俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

終でなく蛍の光始めなり

作者 めいしゅうの妻  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

道場の皆さま、なかでも特にイサク氏を尊敬されている皆さまへ
今回の私の軽はずみな言動により皆さまの大好きなイサク氏を傷つける結果となり大変申し訳ありませんでした。またそのことで大事な道場内をお騒がせしましたこと
重ねてお詫び申し上げます。今回のことはあくまでも私個人の独りよがりな感情のもつれから起こしてしまったことであり、その経緯を話せばまた言い訳にしかなりませんので止めておきます。昨夜ご本人様にはお詫びを申し上げましたがその気持ちが届いているかどうかは自信のないところで有ります。本年5月より本道場に加えさせていただき短い間ではありましたが俳句を教わり多くの方達と楽しい時間を過ごす事ができました。ここにあらためてお礼を申し上げます。
老兵がひとり道場から出て行くだけのこと、どうか皆様くれぐれもお気を悪くなさらないで下さい。
佐渡さんへ・・・一番仲の良かった佐渡さんともっとご一緒したかったです。
おかえさん・・・いつまでもお元気で。
宮武さん・・・いくつか褒めていただきました。
春野さん・・・猫かわいがってね。
ちゃあきさん・・・少ししか話せなかったですね。
葉月庵さん・・・大好きな人を傷つけてゴメン。
なおじいさん・・・最後までありがとう。
負乗さん・・・いつもありがとう。
感じさん・・・文法ありがとう。
めでかやさん、水谷さん、やすさん、こま爺さん、有難うございました。
末筆ながら皆さまのご健康とご多幸を心よりお祈り申し上げます。
さようなら。

最新の添削

「終でなく蛍の光始めなり」の批評

回答者 葉月庵郁斗

めいしゅう様の奥様へ
心中お察しします。
文面だけでは誰だって亡くなられたように
受けとるでしょうね。
ご本人様は死んでお詫びするとありました。
もし本当なら
たった数ヶ月のしかもネット上でのやりとりで
死を選んだなら正真正銘のバカ正直な
方過ぎて尊敬いたします。
お気持ちはわかりますが
これ以上人を傷つけても
イサク様や卓鐘様の事を誰も
悪く思わないと思いますので、
道場の事はとっととお忘れ下さいませ。

句の評価:
★★★★★

点数: 6

添削のお礼として、葉月庵郁斗さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「終でなく蛍の光始めなり」の批評

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

めいしゅうさん、いや、めいしゅうさんの奥様、こんにちは。初めまして。
奥様から卓鐘さんへのコメント拝読しました。僭越ですが、卓鐘さんより前に私から少しコメントさせてください。

奥様は、何か勘違いをなさっています。どれほどのことをご主人様からお聞きになっているかわかりませんが、すでにめいしゅうさんはご自分の非を認めていらっしゃいます。
その上でこのような恨み言のような書き込み、ご主人様が知ったらどうお思いになるでしょうか。

奥様の書き込みには、いくつもの誤解や事実誤認があります。それを私はお伝えしたいです。

まず、「ご本人様からならいざ知らず」とおっしゃっていますが、イサクさんは一人ひとりに必ずコメントを返す担当だったわけではありませんので、別にめいしゅうさんに返事をしなくてはならない義務とか責任など無いのです。
また、イサクさんは、ご主人様の言われなき中傷のせいで、すでにこの道場を去ってしまったのです。どうして返事ができましょうか。

次に、卓鐘さんを「部外者」呼ばわりなさっています。卓鐘さんは部外者などではありませんよ。れっきとした、この道場の中心人物です。仲間です。
部外者とは、構成員以外の、事情をよくわかっていない人のことを言います。
この道場はみんな仲間です。奥様は、誰かが助けを求めてきた時に、「私は部外者だから」とか放っておきますか?卓鐘さんは同じ道場の仲間だからこそ、助け舟を出したのです。私もそうです。困っている人がいたら、部外者とかではなく助けてあげようとします。まして仲間ならなおさらです。

「主人もさぞ打ちひしがれたと思います」とのことですが、先に打ちひしがれたのは、「勘違い」とか「滑稽だ」とかと揶揄されたイサクさんだと思います。
あの方ほど、この道場で長く一生懸命だった方は知りません。イサクさんは、誰に対しても必ず「様」付けで書き込みをしていました。それだけでも、イサクさんの姿勢が伺えると思います。その方が「返事をくれないから」とかで言われなく中傷されるのはおかしいです。

「主人はバカ正直」、これは悪くないことです。しかし、「権威をかさに上から目線の人間を許さない人でした」。これは誰のことですか?こんな人は誰だって嫌いですが、まさかイサクさんのことではないですよね。イサクさんはどんな人にも丁寧にご指導くださいました。
そもそもイサクさんには権威はないですから。先生ではないですし。
ここに矛盾があるのです。ご主人様は、イサクさんが全く相手にしてくれなかったとおっしゃっていながら、「権威をかさに上から目線」とか言うのだとしたら、それはおかしくないですか?なんでわかるのですか?

「そのことを人にお伝えするのがへたな人でもありました」とのこと。この道場は、コミュニケーションはもちろん大事ですが、大切なことは、「自分はバカ正直な人間です」とか「権威をかさに上から目線の人を許さない」とか、そんなことを伝える場ではありません。自分の俳句を投稿して、また、他の人の作品にコメントをして高め合う場です。
でも、繰り返しますが、ここは自分の問いかけに対して必ず答えが返ってくるシステムでもルールでもないということです。

最後に、卓鐘さんの投句「炎天や」は、この件とは全く関係ないでしょう。なぜかというと、なぜ卓鐘さんが、めいしゅうさんのための俳句を投句しなくてはならないのですか。
私は卓鐘さんではありませんが、長年のお付き合いでそのくらいはわかります。

めいしゅうさんの奥様、どうかご理解ください。そして、ご主人様にお伝えください。もうこれ以上、部外者である奥様に書き込みなどさせることなく、もう一度、ご参加くださいと。ここまでの書き込みをご覧ください。誰もただ一人として、「あなたはもう二度とこの道場へ来るな」などと言っていませんから。

私は、イサクさんに去られて、言いようのない虚しさの中でこの道場を続けています。事情を知らない初めての方が毎日のように投稿なさってます。この方々に今まではイサクさんが懇切丁寧に指導していましたが、今は力不足ですが私とかみんなで手分けして対応しています。
イサクさんがどこかでこの道場を覗いてくれて、戻ってくださることをマジ、毎朝毎晩仏壇に祈っています。私がしばらく留守にしていた時に、私の復帰を願ってくださる方がおられました。その方々には今でも感謝しています。それと同じに、私はイサクさんに戻って欲しいのです。

長くなりましたが、奥様、どうか誤解のないように。めいしゅうさんはすでにお詫びなさっています。ご事情お分かりでないかもしれませんが、どうかご理解のほどよろしくお願いします。

点数: 12

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

「終でなく蛍の光始めなり」の批評

回答者 おかえさき

句の評価:
★★★★★

おはようございます。
事の経緯やめいしゅうさんの本当に後悔とお詫びの気持ちは伝わりました。
人生に失敗は付き物です!私なんかどの位あの時ああすれば…という思いを持った事か…人は皆今世の課題を持って生まれてくると思っています、それを学んでこれからの人生や来世に活かしていけばいいのかと…
めいしゅうさんには、一度対面の句会に参加する事をお勧めします、対面であれば、顔を見ての討論や必ず返答が帰ってくるかと思われます。
その上で、ほとぼりが冷めた頃名前を変えてでもまた、戻って来られたら如何でしょうか?イサクさんもいつまでも根に持つ方ではないと思いますよ!
今一度、なおじいさんやちゃあきさんのコメントを読まれて、くれぐれも奥様や愛犬の為、変な気は起こされませんように願っております。
「人の世に後悔数多夏の星」

人生は悔恨の種を蒔きながら生きていく…何かの書物で読んだ記憶が
偉そうな事を申し上げ失礼しました<(_ _)>
また、道場でお会い?しましょう!

点数: 7

添削のお礼として、おかえさきさんの俳句の感想を書いてください >>

「終でなく蛍の光始めなり」の批評

回答者 めでかや

句の評価:
★★★★★

To:めいしゅうさんの奥様

めいしゅうさんに送りたい句がありますのでお伝えください。

・もういいよ嗚呼夕凪のかくれんぼ

へたくそながら精一杯の気持ちを込めてみました。
もう風は止んでいます。かくれんぼはやめて出てきてくださいな。
明日は何して遊びましょうかねぇ?。

なお本句、めいしゅうさんのことを思って精一杯詠んでみましたので
添削、コメント頂けましたら幸いです。今後とも宜しくお願いいたします。

点数: 4

添削のお礼として、めでかやさんの俳句の感想を書いてください >>

「終でなく蛍の光始めなり」の批評

回答者 葉月庵郁斗

句の評価:
★★★★★

イサク様がここを辞める事を知り
頭に血が登ってしまい
暴言を吐いてしまった事を深く
お詫びします。
めいしゅう様のお心内はよくわかりました。
ここは出入り自由ですし
宮武様のおっしゃるとうり
嫌な相手がいるならブロックして
俳句を楽しんだら良いと思います。
これからも俳句を続けられて俳筋力が
ついてきたらこちらの素晴らしさが
必ずわかると思いますので、
お待ちしております。

点数: 3

添削のお礼として、葉月庵郁斗さんの俳句の感想を書いてください >>

「終でなく蛍の光始めなり」の批評

回答者 佐渡

句の評価:
★★★★★

めいしゅうさん!おはようございます。
いつもお世話になっております。
俳句は続けてください。
いつも日かまたこの道場でお目にかかりましょう。
お互い元気に頑張りましょう。
またの日を楽しみ待っています。

点数: 2

添削のお礼として、佐渡さんの俳句の感想を書いてください >>

「終でなく蛍の光始めなり」の批評

回答者 宮武桜子

句の評価:
★★★★★

おはようございます

ずっと沈黙していて申し訳なかったのですが、実はこのようなごたごたを4、5回この道場で見たことがあります。人が入れ替わるたびにあるようです。もはや道場あるあるです。

めいしゅうさんはバカ正直タイプに見えます。でも顔が見えないネットは言葉だけなので注意がいると思います。
俳句がお好きだし、これからの進化が見たいので続けて欲しいです。

私はお二人ともここにいて欲しいと思っています。いっそお互いブロックし合って続けて下さい。

点数: 2

添削のお礼として、宮武桜子さんの俳句の感想を書いてください >>

「終でなく蛍の光始めなり」の批評

回答者 やす

句の評価:
★★★★★

めいしゅう様

私の名前まで出して下さりありがとうございます。
私もめいしゅう様に負けないよう俳句
頑張ります!
どこかに投句して選ばれる日が来るようお互い頑張りましょうね😊

点数: 2

添削のお礼として、やすさんの俳句の感想を書いてください >>

「終でなく蛍の光始めなり」の批評

回答者 やす

句の評価:
★★★★★

めいしゅう様

私の名前まで出して下さりありがとうございます。
私もめいしゅう様に負けないよう俳句
頑張ります!
お互い細く長く頑張りましょうね😊

点数: 1

添削のお礼として、やすさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

春暁や鞄の隅の処方薬

作者名 あらちゃん 回答数 : 2

投稿日時:

軒の下右往左往の雀蜂

作者名 竜子 回答数 : 8

投稿日時:

叔母からのキウイ寒夜に煮詰めジャム

作者名 まつちか 回答数 : 3

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『終でなく蛍の光始めなり』 作者: めいしゅうの妻
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ