俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

恋多き母猫の産む異父きょうだい

作者 伊勢史朗  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

生物学上は間違っていませんが川柳ですな。

最新の添削

「恋多き母猫の産む異父きょうだい」の批評

回答者 春野ぷりん

おはようございます!伊勢さんいつもありがとうございます😊ふきのとうの句、また勉強して後々ひらめいた時直して再投句してみようと思います。
【感想】猫は本当に「恋多き猫」ですね。たくさんの子猫が母猫の周りにまとわりついている様子が浮かびます。わが家の猫2匹は♀で避妊手術をしていますが、それでもやっぱり雄の猫が庭に来るとお腹を出してくねくねして喜んでいますよ。猫ちゃんに毎日癒されています。
またよろしくお願いいたします😊

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、春野ぷりんさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「恋多き母猫の産む異父きょうだい」の批評

回答者 負乗

句の評価:
★★★★★

伊勢史朗様、またまたこんばんは🙂
お世話になります。
「猫」は、それだけで春の季語になるのかどうか、まだ判然としませんが、この句は「猫の恋」が季語ですかね…
「産む」の語は、要りますかね…
ちょっと考えてみました。
「子の父は誰ぞと母猫に問ふも」
(「母猫」は季語になりますかね…🤔)
「子の父は誰ぞと春の猫に問ふ」
とか… うーん
しかし、もし人を暗示しているとしたら、かなりドギツイですかね…

また宜しくお願いします😉

点数: 1

添削のお礼として、負乗さんの俳句の感想を書いてください >>

「恋多き母猫の産む異父きょうだい」の批評

回答者 佐渡

句の評価:
★★★★★

伊勢史朗さん!おはようございます。
いつもお世話になっております。
満作のコメントありがとうございます。
晨朝(しんじょう)こんな言葉があるんですね。勉強になりました。
御句
猫の生態はよくわかりませんが、確かに異父兄弟多そうですね。
よろしくお願いいたします。

点数: 1

添削のお礼として、佐渡さんの俳句の感想を書いてください >>

「恋多き母猫の産む異父きょうだい」の批評

回答者 こま爺

句の評価:
★★★★★

存問とは、
1 安否を問う、また慰問することです。
2 四季における自然や、人の人生や、そ
の生活への挨拶であり、呼びかけるこ
とです。
私の句は後者の方です。「鳥さんたち人間見たいに喧嘩ばかりせずにそんなふうに仲良くしようね」という思いを暗に込めた積もりです。

御句恋多き母猫に存問されたのですね。
なんか躾しているようにも思えます。もっと貞操観念を持てと。

それと、恋、母、異父兄弟と盛り込み過ぎではではないかと。

よろしくお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、こま爺さんの俳句の感想を書いてください >>

「恋多き母猫の産む異父きょうだい」の批評

回答者 森本可南

句の評価:
★★★★★

恋多き母猫美猫異父兄弟

漢字多くなってしまいました。
美猫が、もてるのは、ウチの猫ちゃんが、証明。

よろしくお願い致します。

点数: 1

添削のお礼として、森本可南さんの俳句の感想を書いてください >>

「恋多き母猫の産む異父きょうだい」の批評

回答者 春野ぷりん

句の評価:
★★★★★

こんにちは!山ガールの句に添削コメントありがとうございます!色では季語にならないということで、また勉強になりました。そして本当、そうです上五が字足らずでした!「ウェアー」でしたなね。ありがとうございます。色々、難しいな~と感じています。が、また添削よろしくお願いします😊

点数: 1

添削のお礼として、春野ぷりんさんの俳句の感想を書いてください >>

「恋多き母猫の産む異父きょうだい」の批評

回答者 エイジちゃん

句の評価:
★★★★★

こんばんは。
ワイパーの句のご批評、ありがとうございます。また、詩的とのコメントには、うれしくて舞いあがってしまいました。
 季語「春の雨」を起点にして句のイメージを作ろうとしたのがよくなかったです。
これからは、できあがった句に有頂天になりながらも、「俯瞰」の態度を怠らないように心がけたいと思います。
宜しくお願いいたします。

点数: 1

添削のお礼として、エイジちゃんさんの俳句の感想を書いてください >>

「恋多き母猫の産む異父きょうだい」の批評

回答者 ドキ子

句の評価:
★★★★★

ひひなの句と桜貝の句の添削ありがとうございます。
桜貝の句のは考え方の方向性が間違っていました。
季語と向き合いたいと思います。
ひひなの句は、押入れの匂いという表現が良くなかったと思います。類想でもありました。
勉強になります。

御句の感想です。
猫の恋という季語のどの部分を詠むべきかが分かりました。とても勉強になります。
自分の句を客観的に見れるように精進したいと思います。
いつも的確なコメントありがとうございます。
またよろしくお願いしますm(_ _)m

点数: 1

添削のお礼として、ドキ子さんの俳句の感想を書いてください >>

「恋多き母猫の産む異父きょうだい」の批評

回答者 ドキ子

句の評価:
★★★★★

再訪すみません。
コメントいただきありがとうございますm(_ _)m
季語についてまだ何も知らなく、勉強不足の私にいろいろアドバイスをしていただき感謝しています。
熱心に指導してくださる先輩方の期待に応えたいと思っていますが、たぶん時間がかかると思います。
でもめげずに励もうと思っています。
いつもありがとうございます。
これからもよろしくお願いしますm(_ _)m

点数: 1

添削のお礼として、ドキ子さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

宙飛びて蜘蛛は欄干繋ぎをり

作者名 コウ 回答数 : 4

投稿日時:

蜥蜴見て区別がつかぬイモリかな

作者名 翔子 回答数 : 1

投稿日時:

宿題のその後は枯れる秋の入り

作者名 鳥越暁 回答数 : 3

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『恋多き母猫の産む異父きょうだい』 作者: 伊勢史朗
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ