俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

右窓に連なる冬田六号車

作者 イサク  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

即吟。某句のちょっとパクリ🤗
大阪へ向かう新幹線です。本当は11号車。

最新の添削

「右窓に連なる冬田六号車」の批評

回答者 マサト

紅葉鍋の句の添削ありがとうございます。
名詞の同僚で詠嘆するべきでした。
今回は季語の配合よりも上五中七の推敲不足でした。
添削句はとても勉強になります。
季語は「紅葉鍋」でまあ良いとのことで、少し安心致しました。
添削していただけるのは、とても励みになります。
またよろしくお願いしますm(_ _)m

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、マサトさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「右窓に連なる冬田六号車」の批評

回答者 土谷海郷

句の評価:
★★★★★

イサクさんこんにちは。
いつもお世話になってます。

御句ですが、「右肩に~七号車」のパクり・・・いやオマージュですね(笑)
プレバト歴代俳句でトップ5に入った名句。
「連なる冬田」というところに景色の動きが感じられます。
まぁ本歌取りのような形なので、特に言うことはないですね。

またよろしくお願いします。

点数: 3

添削のお礼として、土谷海郷さんの俳句の感想を書いてください >>

「右窓に連なる冬田六号車」の批評

回答者 めでかや

句の評価:
★★★★★

イサクさん、おはようございます。
毎々、ご指導いただき誠にありがとうございます。

御句、皆さんなんで六号車何だろうと思いましたが、やはりパクぃゃぃゃ音数の都合だったのですね。具体的な数値をいれると何かリアリティーが増しますもんね。
また、色々な数字をあてはめてみて、リズムだったり韻であったり、見た目(漢字の型、或いは算用数字もあったりして)なども考慮したら面白いですね。たいへん参考になりました。

一から九まで試してみましたがやはり今回の最適数字は六、なにか数字の持つ力自体が弱くて合わせやすいように思いました。今後ともよろしくお願い致します。

点数: 1

添削のお礼として、めでかやさんの俳句の感想を書いてください >>

「右窓に連なる冬田六号車」の批評

回答者 友也

句の評価:
★★★★★

イサクさんの俳句を拝読しました。
情景が浮かんで、参考にしたいと思いました!

いつも鋭い批評と添削をありがとうございます。「六号車」とすることで、より具体的な映像が浮かぶのですね。勉強になります。

次回作も楽しみです。今後ともよろしくお願いします!

点数: 1

添削のお礼として、友也さんの俳句の感想を書いてください >>

「右窓に連なる冬田六号車」の批評

回答者 佐渡

句の評価:
★★★★★

イサクさん!おはようございます。
お馴染みの新幹線の俳句ですね。
いつも右側が定石ですか。
自然と日本の稲刈りの後の原風景が目に浮かびます。
六号車はグリーンかな?
これからもよろしくお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、佐渡さんの俳句の感想を書いてください >>

「右窓に連なる冬田六号車」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんにちは!
いつも的確なコメントありがとうございます。

七号車にはしなかったのですね!右と号車と来たら、皆藤さんですね😆
やはり、掲句も下五の数詞で、具体的な光景になるいい句です。

点数: 1

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

「右窓に連なる冬田六号車」の批評

回答者 葉月庵郁斗

句の評価:
★★★★★

いつもありがとうございます
数字を入れると具体的になりますね。
添削なんて恐れ多いので
勉強させて下さいませ。

座席D右へ右への冬田かな 

映像に動きがあるし
座席が右に動く誤読かも?
失礼しました。
とりあえず大阪へ向かっているのは
わかると思います(笑)
またよろしくお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、葉月庵郁斗さんの俳句の感想を書いてください >>

「右窓に連なる冬田六号車」の批評

回答者 コウ

句の評価:
★★★★★

イサク様

再訪です。
大阪に向かわれいるのですね!
窓や新幹線の号車を明確にすることで
冬田の映像がより具体的に見えてきますね。
そこに座っているかのようです。
勉強になります。

また、宜しくお願いいたします。

点数: 1

添削のお礼として、コウさんの俳句の感想を書いてください >>

「右窓に連なる冬田六号車」の批評

回答者 こま爺

句の評価:
★★★★★

いつもありがとうございます。

冬田は季語、景色の映像は浮かびますね。
右側にはなにか特別な意味はあるのでしようか。左でなくて右、なにかあるのですね。
小生のような田舎者には6号車との取り合わせが何のことか、今ひとつ。
失礼しました。

指摘事項: 新旧仮名遣いの混用

点数: 1

添削のお礼として、こま爺さんの俳句の感想を書いてください >>

「右窓に連なる冬田六号車」の批評

回答者 マサト

句の評価:
★★★★★

冬の宵の句の添削ありがとうございます。
「泡」→「浮く」は省けました(汗)推敲不足です。気づいてもいませんでした。
たぶん最近ちょっとばかり調子に乗っていたのです。いつものように転んで、夢から覚めました。
添削句はとても勉強になります。
「夜景」や「スパークリングワイン」を入れないと何を表しているのか分かりませんね(汗)
季語も「冬の街」のつもりでしたが、自分だけの思い込みでした。
ご指摘に感謝致します。

御句の感想です。
11号車を6号車にするのは、深い意味があるのですね。
新幹線と入れずに6号車で表すのはすごいと思います。勉強になります。
並んだ窓に田圃が映し出されているのが想像できます。
進歩のない初心者ですが、これからも頑張ります。
よろしくお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、マサトさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

そよ風にポピー色よく混じり合ふ

作者名 素一 回答数 : 1

投稿日時:

棺に添う籠のほたるの灯りかな

作者名 輝久 回答数 : 3

投稿日時:

銀狼の吠えるが如き芒かな

作者名 ぬらりひょん 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『右窓に連なる冬田六号車』 作者: イサク
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ