俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

船を漕ぐ乙女に肩を夏の宵

作者 かこ  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

今、電車に乗っていて隣の可愛い女の子が船を漕いでいます。
コメント無しだと厳しそう。

最新の添削

「船を漕ぐ乙女に肩を夏の宵」の批評

回答者 ちゃあき

宮武桜子さん、炎天の拙句へご意見ありがとうございました。
少しあざとさが出たかなあと反省していたところだったので、共感いただけて嬉しく思います。

御句、少し前になりますが通勤電車の中で隣席の女性が船を漕いでました。乙女と言えるかどうか分りませんが、もの凄い勢いでガクーンと僕の肩に頭をぶつけてくるので辟易しました。大柄なかたでしたので結構痛かったです。
「船を漕ぐ」という日本語が失われない様にみなさんどんどん使いましょう。「を」が二回使われていますので、一つ省きたいなと思いました。
・船漕ぎし乙女に肩を夏の宵
またよろしくお願いします。

句の評価:
★★★★★

点数: 2

添削のお礼として、ちゃあきさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「船を漕ぐ乙女に肩を夏の宵」の批評

回答者 つちや郷里

句の評価:
★★★★★

宮武桜子さんこんにちは。
句へのコメントありがとうございました。

御句
「舟を漕ぐ」に関してですが、「肩を」とあったので「ひょっとしたら居眠りのことかな」と思いました。
ただここは、ストレートに「居眠り」でもいいかと思います。

・「居眠りに寄りかかられて夏の宵」
あえて性別を限定せずに詠んでみました。
桜子さんの句はどちらかというと嬉しいという感情が出ていると思いますが、私の提案句は「寄りかかられて」の部分で嫌という感情になってますね(笑)
添削が得意ではないのでご容赦ください。

またよろしくお願いします。

点数: 3

添削のお礼として、つちや郷里さんの俳句の感想を書いてください >>

「船を漕ぐ乙女に肩を夏の宵」の批評

回答者 中村あつこ

句の評価:
★★★★★

 こんにちは。
拙句炎天下に、コメントありがとうございます。
 お添え下さった提案句、良いですね。
早くこんなふうに、的確に詠めるようになりたいです。

 御句、えっ娘船頭さん?と思ってしまいました。鑑賞させて頂く力もつけなければです。
 貸してあげた、肩を外すのも勇気が要りますよね。

点数: 2

添削のお礼として、中村あつこさんの俳句の感想を書いてください >>

「船を漕ぐ乙女に肩を夏の宵」の批評

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

宮武桜子さん、こんにちは。
いつも拙句にコメントおよび提案句有難うございます。大変勉強になります。

さて御句拝読しました。ご自身でもおっしゃっていますが、コメントなしでは難しいかもです。
まず「船を漕ぐ」が居眠りをするということだと伝わるかどうか。古い人間の私でさえ、最初は女船頭さんとかを詠んだ句かと思いましたもの。
私は少しわかりやすくしたいと思いました。

・居眠りの娘(こ)に肩取られ夏の宵

以前、この道場でどなたかが、「娘」と書いて「こ」と読むのと、「女」と書いて「ひと」と読むのは、良くないようなことをおっしゃっていました。ただそれが世間一般のルールなのか、その人個人の好き嫌いなのか覚えておらず、そういうことがあったことだけ覚えています。ですので、この「こ」もそーっと出しています。

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

「船を漕ぐ乙女に肩を夏の宵」の批評

回答者 感じ

句の評価:
★★★★★

こんばんは🌇お世話になります
さて、御句。
幻想的な句と。
実景はどうなんでしょうねー。🤔
「船を漕ぐ」
うーむ、スマホゲームかなにか、、
そして、女子学生がそのうち居眠りかいて、宮武さんの肩に、、。
さて、おき、助詞の選択が難しいですね。
「乙女に肩を」
初読、乙女と作者の関係性、だれが肩に?
とスッと入ってきませんでした。
・船を漕ぐ乙女が肩に夏の宵
状況が違ったら、すいません。
よろしくお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、感じさんの俳句の感想を書いてください >>

「船を漕ぐ乙女に肩を夏の宵」の批評

回答者 水谷

句の評価:
★★★★★

こんばんわ いつもお世話になります。
なおじい様に一票です。船を漕ぐというワードは 私世代だと分かりますが、その世代の私でさえ 初読では 船頭さんかなと。ちょうど 天神祭があったもので。
すみません 偉そうな感想でした

点数: 1

添削のお礼として、水谷さんの俳句の感想を書いてください >>

「船を漕ぐ乙女に肩を夏の宵」の批評

回答者 感じ

句の評価:
★★★★★

こんばんは🌇
「若い」私には^_^(ざっくり一世紀半分ちょっと)
「船を漕ぐ」は、知りませんでした。初めて聞きました。^_^
往時の、「若者のスラング」ですか、、。
よろしくお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、感じさんの俳句の感想を書いてください >>

「船を漕ぐ乙女に肩を夏の宵」の批評

回答者 優子

句の評価:
★★★★★

宮武桜子様
もう起きていらっしゃるのでしょうか?お早いですね。私も眠れずに起きてしまいました。御句、可愛らしいですね、私も寄り掛かられた事があります。やはりかわいいなあと思いました💞😳私も桜子様みたいになりたいなあ(無理か😭)

点数: 1

添削のお礼として、優子さんの俳句の感想を書いてください >>

「船を漕ぐ乙女に肩を夏の宵」の批評

回答者 卓鐘

句の評価:
★★★★★

いくつかコメントいただいておりコメントできてなくてすみません。
今後ともよろしくお願いします。

無心の句にコメントありがとうございます。熱帯夜では確かに季語が動きそうで悩ましくはありました。

御句ですが、「船を漕ぐ」という表現を初めて知りました。確かに船を漕ぐみたいな方いますね。なるほどと思いました。

ただ、本当に乙女の船頭さんがいてつまづきそうになったから肩を貸したのだと読んでしまいました(笑)

点数: 1

添削のお礼として、卓鐘さんの俳句の感想を書いてください >>

「船を漕ぐ乙女に肩を夏の宵」の批評

回答者 葉月庵郁斗

句の評価:
★★★★★

上五の船を漕ぐに年代を感じますね。
中七でなるほどとわかり
懐かしすぎて嬉しくなりました。
感じ様のところで詠もうとしましたが
諦めました(笑)

点数: 1

添削のお礼として、葉月庵郁斗さんの俳句の感想を書いてください >>

「船を漕ぐ乙女に肩を夏の宵」の批評

回答者 中村あつこ

句の評価:
★★★★★

 こんにちは。
拙句遠花火にコメントありがとうございます。
 私も親の介護の経験はありますが、夫となると又、違いますね。こちらの体力も衰えてますし。される側の気持ちも理解できますしね。
 何かあれば、句の種だ〜!と頑張りますね。

点数: 1

添削のお礼として、中村あつこさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

東京の梅雨夜深い眠れない

作者名 優子 回答数 : 0

投稿日時:

稲妻に塾の送迎くり返す

作者名 えこ 回答数 : 2

投稿日時:

初霜やベンチに残る銀河あり

作者名 やまちゃん 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『船を漕ぐ乙女に肩を夏の宵』 作者: かこ
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ