俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

長蛇の列の背中温むる初日かな

作者 かこ  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

温むる=ぬくむる

初詣行ってきました。暖かかった。神社が南向きなので背中に日が当たります。
福袋の列とも思われるかもですがそれはそれでもいいかなあ。

最新の添削

「長蛇の列の背中温むる初日かな」の批評

回答者 めでかや

かこさん、こんにちは。いつもお世話になっております。
”鯱が跳ぶ”へのコメントありがとうございますね。やはり炬燵の中でネットニュースを見ながら作句していてはリアリティーがありませんでしたね。足りない部分は自分の頭の中で適当に作るからこれまた始末が悪い。
技術があればそれを上手く埋めることも出来るのでしょうが、結局はその技術不足というのが現状でした。今後とも宜しくお願いいたします。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、めでかやさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「長蛇の列の背中温むる初日かな」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
いつも勉強させていただいています。
お名前は変わっているかと思いますが、ねむりさん、ご無沙汰しております。ぜひ今後ともいろいろ教えていただけるとうれしいです。
御句。初日が背中を温めるという流れに少しだけ理を感じてしまったので、温いかどうかは出さぬ方向はいかがでしょうか?たとえば

初日さす長蛇の列のなかにゐる

点数: 5

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

「長蛇の列の背中温むる初日かな」の批評

回答者 めでかや

句の評価:
★★★★★

ねむりさん、初めでして。昨年11月から参加させて頂いております”めでかや”と申します。俳句を始めたのも11月なので初心者ですので、ご指導の程よろしくお願い致します。
御句、『長蛇の列を作っている人の背中に初日が当たって温めている』とかなり具体的に説明されているように感じました。難しいことは分かりませんが提案句が浮かんだので書かせて頂きます。
・参拝の列暖むる初日かな
初日が1人の背を温めているのではなく万人を包む暖かさのようなもの、それが参拝と響きあったら宜しいかと思いました。
生意気なことを書いていることの失礼お許しください。これもまた勉強と思っておりますのでご意見いただけたら幸いです。今後とも宜しくお願いいたします。

点数: 3

添削のお礼として、めでかやさんの俳句の感想を書いてください >>

「長蛇の列の背中温むる初日かな」の批評

回答者 ドキ子

句の評価:
★★★★★

鏡餅の句の添削ありがとうございます。
季語の知識が浅いままに詠んでいました。
上五中七を使っていろいろな季語が使えるのですね。藤田湘子先生の本にも、そういった内容が書かれていました。
勉強になります。
「待つテーブルに鏡餅」という添削句は、とても勉強になります。光景が浮かびます。

御句の感想です。
賑わっている感じが伝わってきます。人が群がっている様子や息遣いも聞こえてくると思います。
私は少し前まで、型三の「かな」に苦手意識を持っていました。今は少しは上手く詠めるようになったと思いますが…。
良い句だと思います。勉強になります。
またよろしくお願いしますm(_ _)m

点数: 1

添削のお礼として、ドキ子さんの俳句の感想を書いてください >>

「長蛇の列の背中温むる初日かな」の批評

回答者 こま爺

句の評価:
★★★★★

今晩は。
遅まきながら、俳句の主題について勉強中です。

早速ながら、御句の主題について考えさせてもらいました。

さて、御句の主題は
①列が長くうんざりした。
②温かくなりつつあり背中に温もりを感じた。

もし①だとしたら
長蛇の列背も暑苦し初日かな
もし②だとすると
行列の背中の温し初日かな

すみません、現役時代の人の批判は得意で自身は何もしないとある人を思い出しました。すみません。

あくまでご参考になればと。

点数: 1

添削のお礼として、こま爺さんの俳句の感想を書いてください >>

「長蛇の列の背中温むる初日かな」の批評

回答者 ドキ子

句の評価:
★★★★★

元日の句の添削ありがとうございます。
元日を俯瞰して見るという偉そうな句となりました(汗)
やはり実体験ではないものは否ですよね…。
俳句は楽しいので言葉遊びのようなチャレンジをしてしまいます。
しかし基本と大切だと思っています。
まだまだ勉強することは、たくさんあります。頑張りたいと思います。
またよろしくお願いしますm(_ _)m

点数: 1

添削のお礼として、ドキ子さんの俳句の感想を書いてください >>

「長蛇の列の背中温むる初日かな」の批評

回答者 コウ

句の評価:
★★★★★

かこ様 

お世話になります。
年賀状の句を読みとって頂き有難うございます。励みになります。

御句、拝読させて頂きました。
長蛇の列に縦の並びが浮かび福袋を思ってしまいました(^^;; 欲深いでしょうか 笑
「背中温むる」には景がありありと感じられました。お日様の力は凄いですよねー
まして初日ですから
素敵な初詣になられたと思います。

また、どうぞよろしくお願い致します。

点数: 1

添削のお礼として、コウさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

桜散る賽銭箱の音の散る

作者名 こま爺 回答数 : 4

投稿日時:

近寄りてそつと撫でるや竜の髭

作者名 かぬまっこ 回答数 : 2

投稿日時:

くちばしを天へひと啼き息白し

作者名 竜子 回答数 : 3

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『長蛇の列の背中温むる初日かな』 作者: かこ
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ