俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

毛糸編む老婆の歌ふひばりかな

作者 ちゃあき  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

毛糸を編みながら美空ひばりの歌を口ずさんでいるお婆さんです。
お遊びで昭和の歌姫と平成の歌姫の名前を入れてみました。
ご意見よろしくお願いします。

最新の添削

「毛糸編む老婆の歌ふひばりかな」の批評

回答者 登盛満

ちゃあきさん、こんにちは。
「鰯雲」の句への添削いただきありがとうございました。
そうですよねー。なかなかしっくりする措辞が浮かびませんでした。
思い切って湯島聖堂って事にしちゃおうかしら(笑)

そして、ちゃあきさんも俳句ポスト入選おめでとうございます。
せかせかとした世情になって来て、みんななんだかいつも急いでる感じですが、鈍行の旅!イイですねぇ〜
鰯雲を眺めているときの心持ちとぴったり合うと思いました。

「毛糸編む」の句、拝読し、おばあさんが毛糸編みながらひばりさんの歌(何がいいですかねー、川の流れのようにですかねー)うたってるの想像して、ホッコリしました。安室ちゃんも見つけて、またホッコリ。このままいただきます。
今後ともよろしくお願いします。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、登盛満さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「毛糸編む老婆の歌ふひばりかな」の批評

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

ちゃあきさん、こんにちは。
御句拝読しました。
まず御句について、私は

・毛糸編む老いの口からひばり節

と提案します。「老い」では女性かどうかわかりませんが、「毛糸編む」で想像してもらえるかと。最初は「口からひばり出る」でしたが、それでは手品かホラーだ(笑)。

また、アムロちゃん消えてしまいましたので、お詫びに次の句を置かせていただきます。

・先(さき)歩みひばりの歌だ光る浜

一度読み終わたら先頭につなげます。そうすると、御句にいなかったあと二人の歌姫が登場します。でも残念ながら季語が…。
ひばりは春の季語ですがここでは違うしね…。悔しい(笑)!

点数: 3

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

「毛糸編む老婆の歌ふひばりかな」の批評

回答者 負乗

句の評価:
★★★★★

ちゃあきさん。こんにちは🙂
いつもコメントありがとうございます😉

私の行き付けの小料理屋のお母さんも、ひばりさんの歌が大好きでした。倒れて今は施設にいますが…😔

「毛糸編む老婆の歌ふ…」に多少説明感が有るような…
「毛糸編み老婆の歌ふひばりかな」
の方が良いようにも…

しかし、「ひばり」という固有名詞でも、何ら詩情が損なわれていない、というもは、美空ひばりさんて、ホントに凄いですね😉

また宜しくお願いします。

点数: 2

添削のお礼として、負乗さんの俳句の感想を書いてください >>

「毛糸編む老婆の歌ふひばりかな」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
いつも勉強させていただいています。

御句。語順かえる?と言おうとおもったら、安室ちゃんが隠れてるのかあ、なるほど。短歌の隠題(物名)に似てる感じがしますね。おもしろい。

点数: 1

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

「毛糸編む老婆の歌ふひばりかな」の批評

回答者 めでかや

句の評価:
★★★★★

ちゃあきさん。おはようございます。

”壁有りて”へのコメント、提案句有難うございました。
「 超 え 難 き 壁 あ り 冬 の 壁 あ り て 」
これなら”ら抜き”言葉を使わなくて済みそうですね。
正直、最近は”ら抜き”言葉が主流、私もテレビ等を見て言えて気になる方の
人間ですが言葉は変化するものだと言い聞かせています。
こんかいはならば、使ってやろうじゃないかと言ったところです。

さて、”安室”&”ひばり”。コメントを詠んでも”安室”は分かりませんでしたよ。
ひょっとしたら分からなくても良い、一人でニヤリだったのかも知れませんな。
次は令和の歌姫”あいみょん”&”ひばり”でお願いいたします。

今後とも宜しくお願いいたします。

点数: 1

添削のお礼として、めでかやさんの俳句の感想を書いてください >>

「毛糸編む老婆の歌ふひばりかな」の批評

回答者 友也

句の評価:
★★★★★

ちゃあきさんの俳句を拝読しました。
情景が浮かんで、大好きな作品になりました!

御句めっちゃいいですね。詩情溢れて素敵です。毛糸編む老婆が美空ひばりを歌っているというが、本当に映像としてしっかり出てきますね。「ひばりかな」の詠嘆がとても綺麗で素敵です。素晴らしいです。こう言う何気ない風景を切り取った、詩情溢れる句を詠めるようになりたいです。

「ボーナスは黒いお洒落なコートかな」との添削ありがとうございました。ボーナスが冬に季語から外れたという「虚構新聞」の記事を事実と誤認して使ってしまいました。恥ずかしいですね。幸い、たまたま季重なりが気にならないとのこと感謝でした。添削いつも本当に助かっています。

次回作も楽しみです。今後ともよろしくお願いします!

点数: 0

添削のお礼として、友也さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

梨二切れ大きさ比べる子どもかな

作者名 林涼介 回答数 : 2

投稿日時:

沢庵のような夏月カフェテラス

作者名 さつき 回答数 : 0

投稿日時:

をりとれば微かな香り木槿かな

作者名 森田 広務 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『毛糸編む老婆の歌ふひばりかな』 作者: ちゃあき
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ