俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

水鳥の次に浮かぶはあの辺り

作者 めでかや  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

子供の頃から生き物をただじっと見ていることが好きでして・・・。
それでどうした?となりますかね。
すみません、あとは読み手に任せました(笑)。
よろしくお願い致します。

最新の添削

「水鳥の次に浮かぶはあの辺り」の批評

回答者 げばげば

再訪です!
コメントありがとうございます!

そうかー、なるほど。ティファールだけならフライパンも鍋もあるし、ケトルだけてはわからないかもしれないですね!ありがとうございます💫

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「水鳥の次に浮かぶはあの辺り」の批評

回答者 ちゃあき

句の評価:
★★★★★

めでかやさん、こんばんは。「安芸の牡蠣」の拙句に温かい御意見ありがとうございました。励みになります。
御句:水に潜っていて鳥は見えていないのでしょうけど、景が想像できるところが面白いなと思いました。「次に」で作者が見入っている感じが出ていていいですね。
あの辺りって、どの辺りなんだろ? ふくらみのある句なので僕は好きです。

点数: 3

添削のお礼として、ちゃあきさんの俳句の感想を書いてください >>

「水鳥の次に浮かぶはあの辺り」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

おはようございます。

この句悪くないと思います!
「もぐる」が省略できていて、きっちり意味はわかります!
佐渡爺様が工夫しようとしていますが、下五「あの辺り」をうまく映像化できると、さらに良くなりそうな気がします。

点数: 3

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

「水鳥の次に浮かぶはあの辺り」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
いつも勉強させていただいています。

マニュキアの句コメントありがとうございます。そうなんです。「~して~する」の叙述型で自分の行動の動詞で締めたので、行動の説明になった感じです。
めでかやさん、がんがん意見してくださいねー、うれしいです!

御句。いい句ですね。先日の岸和田城の堀で見た光景がまさに17音になっているように思います。次に浮かぶ、というのが面白いですね。

点数: 2

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

「水鳥の次に浮かぶはあの辺り」の批評

回答者 佐渡

句の評価:
★★★★★

めでかやさん!おはようございます。
いつもお世話になっております。
水鳥のコメントありがとうございます。
公園の池ですから、それほど広くないから小競り合いありますよ。
広くてもあるだろうけど。
御句
良いと思います。生物の観察力がある人の俳句ですね。
提案句です。
・水鳥の浮かぶ先は杭のとこ
よろしくお願いいたします。

点数: 1

添削のお礼として、佐渡さんの俳句の感想を書いてください >>

「水鳥の次に浮かぶはあの辺り」の批評

回答者 おかえさき

句の評価:
★★★★★

いつもありがとうございます<(_ _)>
御句いいな~と思っていたら、先を超されていました。
素直で今までのめでかやさんの句で1番好きかも…!作ろうとしてなくさらっと出来たような?
あの辺りとぼかした所がかえっていいように私は思います🙆
この前書き忘れましたが、冬山の句の言葉を息子さんに送るとの事、光栄に思います✨辛い経験した人は必ず人の気持ちが分かる人になるはずです!息子さんにエールを送ります✴

点数: 1

添削のお礼として、おかえさきさんの俳句の感想を書いてください >>

「水鳥の次に浮かぶはあの辺り」の批評

回答者 こま爺

句の評価:
★★★★★

こんにちは。方言をについて正に私は播州平野まあ関西の端っこ、少数派でした。情報ありがとうございます。

さて御句、水鳥の現れたり消えたりの動きが眼に浮かびます。動きを想像させるのも一つテクニックなのですね。

私も勉強します。よろしくお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、こま爺さんの俳句の感想を書いてください >>

「水鳥の次に浮かぶはあの辺り」の批評

回答者 葉月庵郁斗

句の評価:
★★★★★

ムンク句コメントありがとうございました
色々問題がある句なのでボツ句当然です。
投句する時は推敲してこれが一番と思うのですがね(笑)
御句あの辺りの言い回しいいですね
またよろしくお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、葉月庵郁斗さんの俳句の感想を書いてください >>

「水鳥の次に浮かぶはあの辺り」の批評

回答者 佐渡

句の評価:
★★★★★

めでかやさん!こんにちは!
いつもお世話になっております。
赤子(赤ちゃん)の定義ときましたか。
生まれたばかりは乳児だとおもうけど?
気になって調べてみました。
決まりはないようですが、2歳くらいでも赤ちゃんというようです。
幼児となると範囲が広がり水鳥の独特な歩き方にどうかな?幼稚園児、小学低学年も幼児という言わないかな?
ご忠告は承ります。
よろしくお願いいたします。

点数: 1

添削のお礼として、佐渡さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

正月や年男なり亡き父は

作者名 友也 回答数 : 0

投稿日時:

脳電極から流れ出るわたしの愛の最大出力

作者名 やけもの 回答数 : 0

投稿日時:

ジョロの水やはり冷たき木の芽時

作者名 負乗 回答数 : 4

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『水鳥の次に浮かぶはあの辺り』 作者: めでかや
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ