俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

木蓮のほの赤々と帰り道

作者 コウ  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

いつもお世話になります。
真っ白な木蓮の花
夕日には染まり綺麗でした。
宜しくお願い致します。

最新の添削

「木蓮のほの赤々と帰り道」の批評

回答者 かこ

おはようございます、

帰り道ほんのり赤し白木蓮

時系列そのままに詠んでも、種明かし的で良いかなと思います。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、かこさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「木蓮のほの赤々と帰り道」の批評

回答者 感じ

句の評価:
★★★★★

おはようございます😃
「木蓮」画像と歳時記調べました。
「ピンク」と白木蓮、があること知りました。
そして、御句コメント読まず、の感想。
赤々、で、帰り道に、「ピンク」の木蓮がところどころに咲いている景を思いました。
そして、「ほの」とは、その「赤」を弱めるための、「ピンク」に近づける「ほの」かと。
次に、「ほの」について調べました。
・少し、わずかに【副詞】
・ほの白い、はありましたが、私が調べた限り、「ほの赤い」はありませんでした。 
また、「ほの」を【副詞】と解しても、「赤々」と「赤」が二つで強すぎて、「ほの」と「赤々」が合わないと思いました。
そこでコメント通り
・白木蓮夕陽に染まる帰り道
よろしくお願いします

点数: 3

添削のお礼として、感じさんの俳句の感想を書いてください >>

「木蓮のほの赤々と帰り道」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
いつも勉強させていただいています。

御句。やはり帰り道は若干とってつけた感じはします。ほんのり赤い木蓮もあるので、せっかくなら夕日の赤でありたいですね。夕日で赤くなると書くと直接的なので、少しずらしていきます。夕方の街を灯る感じで少し詩が出るかなあと。いかがですか?提案より改ですが。

はくれんのほのと灯りて夕さり来

点数: 2

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

「木蓮のほの赤々と帰り道」の批評

回答者 佐渡

句の評価:
★★★★★

コウさん!おはようございます。
いつもお世話になっております
白木蓮が染まるほどの夕焼けだったですね。
綺麗でしょうね。
提案句です。
・うす赤く西日を浴ぶる白木蓮
上手くありませんが,西日は夕日でもいいかな?
よろしくお願いいたします。

点数: 1

添削のお礼として、佐渡さんの俳句の感想を書いてください >>

「木蓮のほの赤々と帰り道」の批評

回答者 エイジちゃん

句の評価:
★★★★★

おはようございます。
調べてみると、季語「木蓮」は紅紫色の花を咲かせるようです。
また、あなた様の句とはまったく関係ないことですが、私の近所では、白木蓮の方が先に咲くような気がします。

せっかく、真っ白な花を詠まれるのですから、季語「白木蓮(はくれん)」を使って、夕日をイメージしながら、
・はくれんをほのあかあかと帰り道
とされてはいかがでしょうか。
助詞の使い方が間違ってたらお許し下さい。
 宜しくお願いいたします。

点数: 1

添削のお礼として、エイジちゃんさんの俳句の感想を書いてください >>

「木蓮のほの赤々と帰り道」の批評

回答者 こま爺

句の評価:
★★★★★

今晩は。
私の主観かも。
帰り道はそのままで意味を含むのでしょうね。類想もありそうです。特別ゲストのような取ってつけたような感じもします。

”木蓮のほのあかあかの家路かな

私の思い違いかもしれません。

点数: 1

添削のお礼として、こま爺さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

夏の風ハッカの香りつい手出し

作者名 翔子 回答数 : 0

投稿日時:

雫ひとつ内臓に落ち風薫る

作者名 負乗 回答数 : 15

投稿日時:

月草の夕にはしぼむ青さかな

作者名 コウ 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『木蓮のほの赤々と帰り道』 作者: コウ
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ