俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

蜘蛛の糸繰れば天までつづきけり

作者 げばげば  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

イサクさん!特選おめでとうございます💫
イサクさんとの二年一カ月。いつも追いかける存在でいてくれてありがとうございます!
俳句への向き合い方、ずっとみてきましたから、この特選は感慨深いものがありました!

この句は見てないかなあ。またふらっと来てくださいね!
添削希望句ではありません。

最新の添削

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「蜘蛛の糸繰れば天までつづきけり」の批評

回答者 ちゃあき

句の評価:
★★★★★

こんばんは。げばげばさん、俳ポ佳作入選、それから角川俳句8月号兼題「頬」特選おめでとうございます。ひさしぶりに僕も水曜に入れました。やはり俳ポは難しいですね。自宅のパソコンからなので、いつもワンテンポ遅れますが、
イサクさんの特選、この場をお借りしてお祝い申し上げます。本当におめでとうございます。また戻って来て下さることを心から望んでいます。直接コメントしにくかったので、げばげばさん、どうもありがとうございました。
一人ひとりの心が天まで続いていて、仲良く暮らしている世界があるんですね。

点数: 2

添削のお礼として、ちゃあきさんの俳句の感想を書いてください >>

「蜘蛛の糸繰れば天までつづきけり」の批評

回答者 中村あつこ

句の評価:
★★★★★

 こんにちは。
ゲバゲバ様、イサク様、おめでとうございます。 私等が申し上げるのもおこがましいのですが、ご指導頂いたことを感謝しております。

点数: 1

添削のお礼として、中村あつこさんの俳句の感想を書いてください >>

「蜘蛛の糸繰れば天までつづきけり」の批評

回答者 葉月庵郁斗

句の評価:
★★★★★

向日葵句コメントありがとうございました
そうです。窓のつもりでした。
太陽に向かって咲くので窓辺のひまわりは
こっちを向いてくれず
病気で弱っている様も詠みたかったのです。
「をり」の古語は勉強不足です。
ありがとうございました

点数: 1

添削のお礼として、葉月庵郁斗さんの俳句の感想を書いてください >>

「蜘蛛の糸繰れば天までつづきけり」の批評

回答者 葉月庵郁斗

句の評価:
★★★★★

再訪です。
「をり」について、お聞きしたいのですが
中七に「をり」の使えますか?
また切れ字の扱いになりますか?
○○○○や○○○○○をり○○○○○
今さらですいません🙏
ご指導よろしくお願いいたします

点数: 1

添削のお礼として、葉月庵郁斗さんの俳句の感想を書いてください >>

「蜘蛛の糸繰れば天までつづきけり」の批評

回答者 かぬまっこ

句の評価:
★★★★★

星の俳句コンテスト 佳作
おめでとうございます🎉✨

とほくとほく星の生まれて榾火爆ず
      押見げばげば

因みに、私も入りましたが本名で出していましたよ。😜

点数: 1

添削のお礼として、かぬまっこさんの俳句の感想を書いてください >>

「蜘蛛の糸繰れば天までつづきけり」の批評

回答者 こま爺

句の評価:
★★★★★

今日は。

コメントではなく感想です。
芥川龍之介の蜘蛛の糸を思い起こします。
人間の欲望、何度も何度も悪事を繰り返しあろうことかそれを認めようとしない、何事もなかったことにして釈迦にすがろうとする。

しかし、御句はその真逆、悔い改める人がいて釈迦様はちゃんとお助けくださる。

私なんかは、そこがだめ、蜘蛛の糸がぶち切れみな地獄に逆戻り、そこにすごく痛快さを覚えてします。こういう心情がが俳句にちらほら匂ってしまう間はだめですね。
反省します。

点数: 1

添削のお礼として、こま爺さんの俳句の感想を書いてください >>

「蜘蛛の糸繰れば天までつづきけり」の批評

回答者 井上れんげ

句の評価:
★★★★★

げばげばさん、拙句にコメントありがとうございます。うれしいです。季語手帖は、投句先を増やし過ぎて手が回らず、手付かずですが今週末に少し送ろうかと思っております。

点数: 1

添削のお礼として、井上れんげさんの俳句の感想を書いてください >>

「蜘蛛の糸繰れば天までつづきけり」の批評

回答者 葉月庵郁斗

句の評価:
★★★★★

夏惜しむ句コメントありがとうございました
中七を「をり」句はもっと良い句ができたと
自分では思っているので(笑)別のところに出してみます。
提案句げばげば様らしい良い句ですね。
こっちの方が感慨深いです。
またよろしくお願いいたします

点数: 1

添削のお礼として、葉月庵郁斗さんの俳句の感想を書いてください >>

「蜘蛛の糸繰れば天までつづきけり」の批評

回答者 中村あつこ

句の評価:
★★★★★

 こんにちは。
拙句戦死の父に、目を止めて頂きありがとうございます。
 日頃のご活躍を垣間見させていただいて、ご指導のこと反芻しております。

点数: 1

添削のお礼として、中村あつこさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

御使いの光と声よ大聖樹

作者名 友也 回答数 : 5

投稿日時:

夏庭でもんじゃ土手混ぜ尻はプリン

作者名 おいちょ 回答数 : 0

投稿日時:

庭先に蜂訪れて低姿勢

作者名 雪柳 回答数 : 4

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『蜘蛛の糸繰れば天までつづきけり』 作者: げばげば
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ