俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

五七五指を折りつつ日向ぼこ

作者 なおじい  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

こんにちは。訳あってやはり直次郎はやめて、なおじいに戻ります。お騒がせしました。またよろしくお付き合いくださいm(_ _)m。

最新の添削

「五七五指を折りつつ日向ぼこ」の批評

回答者 めでかや

なおじいさん、おはようございます。

いつもコメント頂きましてありがとうございます。大変勉強になっております。

なおじいさん、鋭すぎですよ!(笑)。
実は”枯葉”の句を読もうと思った瞬間に恋人よ♪の歌が頭の中に流れていて・・・しかし歌詞をそのまま持ってくるのは如何なものかと思い恋人だけが残った次第です。

さて、提案頂いた【恋人の去りし◯◯◯◯落葉舞う】ですが、
実は昨日、最初浮かんだ句が【恋人の去りし後ろに落葉舞う】だったんですよ。
今朝、見返して見て少し説明臭く感じたために
投稿句の【落葉舞う恋人去りしその後に】に直してみました。

私、個人的に倒置法が好きなのかも知れません。
俳句って助詞一つ、語順一つで全く感じが変わってしまうので難しいですよね。

今後ともご指導の程、宜しくお願いいたします。

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、めでかやさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「五七五指を折りつつ日向ぼこ」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
いつも温かいコメントありがとうございます!

まあ、私は改名してもなおじいさんと呼びますけどねえ。
日向ぼこ数日だけの直次郎

点数: 6

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

「五七五指を折りつつ日向ぼこ」の批評

回答者 つちや郷里

句の評価:
★★★★★

なおじいさんおかえりなさいませ(笑)
お名前戻されたんですね。
今後ともどうぞよろしくお願いします。

御句
何をするにしても、ふと俳句のことを考えて音数を数えてしまうことはよくありますよね。
「五七五」は文字数で数えると四文字ですが、声に出すときは「ごぉしちご」となるので音数で数えれば五音になりますね。
「火恋し」という四文字だけど五音で数える季語があるので、これは許容できるでしょう。

・「日向ぼこ俳句の素材探しつつ」

点数: 2

添削のお礼として、つちや郷里さんの俳句の感想を書いてください >>

「五七五指を折りつつ日向ぼこ」の批評

回答者 ちゃあき

句の評価:
★★★★★

なおじいさん、おはようございまーす。やっぱりこの方がしっくりします。(*^_^*)
げばさんの提案句にはプッと吹き出してしまい思わず「いいね!」押しちゃいました。
御句。俳人ならではの情景句ですね。「つつ」がいいかどうかは検討の余地はあるかもですが、なおじいさんらしさが出ているのでこのままいただきます。
これからもよろしくお願いします。

点数: 2

添削のお礼として、ちゃあきさんの俳句の感想を書いてください >>

「五七五指を折りつつ日向ぼこ」の批評

回答者 登盛満

句の評価:
★★★★★

なおじいさん、こんばんは、お帰りなさいませ! なんか嬉しいです♪( ´θ`)
なおじいさんがお留守の間、直次郎さまがお留守番をしてくださっていたのですが、ついつい言い間違えて(書き間違えて)しまいそうになっておりました(笑)

御句、ハイポニストあるあるの句で共感しかありません。
ついつい指を折らない日向ぼこは存在しませんよね。
もちろん、このままいただきます。
今後ともよろしくお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、登盛満さんの俳句の感想を書いてください >>

「五七五指を折りつつ日向ぼこ」の批評

回答者 葉月庵郁斗

句の評価:
★★★★★

いつもありがとうございます
直次郎さんは親戚のおじさんが
代わりに詠まれてたんですよね(笑)
光景見えくる素晴らしい句です。
もちろんこのままいただきます。

点数: 1

添削のお礼として、葉月庵郁斗さんの俳句の感想を書いてください >>

「五七五指を折りつつ日向ぼこ」の批評

回答者 めでかや

句の評価:
★★★★★

なおじいさん、おはようございます。
婆さんの句へのコメントありがとうございます。
”婆”の字をできるだけ使わないとの考え、何となくですが
言われてみて強く共感いたしました。

その理由が一致しているかは分かりませんが、婆ちゃん子だった
私にとって婆ちゃんは凄く大きな存在でした。
そしてその存在は今の私の記憶の中に強く残っています。

ここで私の詠んだ句を今一度読み返してみると、縁側で日向ぼっこを
している淡い背景に婆さんの姿だけがくっきりはっきり浮かんでいるんですよね。
本来ならば日向ぼっこの暖かいイメージを伝えたかったのに・・・。
また針と糸のクローズアップもしたかったのですが、そんなの全くありませんね。
漢字一文字の持つ強さみたいなものもあるんですね。本当に勉強になります。

さて五七五の句への正直な感想ですが、
私なら”指を折りつつ”のうち”を”と”つつ”は省いちゃうかも知れません。
三文字減らしたところに、人なり時間なりの情報を入れちゃうかも。

・五七五指折るあたし日向ぼこ
・五七五指折る二時の日向ぼこ

多分、もともと持っていた”折りつつ”の良さを消してしまった改悪句に
なっているような気がしますが、よろしくお願いいたします。

点数: 1

添削のお礼として、めでかやさんの俳句の感想を書いてください >>

「五七五指を折りつつ日向ぼこ」の批評

回答者 コウ

句の評価:
★★★★★

なおじい様

こんにちは。お帰りなさいませ。
直次郎様もカッコイイ!ですが…
長く親しまれたお名前を改名するのは
大変なことなのかな?と勝手にも思ってます🤔
「かたち良き柿のみ」の句では、
皆様「なんだーこれー?」と思われましたよね😂貴重なお時間を使わせてしまいほんとにら申し訳なかったです。
でも、いろいろ考えて下さり
句意にぴったりのユーモラスなご提案句
有難うございました。
また、懲りずに宜しくお願い致します。

御句、拝読させて頂きました。
五七五、よく指折り数えてます^^;
日向ぼっこしながら、あーでもない、こーでもない、考えいるのは楽しいです。
とっても合いますよね😊
光景ありありと浮かびます。

点数: 1

添削のお礼として、コウさんの俳句の感想を書いてください >>

「五七五指を折りつつ日向ぼこ」の批評

回答者 めでかや

句の評価:
★★★★★

なおじいさん、こんにちは。

こちらこそ申し訳ありません。
なおじいさんの個人的な字に対するイメージに私自身が強く共感してしまったことが
原因の一つですね。なんか、すごくわかるような気がしちゃいまして。

皆様にも誤解は全くないと思いますよ。
私自身も、初心者の私に対する皆様の応援というように受け止めております。
『浮かんだ言葉を自分の言葉で表せば良いよって!まずは楽しんでっ!』と言うのが
わたしの解釈です。

今後ともよろしくお願いいたします。

点数: 1

添削のお礼として、めでかやさんの俳句の感想を書いてください >>

「五七五指を折りつつ日向ぼこ」の批評

回答者 コウ

句の評価:
★★★★★

なおじい様

こんばんは。いつも温かい添削有難うございます。
「木守柿」の句にも添削句有難うございました。
やはり中七のやはしっくり来ないかなーと
皆様にご意見頂き思っていたところです。
中七で断定することもそうですし
なおじい様のご提案句
「青空に一つ差し色」ですと「木守柿」がクローズアップ
されてくるように思いました。
いつもいろいろ考えて頂き有難うございます。

また、どうぞ宜しくお願い致します。

点数: 1

添削のお礼として、コウさんの俳句の感想を書いてください >>

「五七五指を折りつつ日向ぼこ」の批評

回答者 ドキ子

句の評価:
★★★★★

七五三の句の添削ありがとうございます。
直次郎さんも良い俳号とは思いましたが、やはりなおじいさんに親しみを持っていました。いつも添削ありがとうございます。
ご指摘のように「子供」を入れるべきでした。
添削句はとても勉強になります。

御句の感想です。
とても共感する良い句だと思います。
私も毎日、仕事の合間にも指を折って俳句作りをしております。
俳句の勉強をするようになってから、言葉の知識が増え、以前より効率良く物事を片付けることができるようになりました。
俳句の勉強はまだまだですが、自分の人生が潤っている気がします。
学ぶ事は大事ですね。
これからも頑張りたいと思います。

点数: 1

添削のお礼として、ドキ子さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

水鳥の翼水面を打ち飛び立つ

作者名 HF立志 回答数 : 1

投稿日時:

行く春や行く宛てなしの五能線

作者名 さつき 回答数 : 3

投稿日時:

カフェオレのミルク増し増し台風過

作者名 げばげば 回答数 : 8

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『五七五指を折りつつ日向ぼこ』 作者: なおじい
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ