俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

お土産の手提げを胸に秋時雨

作者 なおじい  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

こんにちは。前句「湯めぐりの…」にはたくさんのコメント有難うございました。秋時雨だから「濡らす」は不要というご指摘、しかと受け止めました!
本句は先日の温泉旅行の続編です。今度は「濡れないように」(笑)という句です。ご意見よろしくお願いします。

最新の添削

「お土産の手提げを胸に秋時雨」の批評

回答者 イサク

こんばんは。

初読で、秋時雨が降ったから手提げを胸に、というところの因果関係が気になりました。
因果関係が出ると、どうしても「濡らさないようにしました」という報告感が・・・

「に」「へ」どちらにしても中七で軽く切れるので、切れをなくして、因果を表に出してしまった方が逆に気になりにくいかもしれません。とか思ってはみたものの。

・秋時雨降りて土産を抱へゆく

・・・うーんダメですね。これでは散文。
何かおもいついたら再訪します。

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「お土産の手提げを胸に秋時雨」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんにちは!
いつも温かいコメントありがとうございます。

御句。いいですねー、できていると思います!
と書いて負乗さんのコメント見ると、たしかに「へ」いいですねー。
胸に引き寄せる動きが見えます。さすがです!

点数: 2

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

「お土産の手提げを胸に秋時雨」の批評

回答者 負乗

句の評価:
★★★★★

なおじいさん、こんばんは🙂
お世話になります。
「スピリチュアル」は、私の隠しておきたかった別号でした。うっかり失敗しました😓
拙句、「川の瀬に〜芋煮会」は、ほんとにお恥ずかしい…😣 "川の瀬"とは、河原ではなく、浅瀬でしたね…(語彙不足でした😱)
もう一句「秋時雨〜狸…」ですが、確信犯の季重なりで、ままよと思って投句しましたが、これでは"入選"は遠いですかね…
ただ、狸は春夏秋冬いつでも居るのに、冬の季語になっているのは、可哀想ですね😔(人が喰う「狸汁」から、"冬"なんですよ🤔)
狸さんのために秋に登場させて上げました😄

さて、御句ですが、難のないと淡々とした良い句と思います。ただ、助詞の「に」を「へ」にした方が、動きが出て来ませんかね…
「お土産の手提げを胸へ秋時雨」
とか…

また宜しくお願いします😉

点数: 1

添削のお礼として、負乗さんの俳句の感想を書いてください >>

「お土産の手提げを胸に秋時雨」の批評

回答者 マサト

句の評価:
★★★★★

紅葉と案山子の句の添削ありがとうございます。
紅葉の句の「喫茶店」はコメント通りの手動式です。オシャレなカフェも良いのですが、純喫茶のような昭和感のある喫茶店のほうが好みです。
褒めていただきとても✕10嬉しいです!

案山子の句は型ニの配合の句のつもりが、比喩的のものになってしまいました(汗)
勉強不足でした。
添削句はとても勉強になります。
褒めていただきお気遣いに感謝致します。
本をもっとよく読んで理解を深めたいと思います。

御句の感想です。
なおじいさんの優しさが溢れた句だと感じました。お土産を濡らさないように胸に抱く様子が見えます。きっとたくさん買われて運ぶのが大変だと、その苦労の様子も想像できます。もしかしたら雨が止むまで店の軒先に少し立っていたのかもしれないとも感じました。
素敵な句だと思います。

点数: 1

添削のお礼として、マサトさんの俳句の感想を書いてください >>

「お土産の手提げを胸に秋時雨」の批評

回答者 森本可南

句の評価:
★★★★★

なおじいさん。添削ありがとうございます。共感してもらえるだろうと、思って作っても、あーだめかー。俳句は、本当に難しいです。

なおじいさんの句ですがお土産を胸に抱いて濡れないように
足早に歩いてる情景が浮かびます。なおじいさんともなると、もう、なおしどころみつかりませーん。安定の句ですね。

点数: 1

添削のお礼として、森本可南さんの俳句の感想を書いてください >>

「お土産の手提げを胸に秋時雨」の批評

回答者 鈴屋いるか

句の評価:
★★★★★

なおじいさん、「稲妻」句へのコメントありがとうございました
本来は私なんぞが皆さんの句へコメントする必要性は全くないはずなのですが
どちらにせよ諸先輩方が的確なコメントをしていただける安心感があるので
鑑賞や添削も勉強と思い賑やかし程度にさせていただいております、、、汗
成長していると言っていただき嬉しい限りです!

さて、御句ですがとても気持ちのよい句ですね
助詞の是非は確かに議論になりそうですが個人的には「に」も良いかと思いました
ぶら下げるはずの手提げを濡れないようにしっかりと胸に抱えている、という意思を感じたためです
ただ、「へ」も確かに動きの景があるのでそれもよくはありますよね、、
どっちつかずですみません

これからもよろしくお願いします

点数: 1

添削のお礼として、鈴屋いるかさんの俳句の感想を書いてください >>

「お土産の手提げを胸に秋時雨」の批評

回答者 森本可南

句の評価:
★★★★★

なおじいさんお世話になっております。
あ、そうか、読みてはカットサロンの帰りだとわからないよねと、反省。本当に勉強になります。ありがとうございます。

点数: 1

添削のお礼として、森本可南さんの俳句の感想を書いてください >>

「お土産の手提げを胸に秋時雨」の批評

回答者 マサト

句の評価:
★★★★★

鰯雲の句の添削ありがとうございます。
褒めていただきとても✕100嬉しく思います!
実は…頭を改造して…感性が向上しました、等と言いたいのですが、それはないです(笑)うっかりの性格も変わらずです。とほほ…(汗)
私も今の状況に驚いています。8月に道場に入って来た時は、季語のある川柳のような句を詠んでいました。アニメや漫画が大好きなので、それを盛り込んだチャレンジ句もありました。
俳句の本を読んで勉強することの大切さを、なおじいさんやイサクさん、道場の皆さんに教えてもらい、少しは成長することができました。感謝致します。

「鰯雲」は実際の体験の句で、「ハロウィン」は想像の句です。私の場合はやはり体験型が合っているとは思いました。
提案句はとても勉強になります。
小豆は北海道産です。
大納言小豆を調べました。京都の高級小豆なのですね。その食パンが売っていたら是非食べたいと思いました。想像するとお腹が減ります(笑)
これからも頑張りたいと思います。
勉強になります。

点数: 1

添削のお礼として、マサトさんの俳句の感想を書いてください >>

「お土産の手提げを胸に秋時雨」の批評

回答者 森本可南

句の評価:
★★★★★

なおじいさん、ご指導ありがとうございました。
さいきん、疲れて
推敲もしないで投句してしまいます。まるで、なにかに、とりつかれたように。
質より、量をこなそうとしてるんですよね。いっぱい作って、いっぱい、添削してもらって、うまくなっていくと思ってるから、それは、勘違いなんでしょうか?よく、わからないです。
わかっているのは、俳句が好きって、ことだけです。

点数: 1

添削のお礼として、森本可南さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

薫風やサイドミラーに昼の空

作者名 かぬまっこ 回答数 : 6

投稿日時:

便箋は真白なままに筆の花

作者名 いなだはまち 回答数 : 5

投稿日時:

二番目の女性と歩く木の芽かな

作者名 黒徹 回答数 : 4

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『お土産の手提げを胸に秋時雨』 作者: なおじい
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ