俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

雲月や虚空見つめて迷い筆

作者 鈴屋いるか  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

20週俳句入門通読完了
実作までの暗誦週はサクサク行きつつ第壱の型の練習をしようかと

しかし、これまで思いついた詩想について季語を中心に
一物もどきで安直にまとめたので作った気になっていたため
二物で作るのは季語との距離感が難しいです、、、

いつもは詩想があれば5分もせずに軽く作ってたのに
昨日からは結構な時間虚空を見つめて心を濁らせながら汗かき作ってます
苦しくもあり楽しくもあり

最新の添削

「雲月や虚空見つめて迷い筆」の批評

回答者 鷹司晶子

すみません、再訪です。

夕月夜の間違いです。

この機会をかりて、宣言します。もう、俳句以外考えられません。なんども、言ってきたのですが、何度も、何度も。
とにかく、基礎をしっかり、身につけること。俳句に真摯に向き合うこと。俳句に命を削ること。いまは、それしか考えていません。いるかさんには、學んでばかりです。ありがとう御座います。感謝いたします。

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、鷹司晶子さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「雲月や虚空見つめて迷い筆」の批評

回答者 久田しげき

句の評価:
★★★★★
★★

「曇る名月」や「月の雲」は知られていますが、「雲月」は季語としての認識はありません。文語なら「迷い」は「迷ひ」です。

指摘事項: 無季俳句

点数: 2

添削のお礼として、久田しげきさんの俳句の感想を書いてください >>

「雲月や虚空見つめて迷い筆」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
いつも勉強させていただいています。

御句。
久田さんと同じで、雲月が、月の雲のことかなあ?と思って読んだんですが、浅学ですいません!
中七がどういう状況か悩みました、光景があるようでないような。迷い筆なので、習字をしているときに、筆入れを迷っているイメージが出てきました。なら虚空を見つめるというのは?と悩んだ感じです。
伝わる言葉選びってほんと難しい、私も句歴15ヶ月、日々悩みながらです😆

点数: 2

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

「雲月や虚空見つめて迷い筆」の批評

回答者 しゅうこう

句の評価:
★★★★★

いるか様

コメント有難うございます!
色々と読まれているようで勉強させているのですね~見習いたいです☺

20週俳句入門読まれたのですね。(私もそこから始めました(笑))
詩想があれば5分もせずに軽く作っていた、なんて凄い!
思案している時間もまた楽し、ですね(^^*)

点数: 1

添削のお礼として、しゅうこうさんの俳句の感想を書いてください >>

「雲月や虚空見つめて迷い筆」の批評

回答者 ちゃあき

句の評価:
★★★★★

いるかさん、こんばんは。拙句「雨冷や」へコメントありがとうございました。ほめられると照れ臭いですが、僕の場合は下手な鉄砲も数撃ちゃ当たるの方なので、まだまだ勉強が足りません。それに、いるかさんのように五分でなんてとても出来ません。

御句拝読しました。やはりげばげばさんと同じような感想を持ちました。俳句を考えているところだったのですね。こんな感じはどうでしょうか。
「 月 影 や 鉛 筆 を 手 に 空 見 上 ぐ 」
またよろしくお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、ちゃあきさんの俳句の感想を書いてください >>

「雲月や虚空見つめて迷い筆」の批評

回答者 佐渡の爺

句の評価:
★★★★★

いるかさん!こんばんは!
いつもお世話になっております。
俳句20週を勉強中なんですね。私も読みました。
高層ビルコメントありがとうございます。勉強になります。

提案句
あれこれと思い悩む句秋の空

点数: 0

添削のお礼として、佐渡の爺さんの俳句の感想を書いてください >>

「雲月や虚空見つめて迷い筆」の批評

回答者 コウ

句の評価:
★★★★★

いるか様

木犀の香の句にご意見有難うございます。
香につきましてもいろいろ考えて下さり勉強になります。

御句。「虚空見つめて」まさに私がそうです。
あーでもない、こーでもない考えを巡らしております(^^;;
苦しくも楽しい 分かります。

また、どうぞ宜しくお願い致します。

点数: 0

添削のお礼として、コウさんの俳句の感想を書いてください >>

「雲月や虚空見つめて迷い筆」の批評

回答者 鷹司晶子

句の評価:
★★★★★

いるかさん。貴方様、の仲間がここにいますよ。いえ、仲間なんて、おこがましい。イルカさんが、嫌がられる。
私、恥ずかしいです。
今年の6月から、我流で、俳句をはじめ、書物らしきものは、読まずに、9月に、道場に入門し
10月9日で、一ヶ月になります。そんな、いい加減な、私が仲間だなんて、嫌ですよね。
ごめんなさいm(_ _;)m
なお、夏井先生の新聞は、友人が、夏井先生、掲載されてるよと言って、切り抜きを持ってきてくれてます。

夕月や宙みつめ流れる汗拭う作句

同じ思いなのだと、いうことだけは、どうぞどうぞ、わかってください。

点数: 0

添削のお礼として、鷹司晶子さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

白富士や文庫を閉ぢて見る車窓

作者名 丼上秋葵 回答数 : 5

投稿日時:

一人好きただ暇だから俳句詠む

作者名 翔子 回答数 : 0

投稿日時:

花野分け疾風走るや地平線

作者名 コウ 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『雲月や虚空見つめて迷い筆』 作者: 鈴屋いるか
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ