俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

トマト食む放り出したる色鉛筆

作者 なおじい  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

こんにちは。前句「夕涼み戦いはまだ続いてる」にはたくさんのご意見ご提案句を有難うございました。この句は、高校野球の熱戦を見ていたのですが、自分も熱くなり、少し風にあたろうとチェンジの時に外へ出た時のことを詠んだものです。
もちろん冷房の効いた室内よりも外は暑いですが、夕方は風が吹くと気持ち良いです。
それだけでしたが、投句の際に、あ、もしかしたら皆さんにウクライナとか思い浮かべさせてしまうかも…と思いましたが、そのまま送ってしまいました。すみません。

他にも暑さとの戦いとか、夫婦喧嘩とかのご鑑賞も。とても楽しく拝読しました。有難うございました!

本句はお題で。プレバトをご覧の方はおわかりいただけると思いますが…。最初は、
「トマト食む色鉛筆を放り出し」
でしたが、川柳みたいですので下五字余り認識の上、掲句にしました。
ご意見よろしくお願いします。

最新の添削

「トマト食む放り出したる色鉛筆」の批評

回答者 Syuna

なおじい様
添削ありがとうございました🙇‍♀️
初めての投稿でしたが、とても分かりやすく指摘してくださり家族で喜んでいました。

私はトマトが大好きで、小さい頃は、帰ってきて何をするより最初はおやつにトマト!でしたのでとても共感できました💫

私は俳句に関して何の知識もありませんので、間違っていたら大変申し訳ないのですが、
「食む」の「む」は意志を表現する助動詞だと思いますが、未然形に接続する気がして違和感がしました🙇‍♀️
私の感覚では「食わむ」がしっくりくる気がします…

俳句には古語のルールは関係あるのか、ないのかも知りませんが…失礼いたしました🙇‍♀️🙇‍♀️

俳句の添削本当にありがとうございました🙇‍♀️🙇‍♀️

句の評価:
★★★★★

点数: 2

添削のお礼として、Syunaさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「トマト食む放り出したる色鉛筆」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
いつも温かいコメントありがとうございます。

御句。いいですね、絵日記を書いてるお子さんかなあ。
できている句と思います!絵日記そっちのけでほおばっているトマト。
こんな感じはどうですか?
トマト食む色鉛筆は左手に

なおじいさん、私も微力ながら、、。ばたばたしていますので全コメントができていませんが。去年のなおじいさんや卓鐘さんがいないときや、イときどきサクさんが来ないという時期もこの2年何度もありましたが、それでもこの道場はホームですから、結果みんなまた出入りしてますし。また卓鐘さんがしりとりサイトを作ってくれたときのような大盛況の活気が出てくるといいですね!

点数: 6

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

「トマト食む放り出したる色鉛筆」の批評

回答者 おかえさき

句の評価:
★★★★★

おはようございます、いつもありがとうございます。
プレバトの色鉛筆査定ですね!
お上手ですよね、色んな色を使って色を出す…私も昔から絵が好きで、大人の塗り絵に挑戦しましたが、孫にあげてしまいました😵
景が見えて佳句と思います✴
トマトを書こうとしてだけど…上手くいかずに、えい!もう食べちぁえ
って感じ?気持ち分かります!
私もせっかちなので😓
放り出したるがいいですね~
よろしくお願いします。

点数: 2

添削のお礼として、おかえさきさんの俳句の感想を書いてください >>

「トマト食む放り出したる色鉛筆」の批評

回答者 卓鐘

句の評価:
★★★★★

こんにちわ

いつもありがとうございます!あれからなおじいさんイサクさんの分もと背負ってコメントいた抱いていること感謝します。でもどうかご無理をなさらずに。

僕も、句歴五年目にして、このままじゃいかんと本気で取り組むことにした次第です。ただなんというか勉強すればするほど、俳句がわからなくなってくるので、なかなかコメントできないんですよね。😅

御句、光景はよくわかります。一点「放り出したる」の措辞が固い部分が句の内容と見合ってないように感じました。ゲバさんの提案で柔らかくなりますね。

点数: 2

添削のお礼として、卓鐘さんの俳句の感想を書いてください >>

「トマト食む放り出したる色鉛筆」の批評

回答者 秋恵

句の評価:
★★★★★

なおじい様
おはよーございます!
今朝は曇り空、
明日からの台風が直撃しそうで
心配しています。

‘放り出したる色鉛筆’の方が
私は好きです。
下五が6音になりますが
このほうが
躍動感があっていい感じ!
色鉛筆でトマトを
書いてらしたのですね!
私は絵は全く駄目で、、
俳句も季重なりが多くて
来月に夏木先生の
季語歳時記’を買う予定です。
今まではスマホで調べてたのですが
時間がかかって
頭がこんがらがってます(*_*;

点数: 1

添削のお礼として、秋恵さんの俳句の感想を書いてください >>

「トマト食む放り出したる色鉛筆」の批評

回答者 かこ

句の評価:
★★★★★

こんにちは

プレバトは見ていないので、初読ではちょっと意味がわからなかったです。

トマト食む色鉛筆を放り出し

だと初読でわかったと思います。同じトマトはないので、もう、そのトマトを描くことを諦めた事になりますがそれで情景としては良いでしょうか。

点数: 1

添削のお礼として、かこさんの俳句の感想を書いてください >>

「トマト食む放り出したる色鉛筆」の批評

回答者 ちゃあき

句の評価:
★★★★★

こんにちは。トマトの句へご意見ありがとうございました。一般の目・・・もう少し意識して作るように心がけます。(^^ゞ

御句。放り出しという措辞から小学校低学年くらいの子供さんの夏休みの一コマを詠まれたのかなと思いました。(あるいは、なおじいさんの子供の頃の思い出?)
下五に色鉛筆を置いたのはコロコロと床を転がる(子供が床に寝そべって描いていたと思うので)色鉛筆のシーンが余韻となっていいと思いました。
・ト マ ト 食 む 子 や 散 か り し 色 鉛 筆
大人の句だとしたら放り出さないかもしれないので
・ト マ ト 食 む 耳 に 掛 け た る 色 鉛 筆
とかどうでしょうか。
プレバトの色鉛筆画は、上級者はほんとに上手ですよね。なおじいさんもチャレンジしてるんですか?またよろしくお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、ちゃあきさんの俳句の感想を書いてください >>

「トマト食む放り出したる色鉛筆」の批評

回答者 コウ

句の評価:
★★★★★

なおじい様

いつもご指導ありがとうございます。
トマトの句にご意見ありがとうございました。
なおじい様に言われ気がつきましたが
トマトよりも幼子が採ってくれた事に気持ちが入っていました。
添削句のように小さな手を省くと焦点がスッキリしてきますね。

御句、拝読させて頂きました。
トマトと色鉛筆の取り寄せいいですね^ ^
小学生の頃の田舎で過ごした夏休みを思いました。
宿題に飽きてもぎたてのトマトを食べちゃうみたいな!
(川で冷やしたトマトは美味しかったです)
プレバト見ていなかったので句意が違っていますね。
すみません😉

また、よろしくお願い致します。

点数: 1

添削のお礼として、コウさんの俳句の感想を書いてください >>

「トマト食む放り出したる色鉛筆」の批評

回答者 負乗

句の評価:
★★★★★

なおじいさん、こんにちは😐
お世話になります。拙句二つに、ご丁寧なコメント頂き嬉しいです。
「秋トマト」は、トマトは、夏の季語なので、出題者(かぎろひさん…?)への当て付けの意味もありました…😅
"ミニトマト"として、なおじいさん流に読んでもらっても、嬉しいです。
「台風に〜」の句、これも提案頂いた、
「台風を待つ街静かパトロール」
気に入りました。こっちの方が繋がりが良いですね。ありがとうございました。

さて御句、トマトは我慢し切れずに食べてしまった訳ですね…。
原句の、
「トマト食む色鉛筆を放り出し」
も、特に川柳という感じはしませんね。
面白い句と思いました。

また宜しくお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、負乗さんの俳句の感想を書いてください >>

「トマト食む放り出したる色鉛筆」の批評

回答者 優子

句の評価:
★★★★★

なおじい様
トマトの俳画と共に俳句を詠もうとしたのでしょうか?私は美術館とか、絵が好きです。自分では、ちょっと幼稚な絵しか描けませんが…。トマト、美味しいですよね、私はどちらかと言うと、甘いトマトが好きです。

点数: 1

添削のお礼として、優子さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

ともかくも心地よきものアレの秋

作者名 こま爺 回答数 : 7

投稿日時:

バスロールサイン回りて春の果

作者名 げばげば 回答数 : 7

投稿日時:

街路樹の木の芽静かに濡れそぼつ

作者名 イサク 回答数 : 7

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『トマト食む放り出したる色鉛筆』 作者: なおじい
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ