俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

停電で初めて見えた天の川

作者 黒徹  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

大都会は明る過ぎて天の川が見られない。
停電で初めて見た人がいる事を知りました。

最新の添削

停電に初めて見えし天の川

回答者 げばげば

こんにちは。
いつも勉強させていただいています。

天の川の句では、これが一番好きです!
天の川を何かに見立てたりしていない。
「停電」という措辞で状況が見える。真っ暗、困った、、、急げ懐中電灯、、。あ、、空を見ると初めて天の川見えたね。いつも、街並みに光が多すぎるんだね。
こういうストーリーがさーーっと見えました。なぜ停電になったのかはひっかかりますけどね、停電のほとどの理由は空が曇ってますし、それ以外の理由だなということで収めました。

ということで、少し上五「で」が気になるので、

停電に初めて見えし天の川

とさせていただきました(*'▽')

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

秋まつり飛騨春慶の椀そろへ

作者名 久田しげき 回答数 : 1

投稿日時:

脈拍の静かなる朝半夏生

作者名 佐渡 回答数 : 3

投稿日時:

夕暮れて稗島の数キセルの火

作者名 いなだはまち 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『停電で初めて見えた天の川』 作者: 黒徹
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ