俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

気にしつつサイドミラーの蜘蛛の糸

作者 負乗  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

投稿止めた句。ただ類想を避けたいの一心で。

最新の添削

「気にしつつサイドミラーの蜘蛛の糸」の批評

回答者 もんな

負乗さま
鉄ミシンへの添削ありがとうございます。
シンプルの方がスッと入ってきて分かりやすいですね。

負乗さまの句
サイドミラーの蜘蛛の糸、気になりますよね!
そう言われれば、気になることってたくさんあります、車の中に入ってしまった虫とか、寝るときにブーンと一匹だけの蚊の音とか。
そういうことを詠めるようになりたいです。

またよろしくお願いいたします。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、もんなさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「気にしつつサイドミラーの蜘蛛の糸」の批評

回答者 卓鐘

句の評価:
★★★★★

お久しぶりです!コメントいただいてたのに遅れてすみません!これからもよろしくお願いします🙇‍♀️

御句おしい!
蜘蛛の巣をサイドミラーに連れ帰る
という句が秀作に選ばらとりましたよ笑

点数: 3

添削のお礼として、卓鐘さんの俳句の感想を書いてください >>

「気にしつつサイドミラーの蜘蛛の糸」の批評

回答者 感じ

句の評価:
★★★★★

こんばんは🌇お世話になります。
おしゃるとおり、類想に入るような気はしますね。
上五を変えて、蜘蛛の巣の「ネチネチ感」に絞ってはどうでしょうか。
・どこまでもサイドミラーの蜘蛛の糸
また、別の視点から。
サイドミラーの「車」は「山」道を走って、蜘蛛の糸、をつけてしまった。
そのまま、つけたまま、「山」から「海」を走る。
・海沿をサイドミラーの蜘蛛の糸
よろしくお願いします。

点数: 2

添削のお礼として、感じさんの俳句の感想を書いてください >>

「気にしつつサイドミラーの蜘蛛の糸」の批評

回答者 めいしゅうの妻

句の評価:
★★★★★

負乗様
おはようございます。いつも有難うございます。
蜘蛛の糸の句にコメントと提案句有難うございました。
ご提案句も良いと思います。
原句は自分でも好きな句の一つとなりました。
そのように思えるのは、100句作ってひとつくらいですね。
またもう100句目指して頑張ります。
掲句もそうですが、最近横文字句が多いですね、それもみんな良い句ばかりで。
私はまだ横文字の入った気のきいた句は作れておりません。勉強に成ります。
横目にてサイドミラーや蜘蛛の糸
と詠みましたがどうでしょうか?
次の赤信号で停車したときに取りましよう。
よろしくお願いします。

点数: 2

添削のお礼として、めいしゅうの妻さんの俳句の感想を書いてください >>

「気にしつつサイドミラーの蜘蛛の糸」の批評

回答者 佐渡

句の評価:
★★★★★

負乗さん!おはようございます。
いつもお世話になっております。
泉のコメントありがとうございます。
80才近くなるとやはり死というものが現実として頭に浮かびます。
余命を考えるなんて俳句も詠みました。
西行の歌は嫌いではないです。
御句
類想も良いのではそこからカーブとかフォークとか
提案です。
・いつのまにサイドミラーの蜘蛛の糸
類想ど真ん中ですね(笑)
よろしくお願いいたします。

点数: 1

添削のお礼として、佐渡さんの俳句の感想を書いてください >>

「気にしつつサイドミラーの蜘蛛の糸」の批評

回答者 卯筒

句の評価:
★★★★★

負乗様、皐月波の句のコメントありがとうございます。
オノマトペは俳句を詠みだした当初結構取り入れていたのですが久々にチャレンジしてみました。
さらに勉強します。

点数: 1

添削のお礼として、卯筒さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

春の海あんよ上手や砂の音

作者名 白井百合子 回答数 : 3

投稿日時:

眼前をあふるる海や初鰹

作者名 卓鐘 回答数 : 3

投稿日時:

林行くどんぐり数え百を越え

作者名 岸本義仁 回答数 : 0

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『気にしつつサイドミラーの蜘蛛の糸』 作者: 負乗
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ