俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

軽トラの轍の先の梨の花

作者 鳥越暁  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

新聞俳壇没句

最新の添削

「軽トラの轍の先の梨の花」の批評

回答者 感じ

再訪です。
頂いたコメント、私の読解不足でした。
「作者に軽トラは見えていない」と部分は取り消します。「見えいる」のですね。
しかし、提案句に変更はありません。
理由は「しかし、人によっては」以下であり、作者の視点と梨の花の存在位置が私としては気になるからです。
よろしくお願いします。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、感じさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「軽トラの轍の先の梨の花」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
いつも勉強させていただいています。
鳥越さん、ごぶさたしています!!

御句。「の」の視線の誘導がいいですね。別の形の誘導で轍を少し描くのもありますね。
軽トラの轍まがりて梨の花
軽トラの轍の伸びて梨の花

点数: 4

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

「軽トラの轍の先の梨の花」の批評

回答者 かこ

句の評価:
★★★★★

鳥越さん
おはようございます。

視線が移動できなくて、画がわからないです。

軽トラの轍の跡や桜散る

とかならわかりやすいですが、(もしかしたら私だけかもしれませんが)まず軽トラを映像化してしまって”轍の先”が映像化出来なくて、梨の花がどこにあるか全くわからない状況です。

点数: 2

添削のお礼として、かこさんの俳句の感想を書いてください >>

軽トラの轍の先に梨の花

回答者 めでかや

句の評価:
★★★★★

おはようございます。
梨の花は桜に似ていて綺麗ですよね。

御句 ~の~の~の~の の使用は故意と思いますので
そのリズムを重要視したいのであればそのままで良いと思います。

一方で、あっ!、梨の花が咲いているというという発見、感嘆を
表したいのであれば最後の ”の” は ”に” に代えられるかも知れませんね。
どちらにしたらよいかは作者の意図次第と思いますが・・・。

今後ともよろしくお願い致します。

点数: 1

添削のお礼として、めでかやさんの俳句の感想を書いてください >>

「軽トラの轍の先の梨の花」の批評

回答者 こま爺

句の評価:
★★★★★

おはようございます。

土っぽい農村風景が目に浮かび、良い句だと思います。私も「の」の羅列が良いかどうかよく分かりませんが助動詞「なる(にある)」を使うのも手かと思います。

” 軽トラの轍先なる梨の花

よろしくお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、こま爺さんの俳句の感想を書いてください >>

「軽トラの轍の先の梨の花」の批評

回答者 佐渡

句の評価:
★★★★★

鳥越暁さん!おはようございます。
いつもお世話になっております。
げばげばさんが良い提案されていますね。
勉強になります。
同じような提案ですが。
・軽トラの曲がりくねりて梨の花
二番煎じですが・・・
よろしくお願いいたします。

点数: 1

添削のお礼として、佐渡さんの俳句の感想を書いてください >>

「軽トラの轍の先の梨の花」の批評

回答者 感じ

句の評価:
★★★★★

こんばんは🌆お世話になっております。
御句について、詳しいコメントいただきました。
その上で思うところを。
・「軽トラの轍」
私は、作者には「軽トラ」が見えていると思っておりました。
そして「轍」とは「くるまなどが通った跡」です。
このあたり、私は「軽トラ」しか毎日通っておらず、その「轍」は「軽トラの轍」であると作者もわかっており、そして、句が詠まれた時点でも、「轍」はもう完全に形成されており、その先に「梨の花」があると解釈しました。
しかし、人によっては、「轍」は「車」の跡であり、つまり、「軽トラの前方に轍はなく」、その「跡」の先にある梨の花とは、作者はいかなる視点から、「梨の花」を見ているのかと思う読者もいるかと思います。そういうコメントもありましたが。
・確かに、作者にとって「軽トラ」は句意として重要な「措辞」とは思いますが、「実景」として「軽トラ」は見えてないですし。🤔
句意とはずれるかもしれませんが、
・山道に轍のありて梨の花
よろしくお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、感じさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

寄り切りに座布団の飛ぶ十二月

作者名 ドキ子 回答数 : 2

投稿日時:

愛し子の幸せ願う冬の朝

作者名 堀籠美雪 回答数 : 4

投稿日時:

浅春や仏間に日射し足捌

作者名 藤井茂 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『軽トラの轍の先の梨の花』 作者: 鳥越暁
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ