俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

炎天や剣高々に闘牛士

作者 葉月庵郁斗  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

炎天と闘牛もありがちですが…
よろしくお願いいたします

最新の添削

「炎天や剣高々に闘牛士」の批評

回答者 感じ

こんばんは🌆お世話になります。
拙句へのコメントありがとうございました😊
さて、某地方誌、ご一緒できましたね。
ずっと投句しておりましたが、やっとって感じです^_^。
そもそも、私は「アプリ」に弱くて、、、(⌒-⌒; )
さて、御句。
迫力ありますねー。
「高々に」で句が立体的になったと思います。
また、ご一緒できる機会があれば、と思っております。(N俳、てごわし、ですよ^_^)
よろしくお願いします。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、感じさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「炎天や剣高々に闘牛士」の批評

回答者 卓鐘

句の評価:
★★★★★

こんばんは。

炎天と闘牛の取り合わせは良いと思いました。ただ、描きたかったことは闘牛士の勇姿でしょうか。炎天の本意は、ただ熱い日差しというものではなく、燃えるような暑さの中にある、なんとも言えぬ寂しさや恐怖や死みたいなイメージにあると思うのです。
闘牛と取り合わせると、やはり炎天下の中の伝統とはいえ、闘牛の虐殺に対する割り切れなさのような感情が交錯します。
それが狙いでしたら、また別の解釈になるのですが、句からはどちらかというと、闘牛士の勇姿を描きたいのではないかと感じました。すると炎天は見直す方が良いかもしれません。

闘牛の牛炎天へ引き出され 宮沢房良

炎天と闘牛はこの句のようなイメージになります。

点数: 2

添削のお礼として、卓鐘さんの俳句の感想を書いてください >>

「炎天や剣高々に闘牛士」の批評

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

葉月庵郁斗さん、こんにちは。
いつも拙句にコメント有難うございます。その都度返信せず申し訳ありませんが、いつも勉強させていただいています。

さて御句拝読しました。すごい!炎天から闘牛士まで発想を飛ばせるのですね!

私はいいと思います。闘牛は見たことありませんが、冬とか曇り空なんて似合わなさそうですよね。

一点だけ、「剣高々と」ではいかがでしょうか。

・炎天や剣高々と闘牛士

ただ、とにかくテレビとかでちょこっとしか見たことないので、的外れであればご容赦ください。よろしくお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

「炎天や剣高々に闘牛士」の批評

回答者 コウ

句の評価:
★★★★★

郁斗様

いつも温かいお言葉ありがとうございます🙏
朝から考えていた句なんですが
郁斗様の闘牛士の句に反応してしまい
投句したら場所が違う>_<💦
炎天→闘牛士→赤い旗 合いますよね。
こちらも関東の内陸部で暑い🥵です。
明日も熱中症警戒アラートが出そうですね!
郁斗様もお気をつけになって下さい。
私も体を休めるようにしたいと思います。

また、よろしくお願い致します。

点数: 1

添削のお礼として、コウさんの俳句の感想を書いてください >>

炎天や道路工事の赤い旗

回答者 コウ

句の評価:
★★★★★

お世話になります。

今日の通勤途中の光景です。
この暑い🥵中、道路工事
片道通行の交通整理
ヘルメットに黒い顔を覆うマスクで
テキパキと頭が下がります。
赤い旗で郁斗様の闘牛士と重なるでしょうか?
よろしくお願い致します。

点数: 0

添削のお礼として、コウさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

狭き庭塀へ背伸びをする椿

作者名 イサク 回答数 : 4

投稿日時:

秋雨や蛇篭によする波静か

作者名 久田しげき 回答数 : 0

投稿日時:

池の氷閉めるか否かの止水弁

作者名 鎌田 潤一 回答数 : 3

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『炎天や剣高々に闘牛士』 作者: 葉月庵郁斗
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ