俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

ひまわりや飛行機雲の薄れゆく

作者 ちゃあき  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

ひまわり→青空→飛行機雲・・・
ありふれてるかもしれませんが、ご意見頂けましたら嬉しく思います。

最新の添削

「ひまわりや飛行機雲の薄れゆく」の批評

回答者 ケント

こんばんは。
ケイさんへの返信コメントを拝見して、私と勘違いしたと有りましたので、ついでにお邪魔しました。
御句、ひまわり句には、コメントした覚えがなかったので、今回感想を書かせて頂きます。
向日葵が見ているであろう青い空、そこに一本の真っ直ぐな飛行機雲があった。でも薄れて直ぐに、また真っ青の空になった。主題は、やはり向日葵だと思いました。向日葵と青い空のハーモニーだと読ませていただきました。気持ちのいい句でした。
よろしくお願いいたします。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、ケントさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「ひまわりや飛行機雲の薄れゆく」の批評

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

ちゃあきさん、こんにちは。
拙句「合宿はまだ再来週」にコメント有難うございました。
ちゃあきさんは、「合宿を待ち遠しく思っている様子がわかる」とおっしゃっていますね!これがちゃあきさんのいいところなんですよ。
この合宿、楽しみでもある半面、色々と不安もあってね。そんな気分です!

御句拝読しました。映像が鮮やかに立ってきます。でも下五が「くっきりと」とかではなく「薄れゆく」であるところに、いわゆる晩夏っぽさがありますよね。
この「薄れゆく」は、「最初は濃かったが、見ているうちに薄くなっていった」という時の流れを意味しているのではなく、時がたち薄れてきた飛行機雲を見て詠んだものと思いました。

合宿の行き先は海です。でも泳がない(笑)。行方不明を出さないようにしないと。

点数: 3

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

「ひまわりや飛行機雲の薄れゆく」の批評

回答者 井上れんげ

句の評価:
★★★★★

度々ごめんなさい。「うすれゆく」ではなく「薄れゆく」ですね。
ここが、描写になっていて良いと思いました。
向日葵をひらがなにしたのはこの雲の雰囲気を出しているのでしょうか?
優しくてしみじみする句です。

点数: 2

添削のお礼として、井上れんげさんの俳句の感想を書いてください >>

「ひまわりや飛行機雲の薄れゆく」の批評

回答者 おかえさき

句の評価:
★★★★★

今晩は、いつもありがとうございます。
炎天の句のコメント…私のその時の心の中をそのまま表現して頂いた気分で嬉しいです✴
御句ですが、もう先を越されていますが、ひまわりの視線から空へそして飛行機雲が薄れてゆく…その先に飛行機も微かに見えてくるような佳句ですね~
またよろしくお願いします。

点数: 2

添削のお礼として、おかえさきさんの俳句の感想を書いてください >>

「ひまわりや飛行機雲の薄れゆく」の批評

回答者 負乗

句の評価:
★★★★★

ちゃあきさん、こんばんは😐
お世話になります。

鮮やかで、明るい句と思いました。
私は、今の時節の晩夏ではなく、初夏を思いました。"五月晴れ"ですね。
空が広くて青くて、気持ち良いですね😉

また宜しくお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、負乗さんの俳句の感想を書いてください >>

「ひまわりや飛行機雲の薄れゆく」の批評

回答者 めでかや

句の評価:
★★★★★

ちゃあきさん、こんにちは。
蛙のミイラへのコメントありがとうございます。
提案句の
・あ は れ や な 蛙 の ミ イ ラ 径 灼 く る
すっごくいいと思います!。
参考句を知らなければもっと良かったかも、言わなきゃいいのに(笑)。

さて御句、自分の背丈よりも大きく育った向日葵。
見上げる先には飛行機雲が・・・・。
なにかユーミンの歌詞に出てきそうな良い光景です。
また、薄れゆくがなにか晩夏の季語とマッチしているように思いました。

問題があるとすれば向日葵と飛行機雲の取合せは類想と言われそうですが
薄れゆくでかなり挽回して類想を一歩抜け出したように思います。
では今後ともよろしくお願い致します。

点数: 1

添削のお礼として、めでかやさんの俳句の感想を書いてください >>

「ひまわりや飛行機雲の薄れゆく」の批評

回答者 ケイ

句の評価:
★★★★★

こんばんは。
貴句ですが、作者が「向日葵を見ている視点」と「飛行機雲を見ている視点」と二つあると思います。作者はどちらを詠みたいのでしょうか?
ただ「向日葵の向こうにある青空」という景の大きさがこの句の魅力で、私の惹かれる部分でもあります。
ひまわりの先に飛行機雲のあり くらいではいかがでしょうか・

点数: 1

添削のお礼として、ケイさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

初夢の最後の風が待つ夜明け

作者名 ハオニー 回答数 : 6

投稿日時:

白妙の雄峰染める春の夕

作者名 卯筒 回答数 : 0

投稿日時:

ヤンキーの背からはみ出すカーネーション

作者名 コウ 回答数 : 6

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『ひまわりや飛行機雲の薄れゆく』 作者: ちゃあき
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ