俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

鰯雲しろいタイルをふむルール

作者 ヒマラヤで平謝り  投稿日

要望:厳しくしてください

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

よろしくお願いいたします

最新の添削

「鰯雲しろいタイルをふむルール」の批評

回答者 こま爺

はじめまして。

初心者なのでほとんど読み取ル能力がございまん。その上で単純かつ愚直な質問をさせていただきます。
例えば、次のような句があったとしたら違いはなんなんでしょうか。
” 鰯雲白いはんけち振るルール

よろしくお願いします。

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、こま爺さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「鰯雲しろいタイルをふむルール」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

こ、こんばんは。は、はじめまし・・・
このレベルの人に「お願いします」言われても緊張するだけなのですけれど。

御句、取り合わせとしては特に問題らしき問題はないと思うのです。
同時投句のもう一句はともかく(笑)

上五で「鰯雲」で空を見ている状況から「しろいタイルをふむルール」という地面を見る状況への視線移動。さらに「ルール」という語での着地。さてこの句を詠んでいる主体はどんな人なんだろう、というのは少し悩みます。
このままだと、こどもの目線ではなさそうですよね。

取り合わせ句なので添削らしい添削ではないのですが、植物季語の方が合いそうだなあとは思っています。

・落葉落葉白いタイルを踏むルール

こどもらしさを前面に出すなら、「季語が秋」「【タイルをふむルール】での着地」だと難しい気もしますね。

・白いタイル踏む道赤とんぼ飛んだ

めっちゃコメント緊張するんですけど・・・

点数: 2

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

「鰯雲しろいタイルをふむルール」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

わお!ヒマラヤさん、こんにちは。
ここに来られるなんてっ!本物?
厳しくと言われても、ヒマラヤさんほどのレベルの方に私が、、、と。でもベテラン若手関係なく思ったことを言う場所ということなので。コメントに唯果さんも来てる!

御句。できている句のように思うのですが、兼題から詠んだ句なのでしょうか?若干白いタイルと鰯雲との取り合わせとしての意識の近さが気になります。白い雲と白いタイルの狙い。あと、視線のせわしさについては、イサクさんから出ていました。
「鰯雲しろい/タイルをふむルール」という切れに見えるところも気になりますね。
鯖雲や白いタイルを踏むルール
と切れがあればいけるかもですね。

わたしもこういう句を詠んだことあります。
中七下五は「白を踏まねば死ぬ遊び」発想似てます~。まだ推敲途中なので季語は空けておきますがいろいろ入れると楽しそうです。

もう1句の方は、韻踏みラップのようで楽しい句でした!

たしかに厳しくと言われても、緊張する~。

点数: 2

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

「鰯雲しろいタイルをふむルール」の批評

回答者 めでかや

句の評価:
★★★★★

まずは『ヒマラヤで平謝り』これ好きです!。
私の俳号も『子豚さんご無沙汰しております』に変えよっかな(笑)。

言いたいことは以上でしたが折角なので感想をば。

自分独自のルールと言うか、ゲン担ぎと言うかありますよね(^_-)-☆。
ここは強く賛同、分かるわぁ~。
問題は取り合わせた『鰯雲』、白い雲が断続的に続いているもの。
白いタイルのルールと少しばかり近すぎかと思いました。
私が取り合わせるなら夕焼けが良いかなぁ。
『春夕焼しろいタイルをふむルール』
色を合わせるのではなく、茜色と白色の対比を持ってきたいと
思いました。

私は俳句を始めて半年の初心者です。
正直、感想を投稿することも失礼になることもあるとは思いますが、
これも勉強と思って書かせて頂いております。お許しください。
今後とも宜しくお願いいたします。

点数: 1

添削のお礼として、めでかやさんの俳句の感想を書いてください >>

鰯雲しろいタイルをふむルール

回答者 唯果

句の評価:
★★★★★

的を得ない鑑賞になるかもしれませんが、ご容赦ください。
「鰯雲」の季語としろいタイルをふむルールとの取合わせ句かと思いますが、12音のフレーズが謎過ぎて、作者の意図するところに到達するのが難しいのではと思いました。夏井組長が言うところの読者にもう少し配慮した言葉の選び方が必要ではないかと…。鰯雲と取合わせているのだから、タイルを踏む動作は屋外なのかと思います。子どもの遊びの一種なのでしょうか?だとしたら、ルールで着地するよりも「あそび」とした方が、わかりやすいのではと思います。遊びでないとしたら、「ルール」は守らなければならない決まりでしょうか?だとしたら、鰯雲の柔らかなイメージとは離れてしまうような…。
以上率直な感想でした。とりとめもない感想で
ごめんなさい🙏。

点数: 1

添削のお礼として、唯果さんの俳句の感想を書いてください >>

「鰯雲しろいタイルをふむルール」の批評

回答者 宮武桜子

句の評価:
★★★★★

おはようございます。

ジャックニコルソンの恋愛小説家を思い出しました。
ただ、季語との取り合わせが今ひとつわかりませんでした。

点数: 1

添削のお礼として、宮武桜子さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

茫として時報のラヂヲ梅雨籠

作者名 いなだはまち 回答数 : 4

投稿日時:

川面にはさざ波よせて秋の風

作者名 久田しげき 回答数 : 0

投稿日時:

黴のある風呂をいやいや使ひけり

作者名 イサク 回答数 : 13

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『鰯雲しろいタイルをふむルール』 作者: ヒマラヤで平謝り
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ