俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

朝帰り冬青空はよそよそし

作者 げばげば  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

昔はよく午前様が多かったですが、そういうときの空こそ、意外と冬の青くさえわたる感じで。そこに一人歩いているワンピースの若い女性。
そこから勝手に発想としては、好きになってはいけない人との朝帰りの想像女性俳句へ。
朝帰りあたしを責める冬の空
でしたが、「あたし」どうかなあと悩み変更。

みなさんご意見よろしくお願いします。

最新の添削

「朝帰り冬青空はよそよそし」の批評

回答者 なおじい

こんにちは。げばげば様、いつもお世話になってます。
御句、いいですねー。この感じ、わかりますよ。私は最近はしませんが、若い時は友だちと飲み過ぎて、そいつの家に泊めてもらい、朝帰りしたことはありました。
普通の日に晴天なら爽やかで気持ちがいいですが、朝帰りの時に晴れ渡った青空が広がっていても、申し訳ないというか、後ろめたいというか、ほっといてくれというか、もったいないというか、微妙な気持ちですよね。
私は、げばさんのコメントが、意に反して不倫の女性に走って行ってしまうのは止められませんでしたが、俳句はいいと思いました。

ただ、私ならこうするという提案句を置かせてください。ベターだということではありません。

・朝帰りに冬の青空よそよそし

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「朝帰り冬青空はよそよそし」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

こんばんは。

コメントの「朝帰りあたしを責める冬の空」の方が良いかな・・・という印象でした。
デビュー2~3年目までの椎名林檎というか・・・という感じですけれども。
下五を敢えて字余りの「朝帰りあたしを責める冬青空」でも良いかも。

掲句はどこかよそよそしさというか白々しさを感じます。
理由の分析はできていません。

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

冬青空うつむき歩む朝帰り

回答者 よし造

句の評価:
★★★★★

拙句・・コメントありがとうございました。
御句・・不倫の朝ですか。想像力豊かですね。現代の女性はそんなしおらしさはないと思いますが。やはり下五の生の言葉は使いたくない気がします。

点数: 1

添削のお礼として、よし造さんの俳句の感想を書いてください >>

「朝帰り冬青空はよそよそし」の批評

回答者 ちゃあき

句の評価:
★★★★★

げばげばさんの御提案句は、大変参考になり自分の表現したい一句として先程まとまりました。どうもありがとうございます。<(_ _)> ぼくの俳句歴は七八年ですがマイペースで気が向いた時だけ作句してます。ベテランなんかじゃないですよ。
御句ですが、いまひとつ情景がつかめません。イサクさんとほぼ同じ感想を持ちました。

点数: 1

添削のお礼として、ちゃあきさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

紫陽花に降る雨音の静かかな

作者名 堀籠美雪 回答数 : 0

投稿日時:

少し吠え子犬死にたり鰯雲

作者名 素風 回答数 : 0

投稿日時:

きのふありけふもありなん天の川

作者名 こま爺 回答数 : 6

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『朝帰り冬青空はよそよそし』 作者: げばげば
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ