俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

日を追って移りて行きぬ寒雀

作者 よし造  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

観察したわけではないが、寒雀は日向にいることが多い気がする。

最新の添削

「日を追って移りて行きぬ寒雀」の批評

回答者 なおじい

こんにちは。よし造様、いつもお世話になってます。拙句に温かいコメントいつも有難うございます。

御句拝読しました。雀の生態をよくご存知ですね。
私は、「日を追って」の意味は「日ごとに」という意味だと思いました。昨日より今日、今日より明日、というように。そしたら日向の意味ですね。時刻によって動きますよね。
まあ、大きく考えれば同じことですよね。日ごとに移動するのも日向が微妙に移動するからで…。(え?餌がなくなるから移動?そうなの?)

ただ、どちらの意味にしても、「追って映りて行きぬ」が重いですね。これはちょっと、読み替えたいかなと。

「日を追って」を「日向」とか「ひだまり」とかで表すのもいいでが、私は、「日」という漢字を「陽」とするだけで、「日にち」という
意味とは取られなくなると思いました。

・陽のあたる方へ方へと寒雀

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「日を追って移りて行きぬ寒雀」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
いつも勉強させていただいています。

御句、たしかに、日向を狙っていっている感じはしますね。
日を追って、というのが、日が太陽のことでなく、日数のことのように誤読するのと、追う、移る、行く、動詞が少し多く感じたので、こんな形はいかがですか?
陽だまりへ移りて行きぬ寒雀

点数: 1

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

「日を追って移りて行きぬ寒雀」の批評

回答者 はや

句の評価:
★★★★★

雀の様子をよく見ているんだなあ、と思いました。でもコメントを見ると観察した訳ではないとのこと。それなのにこんな句が詠めるなんてびっくりです。すごい。

「日を追って」が、「日に日に」という意味かと思いました。より暖かい場所探して日々場所を変えている、という意味ではそれもありなのかなと思いました。

ひだまりにまた増えてをり寒雀
暖かいところに集まってくる様子にしてみました。

点数: 1

添削のお礼として、はやさんの俳句の感想を書いてください >>

「日を追って移りて行きぬ寒雀」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

おはようございます。
私の手元に置いている句と発想が同じです。類想ありそうですね。
(こちらのサイトでは類想そのものは気にせず投句しています)

「日」が「日なた」の意味にとれるかどうかは微妙だと思います。
げばげば様の「日にち」、わたしは「太陽そのものを追って」移動すると捉えました。

「追ひて移りて行く」の動詞三段重ねがこの句のポイントですが、ふたつでもあまり景が変わらないように思いました。
「追ってゆく」「移ってゆく」「追って移る」など・・・
(ひとつでもOKっぽいですが、そこまでは言いません)
その音数分を、「日」を伝わりやすくする方へ使ってもいいのかなと・・・
ストレートに「日なた」や、げばげば様はや様提案の「陽だまり」や、他にも表現方法はありますか。

提案句は動詞なしで。

・陽だまりを此処から其処へ寒雀

点数: 0

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

幾三角西瓜染みて還える子ら

作者名 すみれ 回答数 : 4

投稿日時:

花冷えや長き廊下の永平寺

作者名 久田しげき 回答数 : 2

投稿日時:

テレビから晴れの予報や更衣

作者名 竜子 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『日を追って移りて行きぬ寒雀』 作者: よし造
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ