俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

寄鍋や趣味は俳句と言い出せず

作者 なおじい  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

こんにちは。なおじい改め直次郎です。
もともと「なおじい」はラジオネームで(笑)、以前から改名は考えていたのですが、ズルズルそのまま来てしまいました。本日、1,200段になりましたので、それをきっかけに改めさせていただきました。

前句、「燃やすもの」にはたくさんのコメント有難うございました。
本句は添削依頼の句ではありませんが、何かありましたらどうぞお聞かせください。
それでは今後ともよろしくお願いします!

最新の添削

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「寄鍋や趣味は俳句と言い出せず」の批評

回答者 葉月庵郁斗

句の評価:
★★★★★

コメントありがとうございました
直次郎様のおっしゃるとおり
三段切れ回避での野良猫耳としました。
さすがです。
またよろしくお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、葉月庵郁斗さんの俳句の感想を書いてください >>

「寄鍋や趣味は俳句と言い出せず」の批評

回答者 つちや郷里

句の評価:
★★★★★

なおじいさん改め直次郎さんこんにちは。
改名なさったのですね!慣れるのに時間がかかりそうです(笑)
私も海郷を「みさと」という読み方ではなく、もっと俳人っぽく「かいごう」もしくは「かいきょう」なんかにしようかと悩んでおりました(笑)
1200段もおめでとうございます。

御句ですが、すごくわかります。
以前、仕事場で雑談してたときに趣味が何か聞かれたのですが、なんか恥ずかしくて俳句とは言えませんでした。
知ってるのは友人と母の2人だけです(笑)

これからもよろしくお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、つちや郷里さんの俳句の感想を書いてください >>

「寄鍋や趣味は俳句と言い出せず」の批評

回答者 めでかや

句の評価:
★★★★★

直次郎さん、"蜘蛛”の句へのコメントありがとうございます。

貴重なご意見を頂きまして、本当にうれしく思います。
まず「待っていろよ」ですか、これは太陽に向かって言った蜘蛛の言葉です。
最初は”陽”と言う字を充てたのですが、俳句の世界では太陽のことも日と書く
ようなので、直しました。
その結果、”あるか秋の日のことですが”というニュアンスが強くなってしまいましたね。

次に「蜘蛛が飛ぶ」ですが、力強さがあっていいと思ったのですが、伝わらなければ意味がありませんもんね。素直に同じ意を持つ「雪迎え」の季語を選定すべきでしたね。

イメージとしては昔ヒットした「ハチのムサシは死んだのさ」の感じですだったんですけどね。今、思ったのですが「雪迎え」と「ハチのムサシ」で読んだ方が良かったのかも知れませんね。
いやいや、「ハチのムサシ」も知らない人が多いか(*´Д`)。

俳句って本当に難しいですね。
”オリジナリティや、発想を飛ばすということ”のさじ加減が私には掴めていないんですよね。その感性をこの場をお借りして鍛えたいと思います。

今後ともよろしくお願い致します。

点数: 1

添削のお礼として、めでかやさんの俳句の感想を書いてください >>

「寄鍋や趣味は俳句と言い出せず」の批評

回答者 ちゃあき

句の評価:
★★★★★

直次郎さん、こんばんは。いつもありがとうございます。「チクタク時計」を完璧に理解していただけただけで嬉しいです。ゼンマイ時計→ネジ巻時計→チクタク時計と三段階の推敲をへています。ポルターガイストじゃありません。(笑)
またよろしくお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、ちゃあきさんの俳句の感想を書いてください >>

「寄鍋や趣味は俳句と言い出せず」の批評

回答者 ドキ子

句の評価:
★★★★★

時雨傘の句と真鱈の句の添削ありがとうございます。
時雨傘の方は、そういう風に詠めるのかと納得しております。ご指摘に感謝致します。
添削句は「背」という韻も踏んでいてとても勉強になります。

真鱈の句の方は、歩く真鱈と誤読させる表現でした。
添削句は勉強になります。
「婆」という言葉を頭の中に入れておきたいと思います。俳句は17音しかないので、いつか必要な時もあるかなと思います。もちろん敬意を込めて使います!
いつも添削ありがとうございます。

点数: 1

添削のお礼として、ドキ子さんの俳句の感想を書いてください >>

「寄鍋や趣味は俳句と言い出せず」の批評

回答者 ちゃあき

句の評価:
★★★★★

直次郎さん今晩は、いつもお世話になっております。「呼び鈴」の拙句に御意見ありがとうございました。直次郎さんのおっしゃる通り「日短し」で勿論いいんですけど、日短(ひみじか)を下五に置いた場合は藤田湘子先生によりますと「ひ・みじか」と一音分に相当する休止を入れて読むんだそうです。よく使われているので、僕も初めて使ってみました。う~ん、直次郎さんに慣れるまでもう少しかかりそうですが、次回もよろしくお願いします。(*^_^*)

点数: 1

添削のお礼として、ちゃあきさんの俳句の感想を書いてください >>

「寄鍋や趣味は俳句と言い出せず」の批評

回答者 ぽちっと

句の評価:
★★★★★

はじめまして。
ど素人の俳句にコメントありがとうございます。
私も悔いが残るばかりで、俳句に残せればと思っています。
まだまだ作り方がわかりません。
よろしくお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、ぽちっとさんの俳句の感想を書いてください >>

「寄鍋や趣味は俳句と言い出せず」の批評

回答者 友也

句の評価:
★★★★★

いつも大変お世話になっております。ありありと情景が浮かぶいい句ですね。私もこんな句を詠んでみたいです。これからもご指導ご鞭撻のほどよろしくお願いします。

点数: 0

添削のお礼として、友也さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

かあちゃんのおなかすいかはいっとん

作者名 いなだはまち 回答数 : 2

投稿日時:

山茶花や佳きもの落とす昨日今日

作者名 こま爺 回答数 : 5

投稿日時:

盃に写る月影飲み干して

作者名 流れ星 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『寄鍋や趣味は俳句と言い出せず』 作者: なおじい
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ