俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

秋渇きカレーに卵混ぜて混ぜて

作者 たーとるQ  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

とある句会で出した句が元。
オリジナルは「混ぜにけり」だが、締め切りの後に「けり」はやはりどうにも違和感、こうしてりゃもっと良かったかも……!という後悔の一句を供養させてほしい。

バリバリ関東民のたーとるだがカレーに生卵は大好き!!

最新の添削

「秋渇きカレーに卵混ぜて混ぜて」の批評

回答者 負乗

たーとるQさん、こんにちは😐
拙句への、ご批評有り難うございました😉
「秋渇き」が、今一つ感得できませんでしたが(なぜ"渇く"のかが…)、そう感じたのなら何か新鮮な気もします。
上五が連用形なので、下五の連用形が、私的には、どうかな、と思いました…
「秋の渇きカレーに卵混ぜて喰ふ」
とか…
うむ…"秋の渇き"…何が渇いているのですかね…🤔
空気ですか…? 己れの体…?

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、負乗さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「秋渇きカレーに卵混ぜて混ぜて」の批評

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

たーとるQさん、こんにちは。
御句拝読しました。
私も関東民(関係ある?)ですが生卵大好きです。炊き立てご飯にかけて食べます。カレーには最近は温泉卵派です。ラーメンには味玉必ずトッピングします。

御句、初読では「混ぜて混ぜて」はえ?これでいいの?と思いました。「混ぜにけり」とかではだめなのかと、ご自身のコメントを拝読。

なるほど、そういうことですね。

それでも私は、リフレインは尊重しながら字余りよりも五音で締めたいと思い、

・秋渇きカレーに卵混ぜ混ぜし

とかではどうかと思いました。

ただ、個人的にあまり混ぜ過ぎるのは好まないので(私の好みを聞かれているわけではないですが)、

・秋渇きカレーに卵かき混ぜて

くらいの混ぜかたでいかがかと思いました。

カレーが食べたくなりました。

点数: 2

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

「秋渇きカレーに卵混ぜて混ぜて」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

おはようございます。あちらでもありがとうございました。

さて、元句の「にけり」の形。
過去・詠嘆の「けり」に、さらに「に」で完了・過去からの継続の意味が強くなる用法です。「に」を抜いて「混ぜけり」ならばもう少し意味が伝わりやすくなりますが、今度は韻律に大問題が。
「けり」の客観的用法は、自分の行動でも使い方次第だとは思いますが・・・

私なら
・秋渇きカレーに卵混ぜてをり
・秋渇きカレーに生の卵混ず
・生卵カレーに落し秋渇き

ただ、別のコメントにも書きましたが、
季語「秋渇き」に食事をそのまま取り合わせた句は、理屈を強く感じてしまって私はほとんど選に取ってません。他の方もその傾向はあって、高得点は主催の句ぐらいでしたね。

ちなみに私は互い選の句会で高得点をとりにくい句風だと自覚していますので、よほど零点が続かないかぎりは気にしないようにしています。
(「かみひひな墜落」「しぼむ蝸牛」が、句会で点が入るとは思えない(笑))

点数: 2

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

「秋渇きカレーに卵混ぜて混ぜて」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
いつも勉強させていただきいています。

御句。しりしよくかいですね。
私も3句出しになったので参加しようかと思いましたが、秋渇きが題でちょっと躊躇いました。
けり、もありますが、秋渇きに食べ物を直で詠むとやや近さを感じるのですがどうなんだろう。

しりしよくかいはどれくらいの方が参加されるのでしょう?

点数: 1

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

「秋渇きカレーに卵混ぜて混ぜて」の批評

回答者 岩住涼太

句の評価:
★★★★★

たとーるQさん、こんにちは。
御句を拝読しました。

「混ぜにけり」を「混ぜて混ぜて」に変えることで、字余りになった一方、より印象的だと思います。「混ぜて」の繰り返しで季語の秋渇きを生かし、いかに食欲が強いのかは、はっきりと伝わってきます。勉強にさせていただきます。

私は初心者で添削は出来なませんが、すみません。

ごゆっくりお召し上がりください(笑)

点数: 1

添削のお礼として、岩住涼太さんの俳句の感想を書いてください >>

「秋渇きカレーに卵混ぜて混ぜて」の批評

回答者 優子

句の評価:
★★★★★

たーとるQ様
美味しそうですね、生卵、まだ乗せて食べたことが、ありません。今度やってみます。秋乾き、食欲が増すという季語なのですね。秋で空気が乾いているという普通の意味の他にこんなふうにも使うのですね。それから食欲の秋の添削ありがとうございます。確かに、詩がありませんでした。ちちろ虫、良いですね、たーとる様がおっしゃったように、別の季語、夜這い星、星流るなんていうのもいいですかね、いつもありがとうございます。励みになります。いろいろな賞を取っていらっしゃるたーとる様の句、参考にできればと、思います。

点数: 0

添削のお礼として、優子さんの俳句の感想を書いてください >>

「秋渇きカレーに卵混ぜて混ぜて」の批評

回答者 森本可南

句の評価:
★★★★★

タートルさん。添削ありがとうございます。やはり、ベテランは、ちがいますね。

さて、御句ですが、混ぜて混ぜてが気になりました。
子供がママに、せがんでるようにも思えます。混ぜる混ぜるでは、だめでしょうか?
ちなみに我が家では、半熟目玉焼きを乗せてたべます。

点数: 0

添削のお礼として、森本可南さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

風情ある緑溢れた前栽

作者名 もも 回答数 : 1

投稿日時:

霧雨や刃のやうな都市の視線

作者名 ラシャメン 回答数 : 2

投稿日時:

城門の落花をゆく人帰る人

作者名 久田しげき 回答数 : 3

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『秋渇きカレーに卵混ぜて混ぜて』 作者: たーとるQ
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ