俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

朱くして吾見つめたる降り月

作者 幸福来々  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

なんか今日の月赤くてでかいんだけど。。。
不吉。。。。

最新の添削

「朱くして吾見つめたる降り月」の批評

回答者 なおじい

幸福来々さん、こんにちは。
御句拝読しました。
私はこの日、幸福さんのこの句を拝読してすぐ空を見上げたのですが、残念ながら月を見つけられませんでした。この前日は見たのですけど(その日は普通でした)。

御句ですが、「吾見つめたる」という措辞が、「吾が見つめている」ということであれば、悪くないと思います。

ただ、いるかさんもおっしゃっているのですが、「吾を見つめている」というように擬人化とも取れると思います。
もしそうであれば、私はいっそ、比喩にしてしまってはいかがかと思い、一つ置かせていただきます。

・涙目に吾見るのごと降り月

いるかさんの「充血」にヒントをもらい、だんだん消えていく「降り月」に合わせて涙目にしてみました。
でも狙い過ぎかもしれません。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「朱くして吾見つめたる降り月」の批評

回答者 鈴屋いるか

句の評価:
★★★★★

幸福来々さん、こんにちは
以前のコメントありがとうございました
以来、いろいろと勉強するきっかけとなりました

本句ですが「月が見つめる」という擬人化が少し気になりました
不吉な感じの演出かと思いますので眼の比喩っぽくしてみました
・吾を見ゆ充血せるや赤き月
擬人化なしの参考句ですと以下のような感じを考えてみました
・遠吠えの響きて昇る赤き月

今後ともよろしくお願いいたします

点数: 1

添削のお礼として、鈴屋いるかさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

白菜や叩き抱きしめ品定

作者名 素一 回答数 : 4

投稿日時:

雪催い一句ひねってトレーニング

作者名 笙染 回答数 : 1

投稿日時:

すいません布団は冬の季語でした

作者名 負乗 回答数 : 3

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『朱くして吾見つめたる降り月』 作者: 幸福来々
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ