の野道がふたつに分かつまで」の批評

回答者 こま爺

句の評価:
★★★★★

おはようございます。

拙句時間よ止まれへのコメントありがとうございます。実は今、「具象化」が真っ先に頭に浮かべるチェックポイントでその結果として「言うてみる」、しかしダメですね。まだ「時計見る」の方がましか⁉️。

失礼ながら同じ視点から御句にも一案、野道をふたつに分かつ→別れ道→三叉路とイメージ化してみました。
”三叉路を右と左に秋は夕暮れ”

具象化についてご参考までに。

点数: 1

添削のお礼として、こま爺さんの俳句の感想を書いてください >>

「秋の野道がふたつに分かつまで」の批評

回答者 めでかや

句の評価:
★★★★★

ケントさん、こんにちは。
いつもコメントありがとうございます。

冠水の句は、ほんのご報告の句でした。
とはいっても切れ字が2つとは頂けませんでしたね。
恥ずかしい限りです。

今朝、冠水のあとを車で通ってきたのですが
ひどい状況になっておりました。
商店も民家も朝から総出で家具や商品を搬出しておりました。
言い方は悪いですが、秋のお祭りの前のような賑わいでした・

これを見ているだけでは申し訳なく思い、先ほど被災地域に住む
従姉のところに連絡しましたが連絡は取れず。
片付けくらいだったら手伝いに行こうと思っていたのですが・・・。
つぎはもう少し気の利いた句を詠もうと思いますので暫しお待ちを。

では今後とも宜しくお願いいたします。

点数: 1

添削のお礼として、めでかやさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

初蝉や家中の窓開け放し

作者名 やす 回答数 : 1

投稿日時:

満月やふられしことぞ如何せん

作者名 感じ 回答数 : 0

投稿日時:

八つ切りと決めて梨食う入歯かな

作者名 大浦美津子 回答数 : 3

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『秋の野道がふたつに分かつまで』 作者: ケント
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ